生命の真実は、人間の姿に現れる:諸法実相


永遠の生命の宝を積むときは「今」

死を忘れた人は、生を充実させることも忘れます。

死を直視しつつ、いかに「生」を充実させるかが大切である。

人生には、限りがある。

だからこそ、いつかではなく、今日を悔いなく最高に生き切ることを目指す。

死を見つめる事は、今を生きること。

「今を生きる」事の「一念」と「振る舞い」に、過去も未来も包含すると、仏法は説く。

堂々たる人生の感性へ、心の財を積むことの出来る「今」かどうか。

その問いかけが、日々をか輝かせるのだ。

2014/3/19:【社説】より 




「人間」の人生。

短い人もいれば、長い人もいる。

何の為に生きるのだろう。

それは、「人」を知る為にあるのだろう。

「人間」が、より「人間」らしく生きる。

後は、死ぬだけだ。

人の「心」とその「生命」

人として生きる道を歩む人間の生命。

それは、永遠。

その人の生命の真実は、姿に現れる。

「諸法実相」である。

過去も未来も、すべては、この「今」という瞬間を生きることにつながる。

私と言う「人間」を生きる。

桜梅桃李。

今を生きる。




諸法実相 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

「祈り」→「誓い」→「一念」→「執念」→「祈り」へ

the-amphitheatre-of-arles-2591508_640.jpg

信心。

己の心を信じる。

生命の領域。

「祈り」が、やがて「誓い」になる。

「誓い」が心を決める「一念」になる。

その「一念」が、心を燃え上がらせる「執念」になる。

やがて、「執念」は、生命の境涯を高める「祈り」へと昇華する。

己の外と内、「神」と「仏」が一体になる瞬間。

宇宙。

我が生命の宇宙を包み込む祈りという作業。

神と仏が融合する世界。

「祈り」の錬金術。

人として人間を生きる為の革命。

一念ですべては決まる。

その人の生命の真実は、姿に現れる。

「諸法実相」である。

自己の境遇を嘆いて、いつも下ばかり向いて沈んでいるようでは、自分がみじめである。

そんな人を誰も評価してくれるはずがない。

いつも、快活に生き生きと行動した方が得である。

その方が道が開ける。

すべては一念で決まるのである。

池田SGI会長指導選集「幸福と平和を創る知恵」より



誰を責めても始まらない。

愚痴を言っても目の前の現実は、何も変わらない。

自分の生命を更に低くするだけだ。

ご本尊に訴えれば、祈りになる、誓いになる。

そうだ、全ては、己の生命の一念で決まるのだ。

妙法。

桜梅桃李に生きる。



諸法実相 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

妙法:変えようとせずとも変わる必然の哲学


信仰とは、現場主義。

祈って、動いた分だけ、

確かな「信仰心」につながる。

確かな「確信」につながる「証拠」になる。

己の哲学の証になる。

他人の手柄を横取りするのは社会の基本。

この世に棲む人は、「動物」に近づくものと、「人間」に近づきたいものの闘いだ。


高き境涯を目指す人間革命。

生命の、命の階段を、一歩、一歩、確かに進んでいるこの感覚。

自らの人間が生きる現実の全ての場所が、わたしの心を鍛える道場に変わる。


もがき苦しむ心の格闘の結末は、脳内モルヒネが分泌され始める、心の最高の疲労感。

生きることへ執着する答えに達する到着点。

妙なるものの明かりが灯る瞬間。

そして、己の中のて哲学のページが生命に刻印される時。

心と生命の格闘だ。


私の汚い、エゴの塊であるこのメモ帳が、

命の、生命の言葉に書き換えることの出来る妙なる哲学を

この生きてゆく人生で確かめる。

己の汚い、エゴの塊の生命を利用して。

だから、今、生命の底からほとばしる言葉をメモとして残す。

己の成長の証として。


自信を幸福の連鎖に導く生命の根本。

魂の根本。

その生命の根本、魂の根本に明りを灯す。

全ての因を幸福へ転換することができる。

妙なる法。

自分を変えようとせずとも変わる法だ。

正しい生き方。

正しい哲学。

大本(おおもと)となる高い哲学が生命に備わる。

その高い哲学を命に刻む作業を繰り返すために、己の目前の現実がある。

汚れきった己の中の垢を落とす作業。

現実の無明、無常の意味を深く知る。

『諸法実相。』

『煩悩即菩提。』

知れば知るほど迷いが消え、生きる道に明かりが灯る。

知恵に変わる。

悟りに向かう英知を開ける境涯へ。

一生「賢明」に、生きる。

一生懸命生きている。

妙法。

桜梅桃李。

今を生きる。



諸法実相 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント