「大切なもの」:桜梅桃李を生きる


不安なことを一つずつ無くしていけば最後には、自信しか残りません。



「自信」と「勇気」と「責任」。

己という人間が生きることの義務(役割)を課し、人としての責任を果たす。

生きることに対する前向きな力。

勇気。

今を生きることの確信。

自信。

自分を信じる力。

大切な物。

守るべき大切なもの。

感謝と報恩の誠を尽くす。

「約束」を忘れてはならない。

「謙虚」を忘れてはならない。

心の師とはなるとも心を師とせざれ。

「人」を磨き「人間」として強く生きよ。

妙法。

桜梅桃李を生きる。








報恩感謝 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

より「人間」らしく生きる「人」としての仏道修行


仏法者というのは、自己挑戦の人、自己対決の人です。

我即宇宙ですから、自身を制する人は一切に勝つことが出来ます。

ともかく題目を唱えて行けば、自分が変わります。 自分が変われば、環境も変わる。

その根本がいい加減になれば、すべてが空転してしまい、価値を創造していくことは出来ないからです。


新、人間革命(5783)より




自身の生き方の根本。

謙虚さと報恩感謝。

人間として正しく生きる。

それは人としての道を究める道。

人は生きている間、成長する。

生涯発達。

仏の道は、人間を正しく生かす道理を人として知る道。

妙法。

桜梅桃李。





報恩感謝 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

よからんは不思議、わるからんは一定とをもへ


無理をして、あまり背伸びをすると、後で自分がとても恥ずかしくなる時がある。

見栄や虚栄心。

小さな自分を隠すための無意味な鎧。

馬鹿だねえ。

愚か者というのは、この手の人間をいうのだろう。

不幸へと自分を自ら追い込んでいく。

現実を生きることが辛く、苦しい毎日。

人生、悪くて当たり前。

また、悪いことが、悪いことは限らない。

良(よ)からんは不思議、悪(わる)からんは一定(いちじょう)と思え

彼のあつわらの愚癡の者ども・いゐはげまして・をどす事なかれ、彼等にはただ一えんにおもい切れ・よからんは不思議わるからんは一定とをもへ、ひだるしとをもわば餓鬼道ををしへよ、さむしといわば八かん地獄ををしへよ、をそろししと・いわばたかにあへるきじねこにあえるねずみを他人とをもう事なかれ、此れはこまごまとかき候事はかくとしどし・月月・日日に申して候へどもなごへの尼せう房・のと房・三位房なんどのやうに候、をくびやう物をぼへず・よくふかく・うたがい多き者どもは・ぬれるうるしに水をかけそらをきりたるやうに候ぞ。(聖人御難事:P1190)



感謝の気持ちを忘れない。

現実を受け止める謙虚さを失わない。

自らの運命は自らの手によって開く。

幸福の種。

桜梅桃李。

今を生きる。



報恩感謝 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人間としての「器」:にっこり爽やかに笑って受け流せる


人間としてのまっすぐな生き方。

桜梅桃李。

悔しい思い。

一球入魂。

至誠、天に通ず。

どこまでも、とことん人間らしい生き方を求める。

より、人間らしく生きることに突き進む。

諦めない。

わたしが私らしく生きるために。

生きることに無駄なことは何もない。

今を生きるということが苦しい。

今を生きるということが辛い。

そして、今を生きるということが楽しい。

感謝と報恩。

誠を尽くす。

至誠、天に通ず。

人と人との人間関係において、クヨクヨして傷つくことが多い。

いちいち相手の言葉尻に目くじらを立てず、動じることなく、右から左に爽やかに、にっこりと笑顔で笑って受け流せる人間として器。

風のようにしなやかに、大河の流れのようにおだやかに。

幸せでありがたい。

幸せな気持ちをありがとう。

こんなわたしが、こうして今を生きていられる。

ありがたくてしょうがない

うれしくてしょうがない。

伝えたい。

この気持ち。

感謝の気持ち。

報恩の誠。

桜梅桃李。

今を生きる。



報恩感謝 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人にとって大切な「謙虚」さと「感謝」


「報恩感謝」

全てにおいて、報恩感謝の生命。

「知は力なり」

力となる知の無いものが、「知は力なり」とはこれ如何に?

馬鹿では、だめ!知を、知を、知を蓄えよ!

正しい哲学を得たならば、あとは知を求めることだ!

それこそ、知が力として発揮される時、英知として、更に、知が、知恵となって、英知として花開く時。

知を力とすることの出来る、無限の力を発揮できる宝は、私の中に既に備わっている。

知を増やせ!知を!

感謝の気持ちを忘れてる。

謙虚な気持ちを忘れてる。

現実に流されている。

継続することを忘れている。

忘れている。

忘れている。

大切なものを置き去りにしようとしている。

こうして人間は強くなることと勘違いして、大切な物を失っていくのだろう。

リスタート。

妙法。

桜梅桃李の人生。

今を生きる。



報恩感謝 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

報恩感謝:自身の信心の確立度を確かめるバロメーター


信仰者として、世の中を通して目に見えるもの。

また、心に映るものとして感じ取ることは、全て私の中を通してみた世界。

現実とは、人それぞれの生命の傾向性によって全く違うものなのである。

同じ信仰をしていたとしても信心は人それぞれ違う。

信仰をしていても「感謝」を感じられない人もいる。

感じる、感じないは、生命の問題。

頭でわかっているだけで、それを理解しているとはいはない。

報恩感謝の精神は己の中の確かな信仰を確かめるための一つのバロメーター。

私は、この妙法によって現実から受け取るさまざまな情報を映し出し、その知恵によって現実の生活の価値を高める事を、今を生きることから学ぶ。

己を成長させてくれるものが「何」であるのか?

それは、私が生きているこの「現実」に他なら無いわけです。

ですから、究極、全てのありとあらゆる、「生きとしいけるもの」に感謝なのでしょう。

人に対して感じる感謝とは少し違う。

己の生命を己の妙法という信仰によって高めることで気がつき、更に、己を高めることが出来るというその感激。

そのことに感謝できるという心が、信仰者の中に築かれていって初めて、他者への「報恩」、全てのものへ「感謝」が必然的生まれる。

「報恩感謝」とは言ってみれば、哲学を通した私自身への報恩感謝でもある。



報恩感謝 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント