人と人の間を生きる人間

「トイレの神様」っ?

ってなんだろう?

でも、その曲をきいて、「あ~、この歌だったのね」と思った。

大切なおばあちゃんとの思いでを、

とても素直で素敵な歌詞を、とても素敵で素直なメロディーに。


その歌を聴いて、とても素直に感動した。

まるで私の思い出のように、映像がうかび、涙が自然に溢れてはこぼれた。

トイレには、それは、それは、きれいな女神様がいるんやで。

だから毎日、きれいにしたら女神様みたいに、ベッピンさんなれるんやで。
 

(トイレの神様:歌詞より)



人間として生きたおばあちゃんの知恵。

心を磨くための知恵。

ベッピンさんの心。

汚いトイレを磨くことは、人間の心を磨くことになるんだよ。

苦手なことも、嫌いなことも、好きになることが出来る。

人間には、その方法を導き出す知恵がある。

人間には、人間にしか導き出すことのできないものがある。

思い。

人間の人間に対する目には見えないその思い。

その思いを伝える。

知恵と英知。

それが人類にとっての財産。

今を生きる。

そして、未来を生きる。

人間が、人間を生きることを強いられる社会。

人間が、現実を生きることは、社会を生きること。

人間が、社会を生きる。

社会で生きることを強いられる人間。

その場所で。

世の中の社会や世間。

そこに組み込まれるパズルの一つとして生きることを強いられ続ける人間。

人間。

大人として、

社会人として、

自由人として、

日本人として、

地球人として、

人として生きる人間。

私は人間。

人として生まれ。

人を生き。

人として死んでいく。

その間を人間として生きる。

人と人の間を生きる。

泣いて、笑って、また、泣いて。

人生。

だって人間だもの

だから人間だもの。


トイレの神様/植村花菜


・関連情報
[紅白歌合戦]植村花菜「トイレの神様」ノーカット NHKも「フルで」と太鼓判(2010/11/25)

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

本因妙 | [2010-11-26(Fri)] | Trackback:(0) | Comments:(4) |-

生きていてよかった

喧嘩した。

そのあと、しばらくして、電話した。


「いつも辛くあたって、ごめんね。」


「・・・いいのよ、 

あなたの気持ちは、分ってるから・・・、

ありがとうね。」


その「ありがとう」を聞いたとき、涙が出た。

嬉しかった。

どんな言葉よりもうれしかった。

そして、「申し訳ない」という思いでいっぱいになった。


人間と人間。

その中にある大切なもの。

人間の中にある人それぞれの思い。

一人の人間の中の思いと一人の人間の中の思い。

ありがとうという言葉に、見えない互いの深い所にある思いと思いがつながったように感じた。

あきらめない。

生きていることが、生きてきたことが、ほんの少し報われた瞬間なのかもしれない。

生きていて良かった。

だから、これからも生きていける。

人間として、人間らしく。

この世で人間として生きる私が、私であることの理由。

だから、これからもあきらめない。

自分の中の思いを決してあきらめない。

己の中から湧いてくる感謝の気持ち。

「ありがとう。」

生きていて良かった。

人間生きているだけで丸儲け。

無明に生きる人間に灯りをともす、原因と結果に基づく哲学。


【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

本因妙 | [2010-11-22(Mon)] | Trackback:(0) | Comments:(2) |-

人間は、人間

仕事に行って、仕事をして帰ってくる。

当たり前のことを当たり前にする。

歯車として、道具としてその当然の役目を果たすのが人間。

物としての当たり前の仕事をする。

人間が生きることの当たり前のこと。

でも、その当たり前のことを、当たり前にして、生きているだけでは、人間が人間たる意味がない。

人間としての価値が無い。

人間と人間が生きる人間社会において、人間が道具として、物として生きるための潤滑油。

その潤滑油って何?

人間は、機械なんかじゃあない。

人間は、生きるための物じゃあない。生きるための道具じゃあない。

人間が人間らしく生きるために必要な当たり前のこと。

まず、人間は、その当たり前のことが、なかなか来ない。

それが人間。


【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

本因妙 | [2010-11-13(Sat)] | Trackback:(0) | Comments:(4) |-

道理

自分を変えたい。

そんな風に今を生きている人は、やらなければならないことがいっぱいある。

そんな風に思い、これからの生き方を変えたい人は、過去から学んだことをその学習の結果として出さなければならないことがたくさんある。

人間。

人間の中にある思い。

思いは人間だから感じる。

でも人間ならその思いを、人間を使って表現しなければならない。

言わなければその思いは、人間に伝わらない。

動かなければ伝わらない。

己という人間に伝わらない。

伝えるために、そして、変わるためにたくさんの傷が人間に刻まれる。

浅い傷、一生消えない深い傷。

涙の冷たい傷跡、涙の温かい傷跡。

思いを刻む。

人間が変わること。

人間は一人なんだと悲しくなる気持ち。

人間は一人なんかじゃあないんだと、あきらめない気持ち。

思い。

人間が生きるための道理。

一人ひとりの道は、人それぞれの思いが人間に刻まれた分だけ道ができる。

その道。

勝手気ままな道理?

確かに生きるための道理を自身の思いの中から人間に刻む。

生身の人間が今を生きる現実の社会。

そこに必要なもの。

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

本因妙 | [2010-11-09(Tue)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

社会を自由に生きられる独立自尊の人生

己の力を確信する。

生きる力を確信する。

己が現実の世界を生きる。

そして、現実に生きるこの世を自らの力で変えることが出来るんだということを確信する。

この世の現実を変えることは出来る。

不可能に思えることでもなんでもない。

それは、思い上がりでも傲慢でもなんでもない。

己の自身を変えることによって、私の心に映るこの世の現実の姿が変わる。

生きる現実の見方を知ることによって、見え方が変わる。

現実を変えるということの意味とその方法。

己という人間に対する変化を求める。

自己確立。

人間としての独立自尊の人生。

自由に生きられる人生。

世の中に自由を求める。

それは、己の生命、そして、精神と心に自由を求めること。

その為に、人間というものには、変化が必要だ。

革命が必要だ。

世の中を変えるのは、世のなかではない。

一人の一人の人間の中の思いを変えることしかない。

どこまでも、どこまでも謙虚に生きる。

己自身に課すこと。

人間が、今を生きるということの本質を知るために。

そこから少しずつ見えてきた。

現実に生きる「今」というこの瞬間をより人間らしく生きるための哲学。

その哲学を今を生きる己という人間に刻む。

肉体と精神と心を宿す生命に。

更に、見えてくる。

見えないものが見えてくる。

無明の中で見えずに生きている人間達。

見ようとせずに生きている人間。

その人間達が生きる社会。

生きる道。

その道を進むための己の足元を照らす灯り。

自由に生きるための羅針盤。

その確かさを示す灯台。

足元を照らすことの出来ない人生。

自由に生きるための羅針盤の無い人生。

その確かさを示す灯台の無い人生。

それは、私の生きてきた道。

それは、私の過去の人生。

目的地の無い人生は、その通過「点」さえない人生。

己の人生の終着「点」を、人生という「線」でつなぐことのできない人生。

見えないものを見えないままで生きてきた。

見ようとせずに逃げてきた。

見えないものを見ようとすること。

生きることに灯りを求める。

己の現実を生きる無明なる世界に、絶対に消えることのない灯りをともす。

生きてきたことの悩みと苦しみと迷い。

それは、私の大切な宝であり、これからを生きていくための力。

心に確かな灯りを持つことの大切さ。

人間が「今」という現実を生きる社会に必要なもの。

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

本因妙 | [2010-11-06(Sat)] | Trackback:(0) | Comments:(2) |-

思いはきっと伝わる、決してあきらめない!

人間に対する感受性、人間の心に対する感受性。

こんなに自分の心が、人間に対して感じることが出来る喜び、苦しみも悲しみも、そして、生きることの辛さも。

悩みも迷いも全部が、私の心を開いてくれた。

小さなことにも喜びを感じることが出来る。

現実を生きることの辛さの中にもありがたさを感じることが出来る。

いきることの辛さに涙を流しながら、生きていることに感謝ができる。


大切な人への伝わらない思い。

でも、決してあきらめることは無い。

伝えたくても伝わらない思いがあるからあきらめず頑張ることが出来る。

いつかきっと伝わる。

そして、その方法を決してあきらめず、己の道を開く。

知恵を磨く。

人間の思い。

共感と同感。

そして、同苦。

あきらめず自分が苦しん分だけ、人間を知ることが出来る。

あきらめず己が悩んだ分だけ、知恵を磨くことが出来る。

生きるということ。

生きているだけでありがたい。

分ってほしいけど、わかってもらえない。

そのもどかしさ。

伝わらなくてもいい。

きっと、きっと。

・Righteous Brothers-Unchained Melody



【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

本因妙 | [2010-11-04(Thu)] | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*