【更新情報】


ご訪問、ありがとうございます。  過去から現在、そして、現在から未来へ!永遠の生命のつながり。 当サイトは、個人の自由な思想と信条に基づき、生きて行くことの上での 「悩み」や「迷い」について、未熟な人間としての生き方を見つめる中で感じた、ひとしずくを記しています。

人間は、夢や希望、目標に向って懸命に努力している姿が最も美しく、その一瞬が、最高に輝いて幸せな瞬間。でも、人として生まれ、より人間らしく生きるための道を求める過程において、未熟な人間には、その瞬間が過酷で、苦しみと悩みの連続。永遠に続く迷いの世界に感じる。

感情から冷静へ、理性へ、そして、知恵と英知へ。自らの運命と幸福は、現実の中で、自らの手によって開くもの。人が、現実の世界で苦しみ・悩み・迷い生きることの意味。その意味を知るための葛藤は、人としての価値を高め、この世に生を与えられた人間として正しく生きる為の人生に、多くの答えを与えてくれる。
【サイト運営者:バン】      

注記:「法」や「ことわざ」などについては、独自の解釈をしている場合があります。記事は、否定的な内容に受け取られる記述もあります。しかし、否定も肯定も全て前向きに生きる為の選択肢になるものを感じていただければと願っています。誰を否定するものではなく、一人の人間の中に存在する善、その中に潜み、隠された悪を引きずり出し直視する勇気。善も悪も一人の人間が生きるために双方を合わせ持つ。今を生きる知恵は、与えられるものではなく、自らの運命と同様に自らの手によって開くものです。

桜梅桃李に生きる:原点


現実を生きることに対する苦しみ、悩み、迷い。

その果てにやってくるもの。

絶望。

そして、希望。

人間とは何だろう。

生きることは、何だろう。

自分とは、何だろう。

肉体と精神。

その存在を支えるもjの。

生命。

桜梅桃李に生きる。

その原点。

南無、妙法。



関連記事
桜梅桃李に生きる | 2016-07-28 | Comments:(0) -

【桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳】:更新情報

桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳

ご訪問誠にありがとうございます。

上記における当サイトの記事・情報の内容を更新、一部変更いたしました。

今後ともどうぞ よろしくお願い致します。






関連記事
更新情報 | 2016-07-18 | Comments:(0) -

一球入魂・「至誠天に通ず」:桜梅桃李に生きる


「一球入魂」「至誠天に通ず」

「至誠天に通ず」とは、まごころをもって事に当たれば好結果がもたらされるということ。

一球入魂。

「生命」で、己という人間を生かす。

人間を革命する。

命の変革。

一球。

桜梅桃李に生きる。







関連記事
桜梅桃李に生きる | 2016-06-15 | Comments:(0) -

より「人間」らしく生きる「人」としての仏道修行:桜梅桃李

仏法者というのは、自己挑戦の人、自己対決の人です。

我即宇宙ですから、自身を制する人は一切に勝つことが出来ます。

ともかく題目を唱えて行けば、自分が変わります。 自分が変われば、環境も変わる。

その根本がいい加減になれば、すべてが空転してしまい、価値を創造していくことは出来ないからです。


新、人間革命(5783)より




自身の生き方の根本。

謙虚さと報恩感謝。

人間として正しく生きる。

それは人としての道を究める道。

人は生きている間、成長する。

生涯発達。

仏の道は、人間を正しく生かす道理を人として知る道。

妙法。

桜梅桃李。




関連記事
桜梅桃李に生きる | 2016-04-24 | Comments:(0) -

妙法の当体「極道」の世界を知る:桜梅桃李を生きる

人の心を無にすることによって、人間は、「神」にも「仏」にも成れる。

「神」によって人間は生かされ、「仏」によって、人間を生かすことが出来る。

「神」も「仏」も、全ては私自身の生命(命)そのものである。

私自身こそが、その「当体」なのである。

「言葉」の意味を体得するのが信心である。

命(生命)によって、心の洗濯をする。

一人ひとりの、心のよりどころとなる正しい「信仰」によって確立される「信心」。

信じることの大切さ。

「運命」と「宿命」。

「運命」は変えられる。

過去を変えることは出来ないが、未来を変えることは出来る。

今を生きることによって、過去の意味を変えることが出来る。

今を生きる「宝」、未来を創る「財産」。

この世に与えられた命(生命)。

自らの宿命によって、自らの運命を開く。

その鍵。

それは、「命(生命)」という触媒による心の錬金術の扉を開く。

生かされる命。

人間として生かす命。

人として生かされる命(生命)。

人間をより人間らしく、生かす命(生命)。

それは、私らしさの最上級。

「極道」の世界。

妙法。

桜梅桃李に生きる道。





関連記事
桜梅桃李に生きる | 2016-03-17 | Comments:(0) -

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2.