勝負に負けて闘いに勝つことができる人生~ひとしずく

人生を確かに生きるひとしずく

見事な勝ちっぷりに驚いた!

そして、見事な負けっぷりに感動した!

退路を断ち、前進するだけの道を与えられた生き方こそ、素晴らしい。

そして、潔い。

「負けて勝つ」とは、将にこのこと。

勝負は、負けたときに、大勝利の因を掴むことが出来る。

勝ったときに、敗北の因をつくる。

仏法は道理、哲学、人が生きるこの世の真理。

勝負に負けて、闘いに勝った人の心と生命は、晴れ晴れ。
今、この瞬間、心の中に、一点の曇りも無いはず。

負けたあの人の笑顔はすがすがしかった。
感動した。

哲学で結ばれた同じ生命を感じ、確かなものをその結果から感じることが出来た。
勝負に負けて、勝つことができる人生。

【New!】ひとしずく
 『名字の言』について~人生を確かに生きるひとしずく
   【TOP】世界に一冊のメモ帳・ひとしずく
    【Home】

桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(2) |-

未来の果を知らんと欲せば其の現在の因を見よ


2009年08月30日:今日の「名字の言」

大変だと思ったことが、後から振り返ればたいしたことでない場合がある。反対に過去を振り返った時、その時は気付かなかった重大な変化を発見することがある――。この「時間の遠近法」を用いて研究を進めたのが、歴史学者のトインビー博士だ。

博士は“未来の歴史家が現代をどう位置づけるか”という観点に立って考察した(『試練に立つ文明』社会思想社)。今日という日が、どれほど大切な日であるか。それは“未来の視点”から眺めるとより鮮明になるものだ。

仏典には「未来の果を知らんと欲せば其の現在の因を見よ」(御書231ページ)と。未来を開く「今」の重要性を強調している。

かつて池田名誉会長は、「今まで生きて有りつるは此の事にあはん為なりけり」(同1451ページ)の御聖訓を拝して語った。「『今この時』に、死力を尽くして悔いなく戦い切ることだ。その名が、後世に『広宣流布の闘士の鑑』として輝いていくのである」と。

▼今日を悔いなく戦い切る。今できることはすべて成し遂げる。「私はやり切った!」と、すがすがしく大満足の万歳を叫べる人こそが人生の勝利者だ。私たちは歴史の傍観者であるよりも、時々刻々、自らの手で時代を創造していく「開拓者」でありたい。(糀)

【聖教新聞】 「名字の言」より





今日の「名字の言」 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

心の変革こそが不可能を可能にする

2009年08月27日:今日の「名字の言」

この夏、映画にもなった新田次郎氏の小説『劔岳 <点の記>』。明治40年(1907年)、舞台は、絶対に登れないと言われた北アルプス立山連峰の「劔岳」。この“未踏”の山頂に臨んだ挑戦者たちのドラマだ。

不可能とされた登頂を可能とした一本の道――それは、だれもが“あの道からは絶対に登れない”と、最初から避けていた道だった。もともと道はあった。道を阻んでいた壁は、無理だと諦めていた心の中にあった。心の変革こそが、不可能を可能にしたのだ。

東京・北総区の女子部では、毎朝、「きょう、自分が挑戦すること」を具体的にノートに書き出し、“諸天を揺り動かす祈り”と共に一日を出発する。強き一念は、明確な目的から生まれる。そして、悔いなく語り抜き、夜には、きょう一日の前進に感謝の唱題を。

祈り動く中で、これまで語れなかった人を味方にした友、4時間の執念の対話で理解を広げた友など、歓喜のエピソードが続々と。池田名誉会長は綴る。「最も手強い壁は、実は心の中にある。ゆえに、勇気をもって自分と向き合い、『自己拡大の戦い』『人間革命の戦い』を起こすことだ!」。きょう一日のなすべきことを明確に、深い祈りと勇気ある行動で、断じて自身の最高峰へ!(進)

【聖教新聞】 「名字の言」より ※記事内の太字は当方の判断で修飾されたものであり原文にはありません。



【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

今日の「名字の言」 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【勇気・知恵】 「知勇兼備」に「勇猛精進」で生きる


勇とは勇んで行動する勇気。

猛とは智慧の限りを尽くす執念。




勝負は戦う前から決しているとも言われます。

また、仕事は、段取り8分で決まるともいいます。

「知勇兼備」で「勇猛精進」に生きる生命を高めた人は決して勝負に負けることは無い。

勝ちに勝ちを積み重ね、勝ち続けてきた人がいる、証人がいる、証拠がある。

確かな哲学で、知恵を求めて勇気の意味を悟り、生命を高める。

確かな哲学は、「勇猛精進」によって、「知勇兼備」に生きることが可能となる。

妙法。

桜梅桃李の人生。

今を生きる。



勇気 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

知勇兼備と勇猛精進

2009年08月26日:今日の「名字の言」

横浜・旭区の鶴ケ峰で、大きな石碑を目にした。この地で戦い没した武将・畠山重忠を顕彰するものだ。同区内には重忠ゆかりの史跡が点在。長く人々から敬愛されてきたことを物語る。

源頼朝に仕え、幾多の戦いで活躍。鎌倉幕府の成立にも貢献した。日蓮大聖人も「畠山重忠は日本第一の大力の大将なり」(御書1247ページ)と。当時から傑出した剛勇で名を馳せた。

英知にも秀でていた。奥州の合戦で、2万余の軍勢による強固な守りに直面。巧みな戦術で活路を開き、「思慮すでに神に通ずるか」と讃えられたという(『畠山重忠』吉川弘文館)。

知勇兼備。その原動力は何だったのか。後世の浄瑠璃には“身は離れていても、いつも重忠の心は頼朝のそばにあったからだ”(「出世景清」)とうたわれた。主君に勝利を誓い、そのために全魂を注ぐ。この心意気が、重忠の卓抜した知恵と勇気の源泉だったと言えよう。

広宣流布の戦いも同じだ。勝利を心に固く誓った時、「難局を必ずや転換してみせる!」と勇気がみなぎる。智慧がわく。法華経の「勇猛精進」の深義について、池田名誉会長は「勇とは勇んで行動する勇気。猛とは智慧の限りを尽くす執念」と。勇む心を全身に猛らせ、未聞の歴史を勝ち開きたい。(定) 【聖教新聞】 「名字の言」より 

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

今日の「名字の言」 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

究極的な矛盾の融合>「エゴ」と慈悲なる「愛」




人間の「愛」を探求することで、「エゴ」という矛盾に突き当たる

愚かなる人間に、生の意味と力を与えるものは?

世の中を変える生命変革のドラマは一人ひとりの信仰心を持った一人ひとりの力によるもの




慈悲なる「愛」。

そこには、確立された己の中の「宗教」が存在する。

己の純粋なる「信仰心」のなせる業。

人間のもつ最高の善の表現。

エゴとは何か?

「エゴ」が、純粋なる「愛」を創るという矛盾。

それは、矛盾ではない!

「エゴ」も「愛」も一人の人間の中に存在する「悪」と「善」。

善と悪を持ち合わせる「人間」そのもの。

己の利己という「エゴ」を達成したいなら、宗教を持て!

己の自己を確立するための信仰心を磨き、高める。

「愛」を慈悲なるものにまで育てる。

「エゴ」と慈悲なる「愛」という矛盾を己の生命で乗り越えることが出来るのが、誠の真なる宗教。

人間が生きる矛盾を、人として生きる「道理」に変えることの出来る無限を開く生命の「哲理」。

己の中に確立された宗教は、哲学であり、生命の科学、宇宙の方程式に変わる。



桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人間の根源にある愛とエゴという矛盾

2009年08月25日:今日の「名字の言」

8月28日は大文豪トルストイの誕生日。生誕180周年の昨年には文豪の玄孫ウラジーミル氏が来日し、池田名誉会長に「トルストイの時代」賞が贈られている。

新著『トルストイ』を出版した藤沼貴氏(創価大学客員教授)は語る。「(トルストイは)人間の根源にある愛について探求することで、その背後にあるエゴという矛盾に突き当たり、『人間の生に意味と力を与えるものは科学でも哲学でもない。宗教だ』との確信を深めていきます」(「第三文明」9月号)。

人間自身の内なるエゴの激流が、多くの問題を噴出させる現代。そこに正義の対話で励ましを送り、生きる「意味と力」を広げてきたのが学会だ。

「こんな私にも、すごい使命がある! 先輩の激励で、心からそう思えた」とは、苦悩の闇から立ち上がった友。学会には、こうした生命変革のドラマが無数に光る。日本を真に変えゆくものは制度や体制ではない。信仰を持った庶民の力なのだと実感する。

「日本のインテリ層には、『“無神論者”のほうが、信仰者より進歩した人間だ』と考える特有の風潮がありますが、(中略)それがいかに浅い考えであるか」(藤沼氏)。創価の深き民衆仏法運動を、文豪が見たなら大喝采を送るに違いない。(薄)

【聖教新聞】 「名字の言」より ※記事内の太字は当方の判断で修飾されたものであり原文にはありません。


関連ページ
究極的な矛盾の融合>「エゴ」と慈悲なる「愛」

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

今日の「名字の言」 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人生の最終章の勝負を決するのは今、この瞬間~「名字の言」


人生の総仕上げ

高い目標を達成するには、自身の境涯を高めるしかない。



「人生の総仕上げ」という時に、その総仕上げをする為の正しい基礎と力となる確かな哲学が備わっていなければ、悲しいかな、己の集大成という満足に生き切ることの出来る報恩感謝の人生を残すことは難しいであろう。

未熟な人間の生きることの苦難を乗り越える過程は、集大成に近づくことが可能になる生命を創ることが出来る。

確実に死に向かう人間の最終章で、後悔、醜態をさらす人生は歩みたくないものだ。

この世は、一回きり。この世を満足に生きた完全燃焼の笑顔で死にたい。

この世の現実の垢を溜め込んで、全てに打ちのめされてクタクタになった壮年達よ。

ただの「おっさん」にならないで!

「壮年部の日」は、人生の最終章のスパートをきれるパワーと、心と生命の中に「青年」を取り戻す日。

2009年08月24日:今日の「名字の言」

仙台市の晩翠草堂を訪ねた。詩人・土井晩翠(どい ばんすい)が晩年を過ごした建物で、現在は資料館になっている。晩翠が生前使用したベッドも現存。枕元の高さに目線を置くと、窓の外に、緑の庭が見えた。

「晩翠」とは、冬枯れの時、なお草木が緑色であるとの意(広辞苑)。晩翠の筆名も「冬になっても木々の緑は変わらず、その成熟はじっくりと訪れる」との意味の漢詩の一節に由来する。冬に耐え、じっくり成熟する――東北の壮年部員の姿を思い起こした。

「人の役に立つ研究者になりたい」と20歳で入会。大学教員になるも研究成果が出ない。それでも諦めることなく、信心根本に精進を重ねた。苦節の末、博士号を取得。国立大学の教授に。近年、開発した新技術を世界が注目するまでに。人生の冬を勝ち越え、見事な勝利の花を開かせた。

振り返ってみると、「苦しいときこそ、学会活動に励んだ」という。高い目標を達成するには、自身の境涯を高めるしかない。これが学術者である彼の信念でもあったからだ。

きょう24日は「壮年部の日」。人生も広宣流布の闘争も、総仕上げが最も大事だ。豊富な経験と熟成した人格。壮年部の友ならではの力闘を期待したい。壮年こそ広宣流布の勝敗を決する最終ランナーだ!(城)

※記事内の太字は当方の判断で修飾されたものであり原文にはありません。





名字の言 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

絶対的な自己の確立:付和雷同の世相に流されない生命(自己)


民衆一人一人が力を持つ民衆主役

進取の気性

平等・公平を基本に、民衆と同じ目線に立つことの出来る人間とその社会が、世の中の繁栄を築いてゆける理想。

その理想を実現するために、社会の発展を左右するのは、一人ひとりの世の中を見極めていく、付和雷同の世相に流されない主体性。

そこに求められているは、その力を養う為の確かなものを求める心。

常に、人間としての学びと、気づける習慣を養うための謙虚な、勇気ある行動力を持つ者。

「進取の気性」。


2009年8月23日:今日の「名字の言」

戦国時代。堺は、世界的都市として、見事な発展を遂げていた。町を訪れた外国人宣教師は「堺の町より安全なる所なし」「町は甚だ堅固」「此町は(イタリアの)ベニス市の如し」と絶賛した。

その繁栄の因は何か? 強大な権力を持つ領主ではなく、町人たちが合議で町を運営していたから。いわば、民衆を基盤としたからこそ堺の繁栄はあったのだ。

だが黄金の日々は、長くは続かなかった。織田信長は重税を課し、豊臣秀吉は町にめぐらされた壕を埋め、合戦の際に放たれた火によって、町は焼き尽くされてしまった。

堺市は現在、大阪府で2番目の政令指定都市となっている。堺空襲など大きな惨禍にも見舞われたが、不死鳥のように蘇ってきた。町の発展の原動力は、今も民衆のエネルギーであり自治の精神、進取の気性であろう。広布の戦いにあってもそれは変わらない。関西広布史の中にあって、新時代はいつも堺から開かれてきた。

御書には「当世は世みだれて民の力よわし」(1595ページ)と。「民の力」を強めていく行動こそ、日蓮仏法の命脈である。その精神を継ぎ、今こそ我ら創価の連帯で、民衆一人一人が力を持つ民衆主役の時代を築きたい。そこに、それぞれの地域の偉大な発展もある。(立)





絶対的自己確立 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

「無我他彼此」な人間関係を築く:生命の独立自尊


「無我他彼此(がたぴしなし)」。

「独立自尊」



        「言論の自由とは自身の思想・良心を表明する自由を指す。
                  表現の自由の根幹をなす。- Wikipedia」

言論の自由は、何を言っても許される自由な社会?

意図的に悪意のある記事を書くことが許されるのも今の世の中の言論の自由?

良心とは、『物事の善悪を判断し,善をなそうとする意識』。

言論の自由とは、社会を良くしようとする「誠実」という2文字が根底にある表現の自由をいう。

「言論」は、人間が理解しあえる言葉を用いて、よりよい社会の「無我他彼此」な人間関係を作り上げるためにあるもの。対話を導くためにあるもの。

その人間関係を築き上げるために必要なものは、心と生命の「独立自尊」。

確かなる哲学は「独立自尊」を己の生命に築くことが出来る。

桜梅桃李。

今を生きる。


2009年8月22日:今日の「名字の言」

大阪市立美術館で開催中の福澤諭吉展を観賞した。諭吉は現在の大阪市福島区の生まれで、同市北区に墓所がある緒方洪庵に学んだ。“庶民の都”に縁が深い。

揮毫の右肩に捺す印に「無我他彼此」とあった。「がたぴしなし」と読み、人間関係などの円満さを表している。「我他彼此」には仏教思想が根底にある。あらゆるものが互いに依存し合っている本質を見失い、我と他、彼と此を対立的に見る愚行を戒めている。

諭吉といえば「独立自尊」が信条だが、決して孤立はしなかった。書の左下の落款印(雅号の印)には「三十一谷人」と。「三十一」を1字にすれば「世」(卅と一)になり、「谷人」は“人偏に谷”で「俗」――「世俗」である。

日々、世の人々に交わり、時に導き、近代化を推進した偉人が重んじたのが、「演説」と「新聞」であった。英語の「スピーチ」を「演説」と訳し自ら率先して実践した。日刊紙「時事新報」も創刊。声で、活字で、自身の主張を繰り返し展開した。

間もなく、8・24「聖教新聞創刊原点の日」。スピーチや随筆など、紙上に躍動する池田名誉会長の言葉に呼応し、言論の力を思いっきり発揮しよう。そして、わが使命の舞台で、歴史を開く対話の道を貫き通していきたい。(杏)

【聖教新聞】 「名字の言」より ※記事内の太字は当方の判断で修飾されたものであり原文にはありません。





生命 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*