【ひとしずく】未来は現実の為に,現実は未来の為に

世界に一冊のメモ帳・ひとしずく

現実は、未来を悲観するためにあるのではない。

残された者が、途方にくれるために存在しているのでもない。

現実は、未来に向かって、目的と希望を創る為にある。

困難が起こるたびに現実を悲観するその生命。

現実こそ、己の生命で心を動かすことのできる最高の場所なのだ。

世界に一冊のメモ帳・ひとしずく
【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

桜梅桃李に生きる | [2009-05-31(Sun)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【ひとしずく】人のために尽くせる心を養う生命

世界に一冊のメモ帳

己が苦しんでいる時に、人のために尽くせるか?

私には、とても出来る芸当ではありません。

己の宿業の力に押しつぶされようとしながら、必至でもがいている。

しかし、尽くせるための真心の存在をそうして確認できることによって、
どんな時にでも、大切な存在を守っていくという生命を高めることが出来る。

どんな時にでも、どんな時にでも、今、気がつける時。

今、実践の時。

世界に一冊のメモ帳・ひとしずく
【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

桜梅桃李に生きる | [2009-05-31(Sun)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

名字の言 - 日中友好

今日の名字の言-5月31日(日)

「日中友好を語る人は多いが、実際に行動し、担い手を育てた人は池田先生しかいません」。中国・河南師範大学の劉徳潤教授の言だ。97年に大阪の大学に留学。研究の合間を縫って、学会の座談会にも参加した。「皆さんが、中国出身の私を温かく歓迎してくださったのに驚きました」。

こうした草の根の交流はもとより、以前から中国国内で幅広く知られている業績により、本年4月、名誉会長に同大学の名誉教授称号が贈られた。その授与式のため来日した大学一行。中心者の張亜偉校務委員会主任は、降り立った関西空港で驚いた。学会婦人部の友らが、笑顔いっぱいに旗を振り、中国語で歓迎していたからだ

翌日、関西創価学園(大阪・交野市)を訪問して、また驚いた。中学生から「中国語を学んでいます」「世界平和の役に立つにはどんな勉強をするべきですか」と次々に声が。未来の日中友好を担うであろう生徒たちの姿に感激した

帰国前、張主任は語った。「短期間の訪日でしたが、感動は特大でした。池田先生の理念と思想が一人一人の学会員、また一人一人の学園生に確実に脈打っていました」名誉会長の初の中国訪問から35年がたつ。「日中友好の金の橋」を受け継ぐ友が確かに育っている。(朱)
(聖教新聞 - 名字の言より)




■名字の言について~人生を前向きに生きる哲学の実践



今日の「名字の言」 | [2009-05-31(Sun)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

名字の言 - 池田名誉会長の環境提言

妙法を求めれば現実から逃げようと恐れている弱い自身はもう無い!闘い切ろうとするもう一人の強い私の生命!ぼろぼろの私の中の心の家が壊れることの無いつよい立派な家に変える!

今日の名字の言-5月30日(土)
 江戸時代、江戸は人口100万人を超える世界有数の大都市だった。
さぞ、ごみ問題が深刻だったのではと思ったが、実はそうではない

古紙や古鉄は再利用。生ごみや排泄物は、畑の肥料として活用していた。農村地域から薪を積んで江戸に来た船は、大量の“肥料”を積んで帰った。模範の循環型社会が実現された都市だったという。本紙の連載「江戸のエコに学ぶ」にあった話だ

現代の日本では、ごみ問題は深刻だ。東京・町田市で「ごみゼロ市民会議」の代表を務めた広瀬立成氏が書いていた。「行政が悪い、企業が悪い、市民が悪い」と責任のなすり合いでは、解決は遠のくばかり。だからこそ、会議では「納得の対話」を心掛け、「皆が自ら行動をする」大切さを訴えた。これが前進の力になった、と(『ごみゼロへの道』)

池田名誉会長は環境提言(2002年)で、「いくら共通の行動規範を定めたとしても、それを自らのものとして血肉化し、実践する人々が増えていかなければ、厳しい現実を突き動かす力にはなりません」と。<具体的な行動に一歩踏み出す>ための教育の重要性を強調した

5月30日は「ごみゼロの日」。納得の対話で一人の意識を変える。そのために行動する一日でありたい。(扶)
(聖教新聞 - 名字の言より)




■名字の言について~人生を前向きに生きる哲学の実践



今日の「名字の言」 | [2009-05-31(Sun)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

名字の言 -老舗の訓 人づくり

 障害のある子どもが生まれてくるのは、その親に原因がある。子どもの姿は、その親の姿を映し出す鏡。あなたが、この子はどうしようもない子と思ってあきらめた瞬間にあなたがこの世に存在する価値と使命を失うことになる。

自分は病気だと自覚できる病気の浅さと福運。自分は病気だと自覚できない病気の重さと、宿業の深さ。

今日の名字の言-5月28日(木)
 老舗とは、昔から長く続いている店のこと。語源を調べると、「仕似せる」から出た言葉だ。「文字どおり先祖から受けついだ商売を<まねる>意。ある点では、独創的の反対で、家業をできるかぎり現状のまま忠実に守ること」が元意という(杉本つとむ『語源海』)


だが現実は、単に先人がやったことをまねし、それに固執すれば経営が永続するわけではない。老舗の味噌店は“お客様に分からないように、味も変わり続けていく”と。歴史のある饅頭店は「欲しければ取りに来い」という姿勢を改め、百貨店などの店頭で売り出す方針に転換したからこそ、今も成功している(鮫島敦『老舗の訓 人づくり』)

先人が築いた土台の上に、ただあぐらをかいていては、やがては滅びる。味や品質など先代から受け継ぐべきものは継承しつつ、変化させ続ける。経営には「攻め」の姿勢を貫く。このチャレンジ精神にこそ、老舗の伝統があると思えてならない

私たちの日々の活動も、自身の変革への挑戦の連続だ。“もうこれでいい”という終着点はない。毎日が出発である

二度とない、きょうという一日。みずみずしい心で祈り、語り、行動しよう。間断なき挑戦の先に、自分自身の“信心の伝統”は築かれていく。(敬)
(聖教新聞 - 名字の言より)




■名字の言について~人生を前向きに生きる哲学の実践



今日の「名字の言」 | [2009-05-31(Sun)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【ひとしずく】人間は己という人間を映し出す鏡

世界に一冊のメモ帳

己の人生の価値を知るために人の人生を知る。

人間を見ずして、己を知ることは出来ない。
人間を否定することは、己という人間を否定すること。

この世に存在する人間は、己を映し出す鏡。

己の絶対的な価値を、知り、確かめるためには、
相対として存在している人間は必要なのだ。

世界に一冊のメモ帳・ひとしずく
【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

桜梅桃李に生きる | [2009-05-30(Sat)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

今日の名字の言 - 新型インフルエンザ

今、この瞬間が己の成長の出来る時

 少しでもご本尊様に向かえないような状態になっている時こそ、己との闘い。マイナスに向かっている生命。己の自信の魔に負けている証拠なのだ。

己のという自身の戦いに勝つことが、この信仰。知らず知らずの内に忍び寄ってくる魔に気がつけなくっている命。

現実に潰されているようでは、己の成長などは無い。今、この瞬間なのだ。この瞬間を見抜けなければならない。その生命を鍛えるのが、この信仰、妙法なのだ!

今、踏みとどまって、何とか乗り越えろ!私がこれまで、守ってもらったことの恩、報恩にむくいたいのなら、今、己の成長できる時なのだ!己が成長できる時。


今日の名字の言-5月29日(金)
 日々のニュースで、新型インフルエンザをめぐる状況が伝えられる。変化、変化の連続だ。その中で、感染を予防するには、手洗い・うがいの励行を続け、ウイルスを寄せ付けないことが大事になってくる

ウイルスを拡散させないことも重要だ。最近、徹底が呼びかけられている「咳エチケット」。通勤電車の中など、人が多く集まる場では必須だ

咳や、くしゃみの飛沫を飛散させないことが大切になる。飛沫には、多くの病原体が含まれ、周囲2メートルに影響を及ぼすからだ。咳をする時は、ティッシュなどで口と鼻を覆う、人から顔を背ける、マスクを着用する――今や「常識」になりつつあるマナーである

社会には、さまざまなマナーがあるが、その基本は「周囲に迷惑を掛けてはいけない」という他者への思いやりであろう。「自分さえよければ、かまわない」という人ばかりになれば、社会は成り立たない。「咳エチケット」も、多くの人が他者の身を案じてこそ、予防の力になる

こう考えると、「他者を大事にし、気遣う」生き方が、まん延防止の決め手といえる。日ごろの行いに、ともすると表れてくる“ささいなエゴ”。その治療こそが、社会に巣くう“病魔”を取り除く第一歩となる。(修)
(聖教新聞 - 名字の言より)




■名字の言について~人生を前向きに生きる哲学の実践



今日の「名字の言」 | [2009-05-29(Fri)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

今日の名字の言-池田大作写真展

「師弟不二」。
言葉では、いくらでも言える。口先だけのきれいごとなら何度でもいえる。

己の心さえ知ることの出来ないものが、師の心を知ることなど出来るはずがない。「師弟不二」を誓う前に己の中の信仰心の確立を誓え。組織の中で、あくせく働くだけの無知な信仰者にだけはなるな!

たとえそれが学会に組織であったにせよ、己を知ろうとして求める姿と命が無ければ、反逆分子の虫が己の汚い生命と宿業と供に正しいものの中から、悪魔が生まれる。

信仰をするなら、受身にだけは絶対になってはならぬ。己の成長どころか、地獄へ進む因さえ積むことになるのだ。

正しい、間違ったこと、その全ては、外にあるのではない!

お前の心の中にその存在の全てはある。

世なのかの善も悪も、全ては、お前の中にあるものなのだ。

自身の心を知らぬものが、師の心を知ることは出来ないし、「師弟不二」の精神のつながり、生命の絆を築くことなど不可能なことなのだ。

よくよく信仰に励むべし。傲慢であっては、決してならない。

今日の名字の言-5月27日(水)
 「撮影者の心が、直接に見る者の心に届くのです。池田先生が心で撮られた写真を見る時、鑑賞者が見るのは単なる作品ではなく、先生の心なのです」

中国・大連市で開催中の「自然との対話――池田大作写真展」。来賓の崔学森副所長(遼寧師範大学・池田大作平和文化研究所)が寄せた声である

副所長の感想を聞いて、名誉会長撮影のある一葉の写真を思い出した。突き抜けるような青い空、猛然とわき上がる雲――天空の“一瞬の劇”を写し取ったもの。「これは、戸田先生との出会いによって入会した、その日(1947年8月24日)に見た空と雲とそっくりなのです」と名誉会長

作品自体はもちろん、長い年月を経ても名誉会長の心には、師弟出発のその日が鮮烈に刻まれていることに感動を覚えた。大自然も、人間の心も、時と共に移りゆく。だが、師弟の道に生き抜く青年の決意は今も変わらない

師との出会いから60年余。三類の強敵と戦い、ただ一人、大難を受け切って、今日の学会の大発展を築いた最大の勝因を、名誉会長はこう語る。それは「いついかなる時も、わが心が師と共にあったことだ」と。学会創立80周年の栄光の頂を登攀する我らの歩みも、常に「師と共に」進む一歩でありたい。(身)
(聖教新聞 - 名字の言より)




■名字の言について~人生を前向きに生きる哲学の実践



今日の「名字の言」 | [2009-05-27(Wed)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

名字の言-「時は金なり」原田泳幸『ハンバーガーの教訓』

自分らしさを出せるのは自分だけ!

自分に求められていることは何なのか?自分に求められているのは笑いでも、自虐的なことでも無い!真面目さと思いやり、自分らしさを出せ!自分らしさを出せるのは自分だけ!


「時は金なり」。確かに現実の経済社会において、便利さの追求は、利益を生み出します。その一つの課題に空間的な時間をいかに短縮するか、いかに効率的に利用できるか。

時間の無駄を排することと、その効率化を求めることは、結果的にお金を生み出すことにつながる。これは、一つの方程式なのでしょう。

最も大切な、見えない生命の「お金」、財産である「宝」も、何事にも『迅速』で、『全魂』『真剣』を込めた戦いの中に生まれることは間違いありません。

今日の名字の言-5月26日(火)
 あるファストフード企業。客が注文してから商品を受け取るまでの待ち時間を1秒短縮すると、年間8億円の増収になると試算した。客も喜ぶ。だからこそ、スピードにこだわっているという(原田泳幸『ハンバーガーの教訓』)

「時は金なり」である。人件費の面からも、時間を短縮した分だけ、利益が上がる。反対に、時間を無駄にすれば、経費の浪費になる。ビジネスの世界で奮闘する者ならば、誰しも「時」の大切さを痛感していよう

今から七百数十年前のこと。日蓮大聖人は、門下の妙法尼から「夫の病気が重い」と聞くや、即座に激励の手紙を出された。「亡くなった」との知らせを受けた直後にも御手紙を。一人の信徒に、11日の間に2通も送られた

電話も電報もない時代である。「悲しみを一刻も早く癒やしてあげたい」との溢れんばかりの大慈悲が、反応の速度に表れていると思えてならない

このエピソードを通して池田名誉会長は語っている。「なぜ学会がここまで発展してきたか。それは何事にも『迅速』であったからである。また『全魂』『真剣』であったからである」と。スピードこそが勝利のカギである。さあ、きょうも悩める友のために!――燃え立つ心で、電光石火で進みたい。(薬)
(聖教新聞 - 名字の言より)




■名字の言について~人生を前向きに生きる哲学の実践



今日の「名字の言」 | [2009-05-27(Wed)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

今日の名字の言-森光子さんの「放浪記」の2000回

絶対的な自己確立は、
絶対的な己の生命を高めることによって成立する。

創価とは、人間の再生工場の異名なり。

己の限界は己が作る。己の無限の価値創造は、己が創る。
「桜梅桃李」の最高の人生を送る。己が己らしく生きるために。

その無限の価値を、限界を更に高める為に必要なことは、己の限界のどん底にたどり着いた時に、その底を蹴るだけの力があるかどうか。その力にかかっている。

そして、その力こそ、己の中の妙なる力、不思議な力。

無いもの。しかし、、元から備わってたもの。

無いものを引き出すのが己の強い信仰心である。

今日の名字の言-5月25日(月)

 「一生懸命、表現のもっと豊かな女優になりたいと思います」――今月9日、自身の89歳の誕生日に、舞台「放浪記」の2000回上演を達成した直後の、森光子さんの言葉だ。国民的な大女優とは思えない謙虚で前向きな一言に、感銘を受けた

森さんは、「放浪記」1000回の直前に、本紙「日曜てい談」に登場したことがある(1990年9月)。初演から29年のこの時、自身を楽天的と評して、「ちょっとしたことでも喜びは自分で膨らませて大きくしていくんです」と。苦しいこと、つらいことは「なるべく自分で小さくしてしまう」とも▼それから19年、上演記録は倍になった。何があっても「楽観主義」で乗り越える。ここに人生と舞台の“長寿”の秘訣がありそうだ

仏法では「心は工なる画師の如し」と。人は心一つで前向きになれると説いている。落ち込んだときには「さあ、楽しくやろう!」と自分に声掛けしてみてはどうか。もちろん、心の軌道を修正するには、満々たる生命力が必要だ

名誉会長は友に贈っている。「希望がなければ/自分で希望を創るのだ。/世界が暗ければ/自分が太陽と輝くのだ」と。自ら「希望を創り出す」生命力――この力を奮い起こすのが太陽の仏法である。(行)
(聖教新聞 - 名字の言より)



・桜梅桃李>今こそ【勇気】!負けるな【勇気】!
・「松竹梅」の人生ではなく「桜梅桃李」の人生-【迷い・苦しみ】
【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

桜梅桃李に生きる | [2009-05-26(Tue)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*