「神」も「仏」も自分という「生命」に存在する

mountains-1828596_640.jpg

人間がより人間らしく生きる。

そして、人間である自身の存在が自分らしく。

無になれる心で、現実に対して一歩引くか一歩前に出るか。

人間の器を広げること。

嫌われようが好かれようが無になれる心で。

人は、こういう思いで生きている。

あの人は、こんな思いで生きている。

一人一人の思い。

一人の人間が現実の人生を生きることにとって、思いはとても大切。

それぞれの現実を生きている一つの思いが、それぞれの絶対的な思い。

誰にも邪魔なんてされたくはない。

それぞれの人間が存在するための桜梅桃李。

人から認められなくてもいい。

ダメと言われようが関係ない。

他の人間と同じ人間にはなりたくなんてない。

自分を生きたい。

自分を生きることは、この鎖につながれたように不自由を感じる人間社会を自由に生きること。

不自由なこの現実社会を、人間らしく自由に生きられる。

社会が存在するこの世で生きるということを求める己の哲学。

人間が、より、人間らしく生きる。

無になることの素晴らしさ。

無になることの出来る根本の哲学を持つことの大切さ。

その根本の哲学を己の精神に刻む。

その精神を心で活用する。

柔軟な心。

無になれる心。

自己。

無になれる場所。

宇宙は、無限。

己の思いが、宇宙を「無限」にする。

宇宙を思い描けば、私の心に映る宇宙の果ての、そのまた果ては、無限に続く。

無限に続くその果てにあるものは?

やはり、無限?

それとも、無?

無限に続く宇宙のその先は、無の世界?

宇宙の果ては?

宇宙の果ての無の中に存在する、有るはずの世界である宇宙は、結局は存在しない無の世界?

人間の心っていうのも、有るようで無いもの。

無いと思えば無くなるし、有ると思えば存在する。

人間の思い。

人間の思いの延長線上に存在するものは、結局は存在しないものでもある。

「神」も「仏」も己の思いの中にのみ存在する。

桜梅桃李。

今を生きる。


生命 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

生きることを学ぶ人間社会


学習する時間を持つことの大切さ。

学習することによって、その本質を知る。

大人になればなるほど、学習する時間が減る。

大人になればなるほど、受動的な生活環境によって能動的な学習意欲が失われていく。

人間が生きるという世の中の本質。

暮らしと生活を営む人間社会の本質。

人間が生きること。

その本質を知る。

人間が、今を生きること。

人間が、明日を生きていくこと。

人間が、未来を生きていくこと。

生きている以上、生きなければならない。

生きることを己に課す。

生きることの本質。

なぜ、人間は生きなければならないのか?

泣いて生きるのも一生。

笑って生きるのも一生。

生きることは、どちらも一緒。

学習することによって、目では見ることのできない物事の本質が見えてくる。

見えないものが見えるようになることは、人間が生きていくことの理由の一つ。

笑って生きて、見えてくるもの。

泣いて生きて、見えてくるもの。

泣いて、笑って生きて、見えてくるもの。

人生を生きて、見えてくるもの。

見えないものが見えてくる。

生きるということを学習する。

哲学の道を進む人生。

年齢を重ねるごとに、人間に対して、社会に対して、謙虚に生きたい。

人間というものを尊重できる寛容性。

より柔軟な心を発揮できる己の生き方の哲学。

その根本。

傲慢な生き方、頑なで、偏屈と頑固に年を取って生きる道なんて選択したくはない。

どこまでも己の精神と心の解放を求め続けて生きていきたい。

そして、本当の自由を得たい。

己の目指す根本とする生き方の哲学にとって、必要のない己を隠すためのだけの相手に対するつまらぬプライドにこだわることの無意味さ。

現実をありのまま姿で生きる己に対するプライドに拘ることの大切さ。

己が、己らしく生きるために。

謙虚に学ぶ。



本因妙・今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人間、生きてるだけで丸儲け:感謝と謙虚に生きる


「生かされている」という思い。

それは、己が支配されて生きているということではない。

そこにあるのは、感謝。

一人で生きているのでない。

この世に生きていること。

生かされているのだ。

だからこそ生きるんだ。

自らの力で。

生かされているという感謝の思いによって。

時間を生きる。

この現実という世界で。

感謝という思いによって、謙虚に生きること。


人間、生きてるだけで丸儲け

これまでの人生、生きて来ただけで丸儲け

これからの人生、生きていけるだけで丸儲け

己が生きるということ。

原点。


私の座右の銘でもある「生きているだけで丸儲け」という言葉。

二度目の人生を歩んでいるんだと感じる私にとって、常々、人間の弱さによって感じる心の苦しみや悩み、そして、迷い。

それらのことのすべては、私が生きているから感じることができる。

生きる上での悩みや苦しみ、迷いのすべても、生きていることの丸儲けの一つ。

全部が丸儲け。

死んだらおしまい。

何もない。

「生きているだけで丸儲け」という言葉は、誰が言い出したのかは知らないけれど、私は、明石家さんまさんの言葉として知った。

人生を生きるすべのことに対して、ポジティブにとらえる。

さんまさんの名言の一つに、「あの時は、あの時さ(That was That)」という言葉があります。

この言葉は、夫婦生活を送っていた時の元妻である大竹しのぶさんに対して言った言葉。

夫婦生活を送る過程で互いの思いのズレを感じた頃に、しのぶさんは、さんまさんに向かって、

「あの時は、あなたは、ああ言ったじゃない⁈」

「あの時、あなたは、こうしてくれたじゃあない⁈」

そんな風に問い詰められた時、さんまさんが言った言葉。

あの時は、あの時や!(That was That!)」

って、言ったそう。

ほー、なるほど・・・フ~ム。深い・・・。

ええ加減な男の逃げ口上とも受け取れるけれど、そうじゃあない。

あの時は、あの時、今は、今。

そう、今が大切なんだよね。

人間は変わるものなんだ。

変わるから人間なんだ。

だから、変わらなければならないんだ。

過去という「あの時」にこだわるよりも、「今」が大切なんだ。

ポジティブに生きるさんまさん。

今を、そして、一歩先を、そして、未来を生きる。

人間が生きること。

私の節目である一度目の人生。

明石家さんま



本因妙・今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

変わることの楽しさを知る:苦は楽の種、楽は苦の種


己の人間というこの世での存在。

その人間の中に存在する「自己」は、現実を生きるという己という人間が、生きるということを試されていると思いを持っている。

そして、更に、己の生き方の思いが変化する。

試されている?

一体、誰に試されているというんだ?

それでは、己の自己という存在は、何なんだ?

己という人間が、現実を生きるということに対して、試されているなんて、そんな受け身な生き方で、己が己らしく生きるということに近づけるのだろうか?

そんなの受け身な生き方じゃあないか?

誰かに、何かに支配されている生き方じゃあないか?

自ら生きろよ!

自ら試せよ!

己の存在のこの世で生きることのすべては、己の存在を現実で確かめるためにある。

その存在の可能性を、生きているこの人間社会の中で開くことにある。

自己実現。

自己確立。

相対的な人間社会の中で、確立を目指す自己という存在。

絶対的な自己確立。

そんな思い。

己の中の信心。


変わることが楽しくなった。

生きることに対しての苦しみ、悩み、迷い。

人間が感じる心の思い。

感情。

生きて行くことに対して感じる苦しみが楽しみの素になる。

生きていること対して感じる楽しみが、さらに、楽しくなる。

己の中で、苦楽を共に思い合せて生きる。


『苦は楽の種、楽は苦の種』

深いねえ~。

「苦は楽の種」

苦労した分だけ、楽しみが増える。

でも、「楽は苦の種」をどうとらえるか?

人生を怠けて楽をして生きた分だけ、残りの人生に苦が待っている。

そんな風にとらえることもできる。

しかし、人生の本当の楽しみを求める人。前向きにすべてを楽しもうと生きようとするところにには、必ず、苦しみが待ち受けているということが、その言葉の本質であると感じる。

楽しみである趣味の延長が嵩じて、プロになった時に、楽しみの延長を極めることの道に入ることによって、苦しみを自ら求めて乗り越えなければならなくなる。

人生、苦しみの先に、楽しみが待っているのであり、その楽しみをさらに求めることの先には、必ず、苦しみが待っている。

前向きに人生を生きる人には、必ず、楽しみと苦しみが交互にやってくるものなのだ。

苦しみ、悩み、迷いの中で、人間が生きるということの本質を、現実を生きるための己の精神と肉体に刻む。

苦しみ、悩み、迷いの意味とその本質を体得する。

苦しみが苦しみでなくなり、悩みが悩みでなくなり、迷いが迷いでなくなる。

生きることに対する確かな明かり灯る。


今、己の中で、生きることの苦しみ、悩み、迷いに対する、その「思い」を書くことがなくなってきた。

その思いにつていて、書くということがあほらしくなってきた。

そんなことについて語っている暇があるのら、この世の中の現実を生きることに、己の思いを形として行動によって表現することの方が、遥かに己にとって意味のある価値ある選択。

己が生きるための生きた哲学をもとにした、より、人間らしい変化をもたらすための選択。

この世での人間の生きられる時間は有限。

己の変化のために必要な時間。

そのための己が己らしく生きられるためのより良い選択。

そのための哲学。

それは、己の中の変化を求めることなしにはありえない。

変わることの楽しさを知る。



本因妙・今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

宗教が与えてくれるものとは?:その本質


宗教が与えてくれるもの。

なすべきことの本質を、己の動じる心の弱さによって、見失いそうになる時、その時に必要なものに気が付ける知恵。

その知恵を引き出せる心。

その心を呼び覚ます生命。

その生命のエンジンを動かすことのできる己の中の哲学。

その哲学は、どこから生まれる?

己の中の信仰心。

その己の中の信仰心は、己の信心によって生まれる。

自身の中に存在する己の信心は、どこから生まれる? 

それは、信仰を授ける宗教によって得ることが出来た。

得た宗教。

種。

それは、まだ芽を出さない、己の中の信心を開く種だ。

宗教は、己の信心を開くわけでもなんでもない。

己の信心を開くための種を、人間に与えてくれるだけ。

その種は、自ら水を遣らねば、自ら土地を耕さなければ、自ら大切に育てなければ、決して、芽を出すことはない。

花を咲かすことはない。

実を収穫することはできない。

人間として生きるための人生の大切な栄養分にはならない。

宗教が与えてくれるものとは?


本因妙・今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人を呪わば穴二つ:共感と理解と寛容性


人を呪わば穴二つ。

先日、職場の同僚が、勤務中に「ぎっくり腰」になった。

何かの拍子に、突然、襲われたぎっくり腰の痛みに、棒立ちの状態で、しばし座ることもできず、歩くこともできず、激痛で顔をゆがめて苦しそうに訳を説明している。

勤務を終える直前の出来事で、私はその同僚の介抱をする羽目となり、ぎっくり腰の激痛によって自力で帰宅することも不可能であることから、車で自宅まで送り届けることとなった。

翌日、上司より、ぎっくり腰の治療に専念するため数日間、休むことを告げられた。

その同僚は、熱血漢で正義感が強く、仕事上、何かと親切に世話になっており、課の中ではキーマンとなるリーダー的な存在でもある。

しかしながら、その熱血ぶりと正義感の強さから、そりの合わない上司との対立が甚だしく、仕事上の問題が持ち上がるたびに、その上司を批難し、そのたびに、何度となく悪口を聞かされる。

この同僚の熱血と正義感ぶりによって、職場の多くの人から人望もあるのだけれど、その反面、突っ走りすぎて、そのよい部分が裏目になることも多い。

自分は間違っていない。

あいつのやり方は、おかしい。

人間というのは、誰でも自分を信じるという思いが無ければ、世の中、世間というものに自分という存在が薄くなって、呑み込まれて行き、現実を生きることが辛くなる。

それはそれでいいことなのかもしれない。

自己主張、自己顕示、我を張る。

でも人間、無くて七癖。

誰にでも良いところもあれば、悪いところもある。

欠点と美点、弱点もあれば利点もある。

人間の器。

あまりに「俺が、俺が」とすべて自分が正しいと信じすぎると、人を理解するための心の融通が効かなくなる。

この人は、いい人なんだけれどね。

でも、その上司を見ると嫌なところばかりが見えるらしい。

それではだめなんだ。

そんなところを変えようと努力すれば、人間として磨かれていくではないかと思う。

人間の器。


人間は、みんないい人なんだ。

そういう私の中の思い。

そう思うことが、私が自分らしく生きていくことの選択に、心地良い。

それが私の人間社会の中で、今を生きていくための方法。

ぎっくり腰で、激痛に顔を引きつらせながら自宅まで送り届けた同僚から、その日、わたしは、対立する上司の不満と悪口を聞かされた。

聞かされた不満や悪口に対し、軽く笑って受け流したものの、あまり気分の良いものではない。

かと言って、そのことをあからさまに同僚に指摘すれば、角が立つ。

また、その上司に対する不満や悪口も、大方、的を得たもので理解もできる。

しかし、その上司にも当然、良いところもある。

「人を呪わば穴二つ」

次の日、同僚に電話で様子を聞きながらそんな言葉が浮かんだ。



本因妙・今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント