桜梅桃李に今を生きる


わたしが生きている。

わたしが生きていることを感じることが出来るのは、今があるから。

「今」を生きているから。

目的を明確にする。

動く。

決意して動く。

「今」というこの瞬間を無駄にしない。

与えられた時間。

全ての「今」。

今生きていることを楽しむ為に。

「今」を生きるのが人間。

一人の人間にとって、「過去」も「未来」も「今(現在)」というこの瞬間のみを生きる為にある。

それが全て。

今、生きている。

今を生きるのは何のため?

今を生きるのは、明日を生きる為。

だから今を生きる。

現在、過去、未来。

「過去の因を知らんと欲せば 其の現在の果を見よ 未来の果を知らんと欲せば 其の現在の因を見よ」

今、成すべきこと。

今、しなければならないこと。

今、始めなければならないこと。

言葉が、人間を動かすのだろうか?

動いたことが、言葉になるのだろうか?

わたしが私らしくいきるためのメモ帳。

久しぶりに書きたくなった。

書かなければならない時が来た。

自分がまた、大きく変わることが出来る時だから。

自分の生き方の弱さを強さに変える時だから。

現実に負けてなんかいられない。

大切なのは、今を生きるということ。

一人にひとつの信心。

「助けてください」「お願いします」

信心は、他力本願ではない。

組織に頼らない信仰。

「お題目をおくりましょう。」

わたしは、霊媒師でもなんでもない。

他人を変えることは容易いことではない。

人は変えることはできないけど、自分を変えることはできる。

人を変えたいなら、自分が変わらなければならない。

自分が変わった分だけ、相手を見る目が変わる。

自分の中で信心を確立する。

人間としての自己を確立するための哲学を自らの生命に集大成させる道。

生きる事。

一日一日、後悔の無いように生きていきたい。

妙法。

桜梅桃李。

今を生きる。



今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

良くも悪くも「気」には、力がある:要らぬ「気」余計な「気」


気持ちの「気」。

人と人との間に見ることのできる「気」。

目には見えないけど、見えないものをみることが出来る人。

人と人の間を生きる。

人間だから見ることが出来る。

人間だから気を使うことは大切だ。

人と人の間を暖かくするのも「気」のパワー。

良くも悪くも「気」には、力がある。

マイナスの「気」。

要らぬ「気」。

余計な「気」。

要らぬ「気」を使って空気を読めない日々。

余計な「気」を使うばかりで疲れる日々。

今を生きる全てに必要な私にとっての大切なもの。

そんなことを「気が付かせてくれる」もの。

桜梅桃李。

今を生きる。



今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

アリとキリギリス怠け者の明日があるさという楽観主義


夏休みの宿題といえば、長い40日間の休みも終わってみれば、あっという間。

学校から出された宿題も、明日やれば大丈夫。

まだ、大丈夫。残りの1週間で全部出来る。

なんて思いながら、気がついてみれば、3日前に「半泣き」状態になりながらため込んだ宿題を必至でやった記憶が蘇ります。

まるでイソップ物語の「アリとキリギリス」。

今日やることを、明日に持ち越さない。今日出来ることは今日実行する。

今日、すべきことが出来ない者に、明日すべきことが出来るはずが無い。

「明日があるさ」という怠け者の「楽観主義」を名乗る人間に、「明日」は、やって来ない。

「明日」を創るのは、「今」、この瞬間。


2009年8月11日:今日の「名字の言」

子どもたちの遊ぶ元気な声が、窓の外から聞こえてくる。夏休みも真っ盛りだ。夏休みと言えば、小学生のころの日記の宿題を思い出す。毎日の出来事を記していく作業は大変だったが、当時の日記を押し入れから引っ張り出してみると、楽しかった思い出がよみがえってくる。

大分のある支部には、有志が20年前から一日も欠かさず、リレーで綴ってきたノートがある。その日の担当者が、地域の発展と友の幸福を真剣に祈る。そして、活動の模様や決意をノートに書き、翌日の担当者に渡す。まさに“広布の日記”だ。

現在、21冊目。そこには、弘教が実った感想や、池田名誉会長を大分に迎えたうれしさなど、同志の黄金の思い出が記されている。読み返してみて、師と共に広布の拡大にまい進する日々が、どれほど幸せで充実した歴史か、あらためて感じた。

御聖訓には、「須く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ他をも勧んのみこそ今生人界の思出なるべき」(御書467ページ)と。妙法を唱え、弘める実践こそ、人生最高の思い出であると断言されている。

暑さにも負けず、大いなる勝利に向かって、日々、地道に対話を広げる創価の友。その一日一日、一瞬一瞬の積み重ねが、後世に誇る偉大な歴史となる。(正)




今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人間が今を生きる場所


現実に生きている世界は、本当に私が生きている現実なのだろうか?

現実が夢であってくれたらって、よく子どもの頃、寝る前に願っていたことを思い出す。

嫌なことがあれば、現実から逃げようとするそんな習性は、私だけの習性なのだろうか?

大人になった今でも、今まで歩んできた道が、夢であってくれれば、そして、目が覚めたときには、生きることに何の悩みや、苦しみも感じることの無かったあの日に戻ることが出来ればとつくづく、そう感じる。

自分の生きてきた過去を変えることは出来ません。人生とはなんて皮肉なんだろう。己という人間はなんと阿呆なのだろう。

大切なものに気がつくことなく生きてきて、気がついたときには、その大切なものは、私の手の届かないところに行ってしまった。

一体、その失われた大切なものを取り返すためには、私はどうすればいいのだろう。人生をやり直すのに遅すぎることは無いといいます。

信じたい。どこまでも信じたいと願う。

でも、失われたものは、帰ってはこない。


私が過去に戻らぬ限り、帰ってくることはない。取り返せない、取り戻せない過去。




今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

今を生きる現実:「夢」か「現」か「幻」か?


人間が生きていて怖いことは、目の前の生きる為の現実が見えなくなることによって、どうでもいいことに魂を吸い取られること。

それは、確かに現実に生きる廃人に他ならない。

生きることの上でそのようなことが何度でも、訪れる。

夢か現か幻か?

現実に生きながら、そんな世界を行ったり来たり。

今を生きる。

どうしたって人間というのは、深い業によって生きなければならないのだろう。

現実とは、夢か現か幻だろうか?

己を確立することの難しさとその距離は、簡単でもあり、難しくもあり、また、近くもあり、遠くもある。

桜梅桃李。

今を生きる。


・建設は死闘、破壊は一瞬



今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

全てを人間が今を生きる力に変える哲学


己の絶望を希望に変える哲学。

己があきらめて、逃げ続けてきた絶望。

全てのその要因を希望に変える。

己が生きる意味を、そして、過去に生きて来たことに希望を見出せずに来たこと。

いま、その全ての材料を希望へ、生きる力へ変えるのだ。

「毒」を「薬」に変える哲学。

その「妙」。

今の苦しみを表に出してはいけない。

今は、出してはいけない。

表に出すことを耐える、外に辛くあたることだけは辛抱する。

でも、その苦しみは、己の中で溜めなくてもよい。

全部己の中で辛かった苦しみは解決出来る。

己の中で解決して、その苦しみが笑顔に変る。

笑いに変る。

苦しみの耐えるとは、苦しみを乗り越えることは、その己の苦しみを己の中で、力に変えるために激闘。

己の中の私との闘い。

過去の私が背負わなければならなかった、恨みやつらみは己の中でしか解決することは出来ない。

必ず解決できる。

必ず、今を生きる、そして未来を生きる宝に変えることが出来る。

全て私が飲み込んだ「毒」を「薬」に変える哲学。

今、この一瞬は、未来の為に。

壁が高ければ、高いほど、相手が強ければ、強いほど、闘ってやろう、その壁を乗り越えてやろう。

今、今というこの瞬間を通して、己をもっと、もっと高めることが出来る。

己の境涯を高める。

そして、広く、大きく現実を見渡せることが出来るように。

未来を乗り越えるために、今を乗り越えられなければどうするのか?

今、この瞬間は、今の為にあるのでは無い。

未来の為にある。

私の生きる道。

どんな生き方でも、どんな時でも、私の生命は、常に生きる事に前向きであること。

「前向きに生きる道は、必ず開ける」と信じて。

限界は、自身の弱い生命が決めるもの。

たとえ、どんなに利口で、知識はあっても、否定的な生き方は、私生きた人生最後の瞬間の勝利の雄叫びの道を閉ざしてしまう。

知識を求め、生きるための知恵を得て、更にいく磨いて英知を求めていく哲学。

私の宿命。

喧嘩することは、悪いことではない。

喧嘩することも、向き合うためならば、逃げることのできない必要なこと。

私の革命。

信仰者として、両親の人としての生き様。

最高の「宝」。

桜梅桃李。

今を生きる。



今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

生命で人の心に刻む作業が「今を生きる人間の姿」だ


心に立ちはだかる壁。

心の引きこもりからさようなら。

ちっぽけな生き方とさようなら。


感情に打ち勝つための理性。

己の言いたいことをぐっと堪えて、 聞き役に回るのは並大抵のことではない。

言いたいことをぐっと堪えた分だけ 己にいい答えが返ってくる。

理性に負けて我慢できずに、言いたいことを感情に乗せて放言すれば、 結果として課題になって現れてくる。


精一杯生きているその姿が美しい。

精一杯に生きている目に見える、心に映る姿が美しい。

そこから、更に精一杯に両手を広げて、そして、両足を突っ張って、

自身の心の壁を広げていく姿が美しい。

周囲の目など気にせずに目一杯生きている姿が美しい。

「あー面倒くさいなー、あとで、しよう。」とか、

「もう、明日でいいや。」と思った瞬間に、生き方にとって大切な事を置き忘れいる

その時の人の心の状態は、ころころ変るのは必然であるけれども、常に、その必然と闘うことが己を高めるための唯一の修行であると思うならば、生き方を前向きに進むのか、後ろ向きに進むのかの判断は、一瞬で決まっているのだろう。。


ありのままの姿で生きる!

己の価値を高めるもの目に見えるもの、姿、形ではない。

目に見えない内面を充実させる力だ!

力の源を生命で刻む作業が必要なのだ!

そこに己の価値を高める絶対的な存在へと導いてくれるのだ。

今は、立ち止まって己が来た道をつまらぬ自己満足で振り返って、無駄な時間を過ごしたくはない。

不可能を可能にするのに、可能であることを、まずクリアできなければ、不可能を可能にすることなど出来はしない。

走れ!走り続けて、ゴールを目指す。

己の中に、これまで感じることの無かった充実感を味わえるまで。


もう、間違った方向に進むことは出来ない。

正しい哲学を命に刻むことが出来たなら、もう間違った方向へ進むことは無い。

しかし、正しい哲学を得ながらにして、正しい哲学を命で理解するまでに私は、一体どれだけの回り道、遠回りが必要だったのだろう。

正しいものを確信し、「信じること」「信じられること」に辿り着いた。

だから、現実を変えることなど、自由自在。

目に見えない己の中の全てが変れば、目に見える現実の世界が全て変る!

今が、幸せな瞬間に!

いつでも、どんなに苦しい時でも、苦しさを乗り越え、突き破り、全てを最高の幸せな瞬間へ幸せな世界へ変えることの出来る生命を得られる最高の哲学。

もう間違った方向へ進むことは無い。

桜梅桃李。

今を生きる。



今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

「今を生きる」人としての人間の生き方


自身の心が自身の中で理解できるようになる。

そして、自身がどれだけ動じず、毅然とした態度を取れるかどうかだ。

人を責めても、責任を擦り付けても解決するよりも、自分を攻めて戦うことによって解決する事の方が多かろう。

みんな、重い荷物をかかえて、生きている。

人って、「この人、一瞬嫌い」と思った瞬間に、避けるのか、それとももう一度前に向きなおしていいところを探そうとするのかで、先の未来が少し変わりそうな気がする。

出逢いは、一期一会。

その縁。

どんなことも変毒為薬していける力を確信するならば、全てを前向きな結果へと導いていけるならば、良いことも、悪いことも全て受け止めていくこと。

良くも悪くも全ては、全ては必然。

それが、相対的に最上級の生き方。

過去をきちんと振り返るべき時に、心の中でもう一度引き出して整理すること。

前向きに生きる一つの選択となる。

前向きに生きるための法則を身につけたら、学ぶことなくすごしてきた過去から、大切な宝物が出てくることもあるはず。

過去に目を逸らさず、心に蓋をせず、どんな時も前向きな選択を可能にする。

オリンピックは、「4年間の苦しさを楽しさに変えるための戦い」だと言う。

「生きる」ということの本質的を見える姿で凝縮させる哲学。

目の前の課題をクリアしていくこと。

そして、苦しみをきょうを生きる課題にし、今日を生きる楽しみに変える。

そして、更に高い課題に挑戦する。

生きること。 

己の弱さを知るための闘い。

生きること。 

己の生命の強さを知る闘いだ!

生きること。 

己の中に、生きることの喜びを知る闘いだ!

心に闘う準備が出来ていない時、力を発揮できる命が必要です。

感情と冷静の間で揺れ動く心のコントロールを、己を高める訓練・修行と捉えられるかどうか、

その時の一瞬の生命で決まる。

常に冷静と感情の狭間で揺れ動く心。

一瞬、一瞬が、自身の力を引き出せることが出来るかどうか。

自身の中の己を高める力無限の能力を信じる一念で決まる。

桜梅桃李。

今を生きる。

今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*