無・無・無・無:「心」のお化けに支配されない正しい生き方

abstract-21851_640.jpg

小さな心に支配されない。

心に囚われない。

心は、私と言う人間を動かすことに気を向ければよい。

心のイメージを変えることだ。

どんなことがあっても恐れることなどない。

なんでもできる。

なんでもありの世界だ。

生命のバリアーで包み込め。

人間は考える動物である。

人間として生まれた尊い生命で包み込む。

心は使うものじゃあない。

心は働かせるもの。

無駄に使わぬよう。

正しく働かせよう。

心を無駄に使うと暴走を始めて、終いには、自分を殺してしまう事さえできるんだ。

焦らない。

諦めない。

ありのままに生きられる。

私がわたしを生きる、わたしの正しさ。

俺は、絶対落ち込まないのよ。

落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん。

過大評価しているから、うまくいかなくて落ち込むのよ。

人間なんて、今日できたこと、やったことがすべてやねん。

明石家さんまさんの名言



「最も釈迦は、思考停止を目指したから全てのことに興味持つな、捨てろといったのである。そのくせ「慈しみの心を持て」と矛盾したことを言った。興味を失くし、想いも捨てたら「慈しみの心」も滅するのが理屈だ。」

確かに、世間一般的な常識的な考えをすれば、その通りかもしれません。

しかし、大きな生き方を求め心を無にすれば、命の奥底の最高の生命の扉が開く。

私が生まれた理由を知ることが出来る。

桜梅桃李の生きかた。

今、信仰心の証を立てる時。

生きる事。

私が生きていること。

全部乗り越えて行ける。

だから今がある。

恐れない。

そのための勇気。

生きる楽しさ。

その醍醐味。

生きるとはこういうことだ。

悠々と越えられる。

越える為の信仰だ。

今を生きている証、その信仰心。

今を楽しむということの本当の意味を知る。

桜梅桃李。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

「辛」さを「幸」せに変える「一」本の道

citadel-hill-2973_640.jpg

「嫉妬」は人間関係を築く上で最もよくない感情。

私は、わたしを生きる。

自分を生きているか?

自分を生きなきゃあダメだよ。

嫉妬は、人間関係を築く上で最もよくない感情です。

病の根源。

人間の弱さと向き合える、人としての心の強さ。

生命を説く法。

「わたしの生命に仏性などあるのだろうか?」

と疑うことがある。

わたしの本性。

わたしは、人間なんだ。

ありのままの私。

私らしく。

私を生きる。

ありのままの自分を生き切れないこの辛さ。

「辛」いという文字。

その文字を「幸」せに変えたい。

「辛」さを「幸」せに変えることの出来る「一」本道。

桜梅桃李に生きる。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

「無欲」という欲:報恩感謝・謙虚さ

abstract-2384_640.jpg

他力本願のお願い信仰か?

自立できない信仰とは?

棚ぼた式のおすがり信仰の信心では、いつまでたっても宗教から卒業できない。

宗教は人を奴隷にする。

あなたの宗教には卒業はないのですか?

卒業。

なんにでも卒業というものがある。

生きるコツ。

資格試験で合格。

森を見て、木を見ず。

木を見て、森を見ず。

組織の常識は、世間の非常識。

奇跡なんて絶対のおこらなという人には、絶対にやってこない。

じゃあ、なんで奇跡という言葉とその文字があるのだ。

奇跡とは起こるから奇跡なんだな。

そんな思いは重たいんだよ。

義務を果たさず、権利ばかりを主張してはいけない。

物事の道理をはきちがえている人だ。

当たり前に人間を正しく生きる事は難しい。

難しくしているのが人の心だ。

人間が生きる正しい道筋においては、誰しもが絶対服従なのだ。

人間世界は不自由なのだ。

それが当たり前というものなのだ。

人間が生きる不自由な世界を自由な世界と勘違いして、人として生きようとするから苦しまなければならない。

馬鹿な宗教に洗脳されて、足枷をされ利用されいつまでも奴隷のように心を支配され続ける。

人は、それぞれなんだ。

今まで生きてきて、私は何をやりとげただろう?

人生を振りかえった時に言いたい。

見よ。

「あれは私ががやり遂げたのだ!」

馬鹿だったかもしれない。

でも、それは私がやり遂げたことだ。

・・・・。

でも、それは、あなたたちにはわからないだろう。

そう、ここには、何も無い。

本当に、何も無いのだ。

無いものに囚われる人の心。

あるものの世界を道理に従って生きなければならない人間。

ありのままの姿で変わることが出来る。

そのありのままで変わる自分を恐れない

欲を出せ。

無欲という欲を出せ。

報恩と感謝、謙虚さが売り物の看板が泣くよ。

全ては自分で決まる。

命はひとつ。

無から有を生み出す。

混沌から規則と秩序を紡ぎだす。

生命の健康予防。

桜梅桃李。

今を生きる。


桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(2) |-

人は自由・人間は不自由:悟りを開く為にある

california-2666059_640.jpg

最高の世界を見つけることが出来るまでに何年?

わたしは、人間を生きているのだろうか?

それとも、人を生きてきたのだろうか?

生きるの辛いね。

病気になりそうだよ。

それじゃあ、人間を生きて見たら。

それよりも人として生きなよ。

見つけたよ。

生きるの辛いからもうやめよ。

与えられた生命で生きられるようになったよ。

本当の人生を生きられるようになったよ。

人間は不自由、人は自由。

人間が人として生きる心の苦しみは、悟りを開く為にある。

苦しみとは、生きることの上において、遠回りに見える。

しかし、それは、必然でもある。

いえ、悟りなんて、本当はそんな高尚なものでも何でもない。

諦めにも似たようなものなのかもしれない。

「当たり前」のことなのだ。

本来、苦しみなんて無いのだから。

しかし、なぜ、こんなに私は、心の苦しみに囚われてしまうのか?

そこに答えがある。

苦しみがなければ、悟りたいという想いも生まれない。

悟りを知るために、自分から苦しみを生み出しているのだ。

それが通るべき道なのだから、全て当たり前のこと。

悟りは、正しさや清らかさなどの価値観から、離れたところにあるのだ。

本当は、すでに悟っているのに、それに気づけないだけなのだ。

妙法。

桜梅桃李に生きる。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人間を生きるのか、人を生きるのか?:自分という「生命」

beach-1867285_640 (1)

人間は人間、人間を生きるんだ。

人間は、人間だ。

その人間をありのままに生きる。

苦しいばかりの毎日。

泣いてばかりの毎日。

ほんの束の間の喜び。

でも、幸せ。

私は、幸せ。

今、こうして生きている。

一番大切な人が側にいてくれる。

守ってくれる。

大切な命。

こんなに有りがたいことは無い。

人の心はどうしてこう思う通りにならないのだろう?

みんな同じ。

信心は思い通りにならない己の心を楽しむことが出来る。

人間として、人間を生きるのか?

人として、人間を生きるのか?

人間として、人を生きるのか?

人間として生まれ、

人と人の間を生きる。

人間は死ぬ。

そして、人は残る。

人として、人を生き続けたい。

目の前の幸せに気付かずに生きてきた人生

苦しむことも楽しむことも自由。

心が無になれば本当の意味で自由になれる。

己の弱さを強さに変えることが出来る。

強さが更に、きわまる。

人として生き方が変わる。

人間として正しく生きられるようになる。

不自由な人間を自由な人として生きていける。

何も変わらない変革。

生命に届く。

生命を開く。

人間が変わるわけでない。

もともとに備わっている力が引き出されるのだ。

自分の人生だ。

形の無いものを人間の中に閉じ込める苦しみ。

不自由な人間のなかで人としての自由を生きることの辛さ。

決して忘れない。

人間を生きようとする自らの生命に灯りがともされる瞬間。

わたしが今あるのは、わたしが生きた結果だ。

ただそれだけ。

あとは何もない。

「わたしは間違っていますか?」

「なら、そういうあなたは、今を正しく生きているという事ですね」

当たり前に生きるということを知る。

それ以上でもそれ以下でもない。

ただそれだけ。

人間が生きるという事の意味。

「人間」でいる間、「人」として、「人」を生き続けたい。

桜梅桃李。

今を生きる。


桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人間の瀬戸際、土壇場、断末魔

abstract-2384_640 (1)

覚醒。

己の生命の宇宙が広がる。

人が無に成る世界。

命の中に仏が見えてくる。

命の外に神が顕れる。

神と仏が融合する世界。

人の生き様。

人間の瀬戸際、土壇場、断末魔。

死ぬことに必死。

ありのままの姿を愛する。

仏性。

ありのままに生きる。

ありのままに映し出される。

人の心に苦しみが存在する理由。

人の心に苦しみなどないと言える理由。

全てを捨て去ることを惜しむ心。

ありのままの姿を受け入れることが出来ない。

愛することができない理由。

人間が生きることにおいて、もっと大切なもの。

命。

命を捨てるほどの覚悟。

愛。

妙法。

桜梅桃李に生きる。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

正しいと信じているから生きられる:絶対的な喜び「生命」

tree-838667_640.jpg

それは決して信心ではなく単なる言葉の遊びだ。

私が、わたしとして、この世に生まれてきた理由。

人間として生まれて、人として生きて、人間として死んで行く。

人間らしく生きるということは、人として生きるということだ。

その人は、わたし。

わたしらしく、桜梅桃李に生きる。

「人間らしく生きる」というのは、現実の暮らしと生活を私と言う人として生きる。

他の誰でもない。

わたし。

見聞きする現実の全て。

ただの人間なら、ロボットでも十分だ。

現実の暮らしでは、わたし達は、人間を生きているのだろうか?

それとも、人を生きているのだろうか?

ネットのブログの世界で好き勝手な御託を並べて、神や仏の如く振る舞う人間達。

指先につながった人間の脳に浮かぶ妄想の世界。

あんた達のは決して、信心ではない、単なる言葉の遊び。

頭でっかちの脳にお得意な妄想に必要なのは、何だ?

余計な事。

人は人。

人間が生まれるには理由がある。

あなたが生まれた理由は何だ?

人が生きることにおいて、何が正しくて何が間違っているかなんてことは本当は、誰もわからない。

正しいと信じているから生きられる。

人間が生きるという正しさの価値基準。

思想。

信念。

常識を打ち破るには、爆発させるしかない。

妄想の宮殿。

迷宮。

言葉が足りない。

人の精神が人間を越える。

可能の先に限界がある。

限界を超えたところに不可能がある。

その不可能を越えられるものは、正しいと信じているから生きられる人なのだ。

心が無になれる絶対的な喜び。

生命の仏。

人は、それぞれ。

人の心が自由であるが故に、誤解を生む。

人間世界で争い事が起こる。

何時間もかけて捻りだした、その一言。

しかし、何も伝わらない。

言葉には、何の価値もない。

言葉とは、白紙の薄っぺらなコピー用紙とおんなじ。

人を信じることの出来ないお前の信仰に、己自身を信じきることの出来ない絶対的に確立された信心の無さを嘆け。

心が無になる絶対的な喜び

私自身を信じることが出来る。

人を信じることが出来る。

全てを可能することが出来る。

不可能を可能にする。

仏が、神とつながる宇宙。

私の心に仏の境涯が湧現する。

生命。

人の心を知ることは不可能なのだ。

その不可能なるが故に、その不可能を悟ることに信仰の極みがあるのだ。

自己確立された絶対的な幸福。

己を信じる心。

信心。

桜梅桃李。

今を生きる。


桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

生命・宇宙の理:自分が生きている間に手遅れにならない人生

agriculture-1807581_640.jpg

どうでもいいことに心は囚われてしまうものだ。

そんなどうでもいいことに感情が囚われることが無くなった。

見えない心の道理を説くことが、人間がこの世に生きる上でもっとも大切。

しかし、人間としての作業を忘れてはならない。

生きることに上において、心のつながりを保つ為に必要な、人間として心の糸を紡いでいく作業。

現実を実現する作業を自己実現という。

一番大切だ。

一番しんどい。

一番最高に楽しい。

だって、実現するための現実の舞台で主役を演じているのだから。


心の自由が現実に生きる生身の人間を不自由にする。

自分の為に生きればよい。

誰の為の人生でもない。

自分の為の人生だ。

いずれにせよその人生が終わるのは、それまで生きることを用意してきたのだ。

心に重たい荷物を感じさせているものは、自分以外の他の誰でもない。

自分と向き合うことをあきらめてはいけない。

人間の外に人の生き方を求めること無かれ。

人間の進化は、人の不可能を可能にすることにのみ、可能となる。

ローマは一日してならず。

建設は死闘、破壊は一瞬。

「宗教」と「信仰」と「信心」とは、違う。

死ぬ間際になった時に、お金なんて何の役にも立たないということが、嫌と言う程、理解しても手遅れ。

後の祭り。

生きている間に手遅れにならない人生。

桜梅桃李の生き方。

物事の道理。

自然の理。

宇宙。

全ては、宇宙の一部。

生命は、宇宙。

命が宇宙なら、人間も道理の一部。

人間として人の心にもその宇宙の理がある。

私の中の心の根っこにある棘を抜いていく作業は、死ぬまで生きている間続く。

わたしの心をまず無にする。

現実を見つめる心を無色透明、ニュートラルな鏡に近づける。

生命に近づける精度まで。

妙法はカミオカンデ。

生命に迫る。

人間の生き方に、何が正しくて何が間違っているのか。

正しい生き方なんていうものは、物事の道理に求めたところで、それは正しい選択だとは言えない。

真理ではない。

自然は、人間の一部であり、人間は自然の一部である。

人間は、物の一部ではない。

人間に必要なのは、ないものをいかに語るかという事に尽きる。

現実を実現する過程において、人は、無いものを語らずに人間を語ることなどできない。

人間がこれだけ長く生きられるようになったのは、人間が物の一部でないことを証明している。

物が人間の道具として役目を、人が人間の体を使用して創造、進化してきたのだ。

人間は、未来を変えることは出来ても、過去を変えることは出来ない。

人間は間違う。

間違うことが、更に正しさ創造する因となる、エネルギーなのだ。

間違うことはマイナスでもなんでもない。

人間が間違うことは、人間が人間として生きることの上において正しいことの一部なのである。

役に立つ「人」として「人間」を生きること。

私は、人間である。

その人間が人として生きる。

人生。

物として役に立つ人間で一生を終える。

人間として役に立つ人として人生を終える。

人間とは?

人とは?

自分とは?

世界とは?

妙法。

桜梅桃李の人生。

今を生きる。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

無になる心によって桜梅桃李に生きられる

west-2638294_640.jpg

心を無にすることによって、わたし中の生命が輝きだす。

仏の生命だ。

わたし自身だ。

ありのままに生きることが可能になる生命。

妙法の泉の源泉へと辿り着ける。

苦しみの中でこそ、更に、その生命は輝きを増すのだ。

無になる心によって、私がわたしでることの意味を知る為に、桜梅桃李に生きられる。

絶対的幸福の生命。

苦しさの中に、楽しみを発見する。

生きることが本当に楽しい。

人生の醍醐味という奴だ。

今を生きていることに感謝。

命を与えられていうことに感謝。

大切な人に感謝。

愛されていることを実感できる。

守り続けたい。

いつまでも。

無になる心によって桜梅桃李に生きられる。

愛想笑いは、もう止めた

悟りを開ける人生。

愛想笑いは、もう止めた。

心と体は一体であり、人として人間の現実を生きることの上において、決して切り離すことは出来ない。

自分の心に囚われ、苦しむ毎日。

心を無にする。

無色透明。

ニュートラルな心。

何ものにもとらわれない心。

無になれる心。

無になれる心とは、己の生命の仏になれる心だ。

生きることに苦しみなどないのだ。

生きることに楽しみなどないのだ。

そして、生きることの醍醐味、本当の姿を悟る。

衆生所遊楽、所願満足。

妙法。

桜梅桃李に生きる。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

生命の当体:仏になれる意識改革

valley-2575839_960_720[1]

あるがままに生きる。

しかし、そうはならない現実。

愚痴だって言いたい。

言えない今が悲しい。

自分が嫌だ。

世の中を自分の思い通りに支配したい。

妄想。


鏡に映る自分の姿。

そこに移るのは自分。

その自分と自分の姿を俯瞰する。

生命で見つめる。

大宇宙の空間が広がる。

仏。

仏で見る、私と私が生きいている姿。

命による私の意識改革。

私には、生命が備わっている。

その生命が私を生かしている。

この現実という世界で、今を生きている。

私は生命(仏)なんだ。

命(仏)による人間を生きる為の私という人の意識改革。

革命だ。

一人の中の宇宙が、今、開かれる。

悟りの境地。

現実を生きる生身の人間。

成仏。

仏に成れ!

桜梅桃李を生きる。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

神や仏もあるもんか!:観念の妄想・融通無碍

sunset-1759716_640.jpg

自分を実現するための妄想。

現実という不自由を己の自由な心によって実現する。

私がわたしであることを実現するための現実は舞台である。

現実はだれの為にあるのでもない。

わたしらしく桜梅桃李に生きる為の場所。

観念の妄想。

その妄想が妄想でなくなるのが、わたしを実現できる現実。

現実とは、妄想の世界でもある。

みんな妄想を生きている。

不自由な体を身にまとい。

脳内モルヒネだ。

エンドルフィンだ。

アドレナリンだ。

ドーパミンだ。

脳内ホルモンだ。

脳内麻薬だ。

自由な心が可能にする。

桜梅桃李の生き方。

意志とは、なんだ?

神や仏の意志か?

そんな有りもしない神なんてほっとけ(仏)。

自らの意志で今を生きる。

わたしは、私なんだ。

厳然として私という人間の中に存在するわたし。

そのわたしを信じて生きる。

絶大なるわたしという存在。

神や仏もあるもんか!

わたしという存在が神であり、わたし自身が仏なのだ。

絶対に関わりたくない人。

関わらずに済めばそれでよい。

しかし、関わらざるを得ない。

人に頼みごとが出来ない。

それでは、仕事がはかどらない。

過去、現在、未来。

「過去の因を知らんと欲すれば、其の現在の果を見よ、未来の果を知らんと欲すれば其の現在の因を見よ」

融通無碍。

無になれる心。

仏の生命

桜梅桃李。

今を生きる。


桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

使命を燃やすことの出来る力:神は外・仏は内

nature-2651440_640.jpg

知は力なり。

時は金なり。

己の殻を破り、役に立つ人間になる

誰の闘いでもない。

全部、自分との闘い。

内向きに暴走しようとする己の中の感情。

己の信心によって冷静なる理性を取り戻す。

己の弱い殻をさっさと打ち破るのだ。

役に立つ人間になれ!

つまらぬことに囚われて、大切なものを見失うな。

見返りなんか期待しない。

だから、期待しない見返りがあった時には、飛び上がるほど嬉しい。

でも、それって結局、見返りを期待していたということなの。

人と人の間に壁をつくるもの、それは人間。

人と人の間に存在する壁を破るもの、それは人間。

己の使命を燃焼させる。

使命。

何の為に使うのか。

誰の為に使うのか。

限界を越える命を発揮できる力。

一人、一人に備わっているのだ。

神は外、仏は内。

絶対的に正しいと信じたことは、信じ切る以外にないのだ。

それが正しい「信心」という事だ。

神は私の外にいる。

仏はわたしの中にいる。


未来の自分を創造する。

人として今を生きる人間という私を信じることが出来る。

信じる心。

信心。

妙法。

確信の毎日。


桜梅桃李。

今を生きる。





桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

生きることに必死:宗教を越えた信仰心

forest-1950402_640.jpg

人の心は自由だからこそ一つになれる。

人間は、不自由な中を生きなければならない。

人間に与えられた生きることの試練。

現実は厳しい。

現実を好き勝手、自由に生きることは許されない。

不自由な中で現実を生きることに許された、自由に生きることの出来る人間の心。

何でもできる。

何ぼでも好き勝手に生きることの出来る心。

心こそ大切なれ。

心は自由だからこそ、最高の不自由さえ獲得することが出来る。

人と人が一つになれる心。

心こそ大切なれ。

「蔵の財よりも身の財すぐれたり身の財より心の財第一なり」

現在、過去、未来。

桜梅桃李に今を生きる。

三世にわたる生命の因果の理法。

当たり前に生きられるようになった。

でも、そこには、何もない。

結局は何もない。

病気になれば、体は不自由だ。

しかし、信心があれば心は自由だ。

人間って、人の心が満たされた状態、幸福な境涯を維持することが出来れば、人に対しても寛容になれる。

まして、人殺しの思想が、人に入り込む余地などあるはずがない。

ありのままに生きるためには、ありのままを自分を受け入れなければなりません。

そして、ありのままの己の本当の姿を知るということも大切。

どうしようもない程、心が打ちのめされる。

どんどん心が沈んでいく。

どこまでも暴走しそうな心。

どこまでも感情が膨らんでいく。

いや、感情を押さえることが出来ない。

自分というものの限界にまで、その感情が膨らんでいく。

感情が爆破しそうだ。

兎に角、自分の心をわたしの人間が押さえようとしている。

己の信仰は、今、どこにある。

どっちにある?

自分と言う人間をコントロールすること。

暴走しながらも、その暴走を私の人間がなんとか踏ん張っている。

「偉いな」、私と言う人間。

宗教を越えたかな?

桜梅桃李。

今を生きる。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

自らに生きる:悟りとは、諦めないために諦めるということだ。

plouzane-1758197_640.jpg

悟り。

諦めない為に、諦める。

今を生きる。

生きる事。

生きる為。

諦めない事の大切さを知る哲学。

現実を生きることが大事。

人間を生きることが大切だ。

人を生きることよりもまず、人間を生きるのだ。

急いては事をし損じる、急がば回れ

その道の上にしか、人としての道は成立しないのだ。

急がば回れ。

急いては事をし損じる。

無意味な妄想ばかりに浸っている暇があったら、今すぐに、現実に取り掛かれ!

たった一歩を踏み出すことに、いつまでも時間をかけている暇なんて無いんだよ。

物として心を無として定めることは、大切なことかもしれない。

しかし、現実の人間社会は、人社会でもある。

物作りに創造を感じて自慢するための人間動物ロボット達が動いている社会ではない。

思想にとらわれない、人(人間)らしさを求める前向きな人間社会においては、心を無として定まることは不可能なのだ。

心を無にすることは難しい。

人間は、自分という一人だけで生きることは出来ません。

生きていくことはできない。

また、生きているわけではありません。

心は頼りない、だから人と人の間を生きる人間が存在する。

自分の心の生きている大切な人の思いに浸り、心ゆくまで語りたい。

妄想の世界で、自己確立したことによって解決できたとしても、現実の世界を変えることは出来ない。

結局、すべては、人の心次第という訳なのだ。

心を無にすることは難しい。

心は自由だからこそ、敢て不自由にも挑戦できる。

生きた結果、無になって神の宿る信心までたどりついたのなら自分に素直に生きる。

ただそれだけでいい。

宗教や組織はダメだなんてことを言って、戦争を無くし、世界的な平和を今すぐにでも実行したいのなら、一人ひとりの自己確立を無意味にネットなんかで発信するよりも、人道的な立場に立って今すぐにでも行動を起こすことの方が、今すぐにでも戦争をなくし、この世から人殺しが無くなることに近づけるでしょう。

自らに素直に生きる。

そこには、決めて動ける実行力が無ければ、不可能を可能することな出来ない。

単なるお題目を唱えているだけにすぎません。

桜梅桃李。

今を生きる。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

何を信じるのか?:信仰に2世はいらない

water-lily-1893220_640.jpg

信じることの大切さ

自分の中の情報だけを信じる。

信心。

信仰とは、自分の中の情報が形作られていく道筋である。

大切なものは、目に見えない

空の上には何も見えない。

でも、空の下には、たくさんの人達がいる。

苦しみとは、自分の心が作り出した妄想だ。

しかし、無いものが有るのだから、その苦しみは無い訳がない。

無いものはあるのだ。

有るものとして受け入れること。

苦しみを乗り越えるための道理を確立する。

信心。

この世の中に絶対的なものとして、確かに存在しているものは、自分自身の命である。

ある物ない物にこだわる必要なんかない。

信仰に2世はいらない。

一人ひとりの生命。

信仰はその一人の中に築かれていく。

信仰は自らの生命に築き上げる信心である。

信仰とは、人間が正しく生きるために、生きる道に迷わない為の自らの生命にきずきあげれる私の信心である。

何を信じて生きるのか?

わたしの信心。

心を信じること。

人間が生きる道理。

道理に従って生きることが、人間を幸福に導くための一歩。

当たり前に生きたい。

幸せになりたい。

この世の中に、唯一、絶対的な存在。

それは、自分以外の何ものでもない。

何の為に生きるのか?

生きているのは自分自身。

生かすのも自分自身。

生かされているのも自分だ。

心を自分の生命に定める。

命。

私の命こそ、絶対唯一の存在なのだ。

命があるから心がある。

その心を表現する体がある。

それが人間。

自由と不自由・・・。

桜梅桃李。

今を生きる。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント