信心とは?:自己を信じ切る「心の師」を確立すること


私の今のありのままの姿。

私が全ての宿業を背負っているというのなら、生命で宿業を宿命に、宿命を使命へと転換して見せる。

毎日、毎日、現実の苦しみから逃れることはできない。

なにも恥ずかしくない、自分が恥だと思う、その恥を晒せない心。

信じることは大切だ。

でも、信じることを止めてみる。

信じるだけでは、現実を変えるには足りないのだ。

信心とは、生命にたどり着く祈りが大切なのだ。


宗教によって「人間」を救うことは出来ない。

救えるのは「人」。

宗教によって救われるのは、その人の心。

しかし、その人の心が救われても、現実を生きる人間の姿が変わるわけではない。

人間を救うのは、その救われた心によって、更に強く心を揺さぶり続けることによって覚醒される生命。

人の心が無となり、その人の人間を動かす力となる。

それこそが生命力。

その生命の力の根源こそ。

妙法。

我が自身の生命。

宇宙の当体。

南無妙法蓮華経。


人間革命とは、意識革命である。

意識を無意識に変える。

生命に革命を起す。

妙法。

桜梅桃李。

今を生きる。





信仰・信心 | [2016-11-18(Fri)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

無になれる妙法という信仰に基づく桜梅桃李に生きる信心

生きている毎日が苦しいと感じる日々。

苦しいと感じる日々が楽しいと感じることが出来るようになるのが、信心なんだろうか?

苦しいことを乗り越えた時にやってくるホット一息つける瞬間。

ささやかな幸せを感じる。

これは、幸せなんだろうか?

幸せも不幸せも我が心の持ち方一つ。


本当の幸せが欲しい。

でも本当の幸せっていうのは、どこにあるのだろう?

自分を信じる力を信じてみよう。

神や仏を信じるものでは無い。

私という自身を信じてみよう。

無になれる妙法という信仰に基づく私の信心によって。



信仰・信心 | [2015-05-25(Mon)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【生きている】:怒りによって今を生きることが出来る信仰


激しく怒りの感情がこみ上げてくる。


どうしようもないほどの怒りに満ちた感情だ。


この「怒り」というエネルギーは相当のもんだ。


怒りという感情。


放っておけば、わたしの中で、どんどん暴走を始める。


でも、わたしは、心の中から湧いてくる今を生きているというこの現実に対してどうすることもできない怒りを鎮めようとは思わない。


無理やり心に抑え込もうとは思わない。


これが現実なんだ。


生きるということなんだ。


どうしようもなく見える現実。


私一人の今の力ではどうしようもない。


激しく高ぶる感情。


その怒りに我を忘れそうになって、現実という今を生きることから逃れようとするもう一人の自分。


諦めて放棄しようと滲み出てくるもう一人の自分。



自分の闘いだ。


葛藤。


一瞬、一瞬が格闘。


怒りの生命との格闘だ。


この怒りはマイナスのエネルギーではない。


今というこの瞬間を生きる。


そして、未来を変える大いなるパワー。


怒れ!


怒れ!


もっと怒れ!


己の生命。


信じる。


信じるための信仰だ。


怒りこそ、この信仰の醍醐味だ。


毎日が怒りによって、今日から明日へ。


喜びへと変わる。


妙法。


桜梅桃李。







信仰・信心 | [2014-01-28(Tue)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【信心】:THAT WAS THAT「あの時はあの時さ」

あの時のようにもう一度自分を信じて生きてみる。

あの時は、あの時。

THAT WAS THAT.  

「あの時はあの時さ」

本当に馬鹿だったあの時。

でも、あの時は、あの時なんだ。

THAT WAS THAT!

間違っていたけど、あの時は確かに、自分を信じて生きていた。

間違っている自分を信じて生きていた。

だけど、だから、あの時のように確かに自分を生きていたように、もう一度自分を信じて生きてみよう。

だから、今。

こうして、自分を信じて生きることが出来るようになった。

生きた屍のように、死ぬことだけが自分の人生だったあの時、あの頃。

信心は、今を生きることの為にある。

本因妙

今日より明日。

過去はもう戻らない。

価値の無かった過去。

無意味な過去。

しかし、無価値を価値あるものに変えることが出来る。

価値創造。

不可能を可能に変える。

生み出す力。

信心。

「自分をどこまで信じきれるか」ではない。

自分をどこまでも信じるんだ。

信じれる。

信じきることが出来る。

確かな哲学に基づいて。

今を生きるために。

己をどこまでも信じるのが信心だ。

それがわたしの信仰だ。

わたしの宗教は私自身なんだ。

わたしが宗教だ。

どこまでも謙虚であること。

妙法。

桜梅桃李の人生。

今を生きる。


信仰・信心 | [2014-01-19(Sun)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【信じる心】:頑張っている自分、ダメになりそうな自分・桜梅桃李

今日一日、昨日のわたしより頑張った。


今日は、また、もとのダメな自分に戻ってしまった。


3歩進んで2歩下がる。


1歩進んで2歩下がる。


進んでいるのか戻っているのか?


わたしの足跡。


それでも今を生きる。


今の自分を信じて生きる。


こんな自分でもわたしは私。


自分というわたしを信じてあげなければ、誰が自分を信じてくれるんだろう。


自分という私を信じなければ、誰を信じることが出来るというんだろう。


ダメなわたしも私自身。


頑張っているわたしも私自身。


桜梅桃李。


そのための信仰だ。


わたしと私の闘い。


こんなわたしをもっと好きになってあげよう。


きっと、きっと、昨日のわたしにはできなかったことが出来る。


昨日より今日、今日よりも明日。








信仰・信心 | [2014-01-18(Sat)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【信心】:怒りの頂点を極めると笑いに変わる

わたしを信じる。


わたしの中の怒り。


生きることに対する怒り。


怒りが頂点を極める。


冷静さを取り戻す。


そして笑いに変わる。


楽しい。


怒れるわたしがいる。


真剣に生きている証拠だ。


怒っていいんだ。


わたしは怒っていいんだ。


謙虚さ?


そのなものはどっかに捨てちゃえ。


今必要なものは、そんなもんじゃあない。


自分をどこまでも信じることだ。


怒りの頂点を極める事だ。



わたしの信心。


確かな哲学に基づくわたしの信仰心。


そうだ、わたし自身が宗教だ。


桜梅桃李に生きる。








信仰・信心 | [2014-01-14(Tue)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【信心】:怒りにまみれても自分を信じるんだ

怒り、怒り、怒り。


わたしの心は、怒りで一杯だ。


もう、毎日が怒りの連続だ。


こんな現実にわたしは生きていたのだ。


わたしという存在が主張する。


謙虚とはなんだ?


謙虚にもほどがある。


信じる。


わたしの心を信じる。


現実に絶対に負けない。


怒り、怒り。


怒りこそ、わたしが今を生きるエネルギーだ。


怒りをぶつける。


怒りをどこにぶつける


その怒りは、わたしを信じる、私自身にぶつける。


あっ、はっ、はっ!


怒りよ、怒りよ。


もっと怒るんだ。


怒りの頂点を越えたところに、本当のわたしがいる。


桜梅桃李。


心に限界は無い。


わたしの信心。


わたしは、宗教の奴隷にはならない。


宗教を卒業したところにまた一つの宗教がある。



それはわたし。


わたし自身が宗教だ。


怒り、怒り、怒りの先に到達するもの。


境涯革命。









信仰・信心 | [2014-01-14(Tue)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【信心】:今までやってきた自分を信じることの出来る一年

「信心」とは、信じる心。


何を信じる?


宗教?


創価学会?


そうではない。


それは、自分。


わたしという存在。


わたしが今を生きている。


今まで生きてきた。


そして、この数年間の記録の全て。


今までやってきた自分を信じることの出来る一年。


答えの出せる一年。



謙虚に生きる。


そして、笑い。


そして、変化。


境涯の変革。


そして、今年一年。


信じる。


わたし自身を信じる。



宗教とは?


信仰とは?


信心とは?



それは、どこかにあるのではない。



わたし自身が宗教であり。


わたし自身の信仰であり。


わたしが今を生きることすべてを信じること。


それが、信心。


全てはわたしの中にある。






信仰・信心 | [2014-01-10(Fri)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

「信心」とは、自己を信じることを生命で祈れる信仰


今日は、「自分を信じる」という一日目だ。

無意識を意識すること。

これが自分にとっての毎日の信心だ。

信仰とは?

宗教とは?

信仰心?

今日は自分を信じることが出来たかな?

現実の生活における課題を常に意識することの大切さ。

なかなか上出来だったよ。

自信。

自信とは信じきれる自分であることを無意識に生きている状態。

自らの信心の奴隷になっても、宗教の奴隷にはなるまい。

正しいと信じる自分の心。

自ら求めた信仰を信じきることの出来る信心。

わたしの心。

正しいから厳しい。

原因と結果。

妙法。

桜梅桃李。

今を生きる。






信仰・信心 | [2014-01-06(Mon)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【信心】:今日から自分を信じる旅に出かけます

謙虚に生きる。

生きることに対してどこまでも貪欲であるならば、常に謙虚出なければならない。


前向きに生きる。


そして、今日からわたしは、自分を信じる旅に出かける。


自分を信じること。


信仰とは、


信心とは、


自分を信じることだと信じていた。



それでいい。


それでいいんだけど。


それが出来ない。


思っていただけなんだ。


わたしを信じる。


わたしの全ての今を信じる。


そして、明日を確信できる。


それが、信心。


信心とは信仰だ。


信心とは宗教だ。


わたしというもの、すべてを信じきって今を生きることが出来るためのトレーニングだ。


桜梅桃李に生きる。



今日から自分を信じる旅に出かけます。


信心の旅。


ゴールは遠い。







信仰・信心 | [2014-01-06(Mon)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【信心】:自身を持って最後まであきらめないという自分を信じる力

「自信」とは何か?


「信心」とは何か?


私の中での答え。


わたしには、自分というものが無い。


自分。


自分と一体、何なのか?


自分がある人。


自分が無い人。


自分とうものは、有るのか?


無いのか?



生きる事への自信。


自信?


信じる自分。



自分というものがないわたし。



そのわたしに自信というものは無い。


ことになる。


自分の無いことろに自信は無い。



自信とは、最後まであきらめないという自分を信じる力


でも、その自分とはいったい何なのだろう?


自信の無いところに自信を育てる。


どこまでも自分を信じる。



私という存在。


そのすべてが、自分。


我とは?









信仰・信心 | [2014-01-05(Sun)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

「相手が変われば私も変わる」という考えからの脱却:境涯革命


肉体と精神と心のバランスを保って、維持することはとても難しい。

気持ちが萎えそうだ。

心が折れそうだ。

食欲が無い。

体が思うように動かない。

相手が変わればどうにかなると思う生き方。

しかし、変わろうとする意志の無い人間には届かないんだね。

何事においても諦めないことが大切。

気持ちの切り替え。

結局、自分が変わらなければどうにもならないのだ。

境涯の変革。

妙法。

桜梅桃李の人生。

今を生きる。



信仰・信心 | [2012-07-12(Thu)] | Trackback:(0) | Comments:(1) |-

嘘つきは無知なる傲慢:信仰とは


現実を生きる信仰に、妥協することは許されない

人間が現実を生きることに、妥協は必要。

それが、その時、その瞬間の、「今」と言う現実を生きる人間の知恵。

人生を生きる前向きな知恵。

無理を承知のごり押しなんて、時代遅れの野蛮人。

しかし、人間が生きるために必要な、己の信仰心を開くための信仰を伝える宗教に、妥協は必要ない。

そして、妥協は許されない。

理解できない事を知ったかぶりする事は、絶対に許されない。

信仰を伝える宗教にたいして、己の中で絶対に妥協をしてはならない。

己の信仰心に嘘をついて、信仰を伝える宗教を信じることはできない。

己の信仰心の中にないものを、あるといえる人間。

嘘つき。

それは、己自身の中の信仰心に妥協を持ち込む、似非信仰者に他ならない。

嘘に嘘を重ねる人生。

生きることにおいて、嘘を重ねてきた人生。

その嘘つきが、己の信仰心においては、嘘はつかなかった。

宗教という信仰者の中にいる、己の信仰に対して嘘を付く者。

己の信仰心を染めることなく、宗教に染まり、嘘つきになる者。

己の中の信仰心を開く以外のなにものでもない、己が信仰している宗教に対して、無駄と無意味以外のなにものでもない嘘を平気で言えるもの。

己の信仰に対して、己の中の信仰心に無いものを、平気で嘘で塗り固めることのできる者の哀れさ。

一体、誰のための宗教なのだろう?

誰のための信仰なのだろう?

不幸に、不幸を重ねるための信仰を求める姿の、信仰心を開けない信仰者の振りをするしかない似非信仰者。

宗教に染まり、似非信仰者の道を歩むもの。

どこまでも、どこまでも、己の宿業に振り回される、操り人形の無明なる人生。

愚かさ。

その愚かさにさえ気がつく事の出来ない、更なる愚かさ。

それは、無知なるゆえの傲慢と言えるのかもしれない。

人間が、宗教の中で、その信仰を保つ者の姿に見える信仰心。

人間の持つ、どこまでも、どこまでも、限りない生命の浅さ。

人間の持つ、どこまでも、どこまでも、限りない生命の深さ。

そのどちらかに突き進むのかを決めるのは、自らの中にある信仰心以外のなにものでも無い。

信仰とは、外にあるものでは無い。

己自身の中にしか存在しない。

己自身の中に、絶対的な【もの】として、確立させ続けていくものである。



信仰・信心 | [2010-04-23(Fri)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

現実の人間社会は、己の人間そのものを映しだす鏡:信心


現実を生きれば信仰から遠ざかる。


信仰を生きれば現実から遠ざかる。


現実を生きることとは、人間の生身の姿を知ること。


汚い人間の本性。


汚い本性の中に隠れた素晴らしい人間のもう1つの本性。


姿を己の心の中に映しだすことが出来れば出来るほど、私の生命は、生き生きとしてくるはず。


幸せへ近づけるための階段を登っていけるはず。


人間が生きるこの人間社会の全ての場所。その全てに、己を幸せにするヒントが詰まっている、なにも、【創価】と言う場所にだけあるのでもなんでもない。


人間を知るためには、常に、何事にも恐れない勇気と、染まらないための確かな哲学が必要。人間が、この人間社会を生きるとは、人間を知ることによって、己を知ることに他ならない。


現実によって生身の人間の全てを知ること。


勇気。


勇気をだして、知ることの本質。


人間を感じる事によって、私自身を知る。


感じる事の意味。己自身の中の感じる場所。


感じる場所は、己の心の深いところ。そして、更に深いところへ。


己の現在の生命を映しだす鏡となる。


現実に生きる人間社会の中に見える人間は、私そのもののなかにある全てを映しだす、鏡なのだ。


相手に見えるものは、私の中にもある。


他人と私、何も変わらない、汚いものをきれいなものも、持つものを全部持っている。


だから、人間を理解する事が出来る。


人間を知ることによって私自身を知ることは、私自身を高める事。


根本の妙法という、生きる為の知恵を創る、働かせてくれる確かな哲学によって。


己の知恵を高める。


生きる知恵。


幸せを得るための知恵。


生きた証として、人生を宝にする確かな【もの】


私の中の確かを生きる。


自己確立ための人生。

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく




信仰・信心 | [2010-04-23(Fri)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【心根】の根っ子のつながる先にあるものは?

「心根」。

「心」と「生命」。

「心根」という使い古された言葉。

心の根っこというものは何か?

どこに、生えているものなのか?

その根っこというものは、どこにつながっているのか?

根。

生まれた後に、根っこが生えたものなのか?

生まれる前から、生えていたものなのか?

生まれる前からだとすれば、その根っこは、「両親」につながってるのか?

でも、どう見ても、その両親とはつながっていないと感じる。

しかし、つながっていると、感じる人間もいる。

「現実に、己自身、同じ姉弟で、これほどにも違うものであろうか?」とつくづく感じる。

(心)根っこのある人。

(心)根っこの無い人。

心根というものの存在があるとするならば、無い人と、有る人があるのだろうか?

心根というものは、そんな場所では、つながってなどいない。

宇宙という生命でつながっている。

それは、己自身の生命の宇宙。

輪廻。

心根は、生命。

「心」に、映し出される風景と傾向性は、現実(仮?)の世の中に己の「心根」を通した姿で投影される。

人間の「心」にある、全ての感情というものは、人間だから必要。

それは、お前の生命の心の根っこを映しだす鏡とつながっているから。


「心」が、その鏡を映しだすために必要。

人間だから。

機能しない心、映らない心。

ゆがんで見える心。

欠けて見える心。

機能しない鏡、映らない鏡。

ゆがんだ鏡。欠けた鏡。

心は、人間だから必要。

しかし、

心は、「人」には、必要のないもの。

有っても無くてもどうでもいいもの。

いえ、もはや透明になって消えてなくなる?


必要なものと、必要でないもの。

必要であるけれど、本来は必要でない。

しかし、人間界を生きるためには、投影機が無ければならない。


だから必要。

「相田みつを」氏に言わせれば、

     『だって人間だもの。』 

「仏」や「神」に、人間にある「心」が、あるのならば、もはや、それは、神や仏とは言わない。

そりゃあ、人間の心は理解してくれるでしょう。

「だって、神様だもの。」

「だって、仏さまだもの。」
     
   (※相田みつを氏の言葉ではありません。筆者の言葉です)


生命に「心」が、絶対的に必要とするならば、この世に神や仏は存在しない。

神は心を備えているだろうか?

仏は心備えているだろうか?

備えているなら、人間と同じゃあないか?


だから、人間には必要。

でも、人間には必要。

必要な【もの】の領域をつなぐ。

行ったり来たり。

「心根」

心根というその心の根っこの先に突き刺さる生命に、重要に関わるのが、その生命を持つ人間に与えられた宿業。

「宿業」

・・・「なに、アホなことを言うてんねん! 」
         ※己の、あの辺り(?)からこんな声が・・・。

・・・・気を取り直して。
           

一人ひとりの心根は、人間という姿を与えられたことによって、そこには、「宿業」という、生命を通して心に反映される専用の投影機を強制的に備え付けられる。


その「根」っこの先につながっているものは?

「仏」の領域? 「神」の領域? 「光」の領域?

己自身の「生命」。

「宇宙」の領域。


「法」。

「幸せ」。

「夢」。

「夢」は「希望」の延長線上?


「法」。

「幸せ」。

「理想」。

「理想」は、空想で妄想?


人間の限界。

人への無限の可能性。

生命の領域。

人間は「仏」や「神」「光」にはなれない?

その領域に入ることは不可能?


信仰心と「私の」宗教。

そこに必要なものは、「哲学」と「妙」。

「法」と「信仰」。

桜梅桃李。

今を生きる。



信仰・信心 | [2009-12-22(Tue)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*