母へ:囚われの身から自由な貴方自身へ


貴女の安住の場所に居続けるために創価という組織にすべてを捧げてきた人。

母へ。

母よ。

組織に対して身を粉にして活動してきた。

貴女の信仰とは一体、何なのだろう?

父は死んだ。

そして、残された家族。

私達が生きてきた道。

信仰があるゆえに苦しく辛い人生。

信仰があるがゆえに、苦しく辛い人生を真正面から受け止めて生きてきた。

宗教という組織は、一人の人間が、一人の人間として、世の中、社会を生きてく方法を導くためにある。

人間を信仰によって宗教の奴隷にするために組織があるのではない。

もう、いいよ。

もう、いいんだよ。

母よ。

桜梅桃李。

「今」を生きる。




母へ | Trackback:(0) | Comments:(2) |-

組織の為ではなく、一人の人間の為に生きて!


組織の人間として、組織の言われるままに生きてきた母。

何かがおかしいよ。

何かが間違っているよ。

母よ。

あなたの信仰とはいったい何なの?

もう、組織の為に生きないで!

組織を利用しないで!

組織に利用されないで!

ただ、一人大切な人の為に生きる。

幸せ。

本当の幸せ。

あなたの本当の役目は何?

母として、人間として。

今を生きる価値。

これまでを生きてきた価値。

これからを生きる価値創造。

桜梅桃李。

「今」を生きる。



母へ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

お母ちゃん、毎日頑張ってるね「ありがとう!」


最近、ちょっと疲れているよう。

大丈夫?

一日、一日を生きる。

その一日、一日を生きることの意味。

母は、自分と闘っている。

母の変化。

父に対する感謝。

現実の苦労が感謝へ変わる。

今を生きていることに対する感謝。

生かせていただいている。

でも、「しんどいね。」

「お母ちゃん、しんどいね。」

「一緒に、頑張ろうね。」

杖を付いて毎日、父の病室へ通う母。

父の為に、懸命に今を生きている母。

わたしも負けてなんていられない。

ありがたい。

生きることは、ありがたい。

生きていることはありがたい。

父がいるから。

母がいるから。

守れる人がいるから。

支えてくれる人がいるから。

みんながいるから。

そこに人間がいるから。

桜梅桃李。

「今」を生きる。



母へ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

母という親へ子として「さじを投げた」瞬間


無意識に蓋をしてしまった過去・・・。

「何を言っているの?」 そんな目で見られたあの時に、

「もう、母に何を言っても無駄だ。」と諦めてしまった。

あの時に私は、私にも諦めてしまったのかも。

親からさじを投げられて、そして子が、親にさじを投げた瞬間だった。

私は、あれ以来、母に対して何も求めなくなった。

それまで、どうしてあんなに母に対して、ぶつかってきたのだろう?

母に対して、信仰や学会活動に対して口出しばかりしていた。

母は、私の言うことなど、一つも真剣に取り合ってくれなかったように思うし、私の苦しみや悩みなど考えてもいなかったのかもしれない。

ただ、姉と妹に対してのみ、自身の信仰と学会活動の結果の全てを求めていたような気がする。

淋しかった。甘えたかった。

結局、構って欲しかった。

どうにかして、私の気持ちに気付いて欲しかったのかもしれない。

妙法。

桜梅桃李。

今を生きる。



母へ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*