苦しさと辛さ・満足感と充実感


夏から秋へ、確かに感じる変化。

暑い夏がようやく終わりを告げた。

台風一過。

暑さ寒さも彼岸まで。

一日、一日、気温の変化に季節の移り変わりを感じる。

朝な夕なに、確かな秋の気配を感じる今日この頃。

この五体と五感備えた人間という私。

季節を体と心で感じることができる。

暑かった夏。

肉体的に、そして、精神的にも辛かった夏。

苦しかった夏。

でも、その日々を目を閉じて振り返ってみれば、辛さと苦しさの中に感じるものは、満足感と充実感。

「頑張ったね!」って、自分で自分を褒めってやって、こうして今記事を書きながらほんのひと時の自己満足に浸ってもいいよね。

現実を生きる事って、結局は自己満足の為なんだから。

私が頑張れたのも、父が病気と闘ってくれたお蔭。

凄いね!

家族や多くの人たちのお見舞いと励ましと応援のお蔭で、あなたは、奇跡的な回復ぶりをを見せてくれました。

その見事な回復ぶりに、私はどれだけ勇気づけられたか。

一緒に頑張ろうね!

見舞いの別れ際に、父とかわす握手。

その時、父の握り返してくれた手の力強さ。

きっと良くなる。

きっと、健康に戻れる。

父の力を信じることができた。

私と父の間に確かなものを感じ取ることができた。

泣いたね。

あと1週間で退院だね。

暑い夏を、そして、父にとって大変な時を私も一緒に、ほんの少しの支えになることが出来たかな?

その答えは、元気な姿で、平静に戻れる日が来るようになってから。

毎日の現実の暮らしと生活の中で、確かな哲学に基づく証として、その足跡を残していくんだね。

季節の確かな変化を感じるが如くに。



本因妙・今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(2) |-

利用されず、利用せず:人間らしい生き方


変わる。

確かに変わる。

人間は変わることできる。

変わると決めれば、変わるように何かが起こる。

起こったことが、自らが変わるために変化しているように思える。

そんな風に気が付くことができる。

そんな風に感じることが、自らの生き方の、より、プラスな生き方につながる選択なのだと思うことができる。

自分の中の思い。

それでいい。

それが、一つの哲学に基づく現実の今を生きる為の己の生き方の選択肢。

思いを己の中の一つのを生き方の哲学に変える一つの方法。

人間の中の思い。


宗教に頼ることなんてなくても生きていける信心。

一人の人間として、一人で生きられる信心。

世の中に生きる人間達の中で生きられる信心。

人間が生きる社会の中で自立して生きられる信心。


与えられたものに頼る生き方から、頼られる生き方へ。

与えられた物から、己の物として、自らが獲得できる信心。

自らの力で生きる。

宗教という己の外に頼る生き方から、己の生きる知恵という力を引き出し、己を信じることによって、勇気を引出し、己の生き方の自己確立を目指す。

何かに頼る生き方から、頼られる生き方へ。

人生へ。

心と精神の自立。

一人ひとりが対等の人間として、一人ひとりが平等な人間として。


人間らしく生きることとは?

どこまでも求め続ける。

与えてくれたものに対する感謝と、現実を生きるための自らの力を引き出すための謙虚さを失わず。

利用されず、利用せず。

人間それぞれのニュートラルな世界。

人間。

「ありがとう」って伝えたくて、

信じたこの道を 確かめていくように、今、ゆっくりと歩いて行こう。


(いきものがかり:「ありがとう」歌詞より)





本因妙・今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(2) |-

ディズニーランドは永遠に完成しないテーマパーク


石ころをダイヤモンドにする信心。

人間には、見える価値を産みだす力がある。

人間には、見えない価値を産みだす力がある。

価値を創る。

創価。

人間そのものの価値とは?

ディズニーランドは、永遠に完成しないテーマパークと言われる。

人間は、想像と妄想と空想によって、不可能なことを可能にしてきた。

その妄想と空想は、夢になり、希望になり、そして、目標になり、目的になり、人間が生きる現実のなかで実現されてきた。

この世に人間がいる限り、人間はその人間の価値を無限に創り出す。

しかし、それが、創造であるのか、破壊であるのか?

人間の創造における『建設は死闘、破壊は一瞬』

人間の無限に与えられた創造的な価値感を維持し続けるためには、何が必要か?


今を生きる己にとっての人間革命のテーマは、時間。

課題は、その時間を如何に革命するか。

時間の価値を変える。

しかし、与えたれた時間は、誰にも平等。

一秒は、一秒。

一分は、一分。

一時間は、一時間。

一日は一日。

しかし、己の心の持ちようによって、その時間の価値はいくらでも変えることが出来る。

一秒を一分にするのか。一秒を一時間もの価値に変えることが出来るのか。

それとも、一日をたった一秒の価値にしてしまうのか。
それとも、生きている毎日を0(ゼロ)として無価値に生きるのか。

全ては、己という人間の中の【心】次第。

全ての価値を変えることの出来る【心】。

そこにも何が必要か?

信心。

信じる心。

信心とは一体どこにあるのか?

人間と言う【もの】にあるのか?

それとも宗教という与えられた【もの】にあるのか?

自己確立という妄想と空想という観念のなかの最終的なゴールのための信心。

その信心とは、私自身そのものの中にある。

肉体と精神をコントロールする事が可能な人間が、人間である証明として、見えないものを感じることの出来る心を持つ私自身そのもの。

信仰とは、己の中に向うためにある。

信仰心。

その心とは、今、現実を生きているそのままの私の全てを信じる心。

生きるという確かな哲学を私というそのもの全てに、この世により人間らしく、己らしく、自立して生きるための自己確立という名の下において、知恵と勇気と行動によって、現実の中で刻みながら、コツコツと実現していく作業。

それは、求めなければ得る事は出来ないもの、

それは、どこまでも求め続けるもの。

それは、どこまでも限りなく完成を求めなければならないもの。

それは、終わりの無い道。

信心とは、永遠に完成しないテーマなのかもしれない。

その信心を永遠に求める事の課題。

心は信じることで、かろうじて定まる事が出来る。

定まらない心をかろうじて、定めてくれる信心。

どこまでも限りなく深く、遠く、広く。

確かな哲学を実践、検証、実証していく過程において、信心の足跡が刻まれる。

目には見えない最高の宝。

目に見えるダイヤモンド自身に価値など無い。

石ころを最高の価値あるダイヤモンドに変えることの出来る心。

そこに必要なのが信心。

己を信じる心。

錬金術。

人間だから出来る。



本因妙・今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(2) |-

道意識の変革:個人と社会をつなぐ「現実の課題」


絶対的な幸福境涯の確立。

人間社会っていうのは、相対的な場所。

自分の絶対的な価値観というものは、自分の中でしか通用しない。

絶対的な幸福感というのは、相対的な幸福感の上に成り立つもの。

一人ひとりの信仰は、絶対的な自分の境涯を高める為にある。

人間として普遍的な価値観を共有するために歴史を学ぶ。

わたしは、何のために人間として生まれてきたのだろう?

そして、わたしは、何の為に人間として死んでいくのだろう?

「歴史を学び、世界中の人々が、人間として普遍的な価値観を共有していければいい」

人間の中の争いを無くす他為に必要な事。

それは、「人間主義と生命尊厳の時代を開くために」なのだ。

信じることはどこまでも自分が試されているということ。

人間をどこまでも信じきることの出来る自分という人間をどこまで信じきることができるか?

人間と人間の関係がとても希薄な現代の社会で信じるということの意味さえ薄っぺらになりかけている時代。

信じることの大切さ。

しかし、そこには、勇気と確かな知恵が無くてはならない。

私たちが求めている信仰の目的もそこにあるのではないだろうか?

「人のグローバル化」社会への意識変革。

「人間」が生きる世界の問題。

それは、人それぞれの中の「課題」。

道理。

「人のグローバル化」

その意識変革。

個人と社会をつなぐ「現実の課題」。

「伝える」努力。

『個人と社会の「現実の課題」に応え、分かりやすく展開する努力を続けてきた』

「難解な思想を分かりやすく、現代人の考え方に配慮しながら、多くの人々が理解できるように語られている”と「分かりやすく」は、”生きた宗教”として、現実社会の中で脈動するための条件。民衆宗教の王道である。」

人に大切なことを伝えたい。

しかし、本当に大切なことを伝えるのは、難しい。

「伝える」努力なのか?

それとも、

「伝わる」努力なのか?

『個人と社会の「現実の課題」に応え、分かりやすく展開する努力を続けてきた』

このような努力がとても大切な事なのかもしれません。

人の性格というのは、なかなか変わるものでは無い。

まあ、その人にらしさを加える個性となるエッセンスにもなる。

でも、自分の性格は嫌い。

暗いし、協調性が無いし、弱虫だし。

こんな性格が個性になるのかな?

そうです。

なるんです。

桜梅桃李。

「今」を生きる。



■世相・雑感・コラム | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント