人間の中身とは、現実を生きる過程で練り上げられていく


人間の中身とは、現実を生きる過程で練り上げられていく

中身とはどのようにして作られるのだろうか?

人間の中身とは、シュークリームのカスタード、餡子。

そのあんこの中身は、職人の熟練した長年の技の集大成みたいなものであろう。

何度も何度も失敗して、研究して、縦と横の比較をして、己の舌、感性を磨いて更によいものを作る。

しかし、その良いものを求めるという、高めるというその心、生命力、モチベーションはどこから生まれるのであろうか?

どこから溢れ続けるのだろうか?

己の中のあんこを練り上げ、一つの求める到達点へ向かう、完成という結果へ辿りつく道程。

それは、与える為。

美味しいものを食べてもらう為。

その職人の課せられた使命のほとばしりなのかも知れない。

世の中、与える者と与えられる者。

それは、その人間が生きていく過程によって、移り変わる。

高いものを常に求める人間は、与えられるものから、ただ受け取るものという未熟な存在から、与えることの出来る人間への成長という気づきの連続によって、あんこの中身を練り上げ、作り上げていくことが出来る。

でも、世の中の人間は、どうだろう?

シュークリームの外の側だけばかりに踊らされ、中身の味を確かめもせずに、騙されている人生を生きて終える人間がいかに多いか!

現実に起こる悲しい事件や出来事は、そのような、人としての中身を作ってこなかった人間達の原因と結果を象徴的に映し出していないでしょうか?

作られた、ごまかしだけの人生ではダメ。

受け取る人生から、与えることの出来る人生は、人間には生きていることの出来る賞味期限、消費期限は、有限なのだ。

生きることの意味に気がつける人は、幸せ。

生きることの上で中身とは何かを研究し、考え、知ることは、大切。

人生の後半になって、中身の無いものが、与えなければならない時になって、与えるものの無いことに気がつくことの情けなさと愚かな過去の人生を振り返る時の空しさ。

そんな人に出来ることは、人を誉める、人を誉めること。己の人間としての空っぽさは、人を誉めるべきところをみつけることによって、埋めることが出来るであろう。

己の中身の無さを、嘆くのであれば、人の中身を誉めればよい。

その時に、気がつけることがやって来る。

建設は死闘、破壊は一瞬。

小手先の策や方法に溺れる。

時間をかけて積み上げてきたものが、一瞬にして崩れ去る。

なんて人間は愚かなんだろう。

小異を捨てて大同につく。

過去をしっかりと省みて、しっかりと未来を見つめて、現実を判断する。

建設の為の死闘を決して無駄にしてはならない。

人間と人間。

歴史は繰り返す。

桜梅桃李。

今を生きる。



人間 | Trackback:(0) | Comments:(1) |-

人間としての「器」:にっこり爽やかに笑って受け流せる


人間としてのまっすぐな生き方。

桜梅桃李。

悔しい思い。

一球入魂。

至誠、天に通ず。

どこまでも、とことん人間らしい生き方を求める。

より、人間らしく生きることに突き進む。

諦めない。

わたしが私らしく生きるために。

生きることに無駄なことは何もない。

今を生きるということが苦しい。

今を生きるということが辛い。

そして、今を生きるということが楽しい。

感謝と報恩。

誠を尽くす。

至誠、天に通ず。

人と人との人間関係において、クヨクヨして傷つくことが多い。

いちいち相手の言葉尻に目くじらを立てず、動じることなく、右から左に爽やかに、にっこりと笑顔で笑って受け流せる人間として器。

風のようにしなやかに、大河の流れのようにおだやかに。

幸せでありがたい。

幸せな気持ちをありがとう。

こんなわたしが、こうして今を生きていられる。

ありがたくてしょうがない

うれしくてしょうがない。

伝えたい。

この気持ち。

感謝の気持ち。

報恩の誠。

桜梅桃李。

今を生きる。



報恩感謝 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【上善如水】:高きから低くきへ逆らわず穏やかに生きる人間の変化


「上善如水」

じょうぜんみずのごとし

老子の言葉。

人間っていうのは、生まれて頂上まで上り詰めたら、あとは下るだけ。

その下りをどんなふうに生きるか。

上り詰めるまでの生き方。

そして、下りきるまでの生き方。

人間として生きることのあり方。

変わることのない人として、人間の変化を知る人生。

妙法。

桜梅桃李に今を生きる。


※ちなみに、上善如水っていうお酒の銘柄がある。




上善如水 
「上善(生き方)は水の如し。 水は善(よ)く万物を利して争わず、衆人の悪(にく)む所に居(お)る。
故に道に幾(ちか)し」 もともと理想的な生き方は、水の流れのようなものである。
水は万物に恩恵を与えながら相手に逆らわず、 人のいやがる低い所へと流れていく。
だから「道」の在りように近いのである。」
(守屋洋著「この一冊で古典がわかる!」三笠書房155頁より)



2012/9/28


■人・言葉 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

宇宙=生命=仏(神)=心の師=妙法


自分の力に目覚めること。

自分は自分である。

自分が自分であることを悟る。

自覚、覚醒。

常に頭を働かせること。

疲れた体に栄養を補給するための題目。

今やるべきことを100%以上やり切ることが大切。

そこから道が開ける。

今を中途半端に生きてなんで未来があるというのでしょう?

こんなところで終わってはいけない。

この程度の仕事位完璧にやり切らなくてどうするの?

万事、シミュレーションです。

頭の中で完結させることが大切なのです。

人間の姿で結果を残すことが大切なんです。

思う事と考えることとは、別物?

相手の人を見るな、相手の人を見ろ。

人は自分の心の中にしか存在しない。

心が無になれば、相手の人を見なくても済む。

人間の性能を殺すもの 心

味とは個性である

その個性を良い面として引き出すのが生命である。

人間の本来の性能を引き出すもの 生命

使い物になる人間、使い物にならない人間。

この役立たず。

自分のイメージをどこまで高めることができるか。

現実。

心の師とは、自らの生命である。

自らの仏。

妙法とは、自らの生命に届く祈りよって願いが叶う。

「無」になるのは正しい。

妙法に南無すること。

「南無」して心を無にする。

己のご本尊に向かうことを一心不乱の祈る。

祈りとは自らの心を無にして、人間を正しく動かす生命を動かす宇宙の扉を開くこと。

宇宙=生命=仏(神)なのである。

心の師を妙法に向かって誓うのだ。

私の生命こそ心の師なのだ。

心の師となる。 

心の師となることが妙法の目的。

自分の心に支配されない。

自分の心を支配する心の師。

己の生命。

絶対的な自己を確立する生命。

悟りを開く。

その祈り。

祈りとは、己の心を無して、生命の仏を開く作業だ。

祈りとは?

自分の心に支配されない心の師。

自分の心を支配する。

それは「己の生命」のことである。

心の師を確立するのが、この信仰。

そこに絶対的な自己を確立する作業。

そのように思想する己の心を信じる。

信じる心。

信心。

信じる心を生命の扉を開く作業によって確立する。

祈り。

だから祈る。


祈りを間違えば、人生を無駄にする


生命とは?

己という今を生きる人間の姿に、己の自己を確立させる。

哲学の根本を確立させる

それは、生命。

生命が全てをコントロールする

心を無色透明する。

自分のイメージの世界。

完成された世界を創り上げる

自分の信心。

信心とは宗教にあるのではない。

己の心に存在する。

その信心を確立するもの。

人間に人として与えられた生命。

全ては私の生命に帰属する。

一対一の勝負。

勝負は、相手を見る事から始まる。

自分はしっかりと相手を見つめる。

その人間がどういう人間なのかを、相手の全てから見ようとする。

でも、相手も自分のことを見てるんだ。

わたしという人間を見ている。

その関係。

一人だけで生きていけないのが人間。

今日は、勝負だな。

桜梅桃李。

今を生きる。



生命 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【優しは力なり】:やさしくなれる自信


父は、いつもわたしの中にいる。

笑顔の父。

父は、いつも私の心の中にいる。

父の笑顔。

でも、会いたい。

父ともう一度、話をしたい。

そう思うと、悲しくなって涙が出てくる。

父は、やっぱり死んだのだ。

生きて話ができることは、もうない。

父は、死んだ。

でも、父は生きている。

わたしが生きている限り、ずっと生きている。

わたしの中で父は生きている。

さみしいよ。

人のために灯をともせば、我がまへあきらかなるがごとし

父のお蔭で優しくなれるような気がする。

本当の勇気を教えてくれた。

大切にして生きていくよ。

ありがとう。


家族 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

創価は「裸の王様」「本音」と「建て前」を巧妙に操る組織


わたしの心の中はどんな時でも自由でありたい。

世の中、社会、職場では、わたしの心の中に思ったことを自由に表現することはできない。

本音と建て前の社会。

本音を「嘘」という建て前でお上手に隠したり、オブラートにやさしく包んだり。

世間というのは、ややこしい。

そのややこしさを、大人社会で身に着ける。

一般社会で自分の心に思ったことを、ストレートに伝えることは、自由、気まま、我儘な人間として、世の中、世間の反分子として、扱いにくい人間としてレッテルを貼られる。

反分子で何が悪い!

大人は嫌いだ!

なんて言いながら、そのまま大人になった。

世の中は生きにくい。

所詮、創価も世の中、世間の延長線上にある。

結構、大人として本音を建て前を上手に使い分けながら生きることが出来るようになった。

でも、わたしは組織というものが大嫌いだ!

一人の人間を生かすも、殺すも組織。

社会、世間、世の中。

「世界に一つだけの花」

本音と建て前。

真実は?

本当は?

嘘なの?

せめて、創価という場所だけは、自らの生命に従って生きることの出来る組織であってほしい。

自らの信仰心に従って。

桜梅桃李。



矛盾・嘘 | Trackback:(0) | Comments:(2) |-

「敬老の日」と「父の誕生日」


今日、9月の第3月曜、17日は「敬老の日」。

そして、9月19日は父の誕生日。

もう、この世にはいない父の誕生日。

でも、今は、父が生きていた時よりも「敬老の日」に何かしてあげたい、父の誕生日を祝ってあげたいと感じる。

父のことが愛おしい。

この気持ちは後悔のだろうか。

生きていれば、父に対してもっとしてあげればよかったと思うことはある。

でも、後悔だとは思いたくない。

父と一緒に毎日を生きた。

寂しいけど、一区切りついたときに感じた充実感。

お父ちゃん、頑張ったね。

お父ちゃん。

父に対する思いは、父が生きていたころよりも強くなった。

今日は、「敬老の日」。

9月19日は、父の誕生日。

81歳の誕生日を迎える。

妙法。

桜梅桃李人生。

今を生きる。



家族 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

過去も未来も全部、「今」というこの瞬間にある


わたしが生きてきた足跡。

軌跡。

過去。

わたしがこれからを生きる未来。

明日。

現在。

「今」を生きる。

今を生きている。

わたしが、私として生きる。

わたしが生きているのは、「今」というこの瞬間。

過去も未来も全部、「今」というこの瞬間にある。

現当二世。 

去を最高の宝に変える今を生きる哲学。

過去にこだわり生きてきた。

もう、わたしの過去は、私の中で清算されたのだろうか?

でも、わたしの中で大切なことは、今を生きるということ。

今というこの瞬間のわたしを生きるこということ。

今を生きているこの瞬間こそが最も大切。

過去も未来も、全ては現実を生きるという、今、この瞬間の為にある。

大切なのは今。

生きてきた過去を最高の宝に変える。

過去の後悔を未来の希望へ変化させる。

勇気を試されている。

今、わたしという人間のこの瞬間を試されているんだ!

自分の不可能への挑戦を諦めない。

今を生きる意味とその価値。

自分の為に生きればいい。

人の為に生きることに疲れたよ。

わたしは、そんな人間じゃあない。

自分の為に生きるだけで精いっぱいだ。

自分をこれ以上、殺し続けることの毎日にいったい何の意味がある?

いや、自分を殺しているわけじゃあない。

わたしの中の苦悩。

わたしの中の葛藤。

楽しい闘い。

負けていい。

負けたっていい。

だって人間なんだもの・・・。

人間として今を生きることは、現実を生身で生きるわたしと私の折り合いをつけることの毎日でもある。

負けたっていい。

負けて勝つ。

負けも勝ちも無い。

人間として生きているわたしって一体、何なのだろう?

今を生きる意味。

今を生きる価値。

桜梅桃李。

今を生きる。




本因妙 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人のために火をともせば、我がまへあきらかなるがごとし


自分が何の為に生きているのかわからない。

「人に物をほどこせば我が身のたすけとなる。

たとえば、人のために火をともせば、我が前明らかになるがごとし」

(食物三徳御書)



自分の目の前に確かな明かりが灯せない。

父が大切にしていた大聖人御書の一節。

父の亡き後、私が「今を生きる」事。

その意味。

父が大好きだった「桜梅桃李」の言葉と共に、

「人のために火をともせば、我がまへあきらかなるがごとし」の御書の一節を父の遺言として、生きていきたい。

一人ひとりが仏の生命を持つ。

わたし自身の境涯革命。

今を生きることの意味。

明日を生きる価値。

今日を生きた証である私の過去の宝。

人のために火をともせば、我がまへあきらかなるがごとし

昨日よりも今日、今日よりも明日。

人間として生きる道。

人生。

自分の言葉に責任を持たねばならない。

責任を持たなくても、必ず、その責任を取らなければならない時がやってくる。

わかっている。

わかっているけど、わかっちゃあいない。

己の中の傲慢。

その責任。

原因と結果。

自分を苦しめるのは、自分以外の誰でもない。

自分が生きていること全てが自分を苦しめることになる。

自分が生きていること全てが自分を解放することになる。

どこまでも、どこまでも、己の中に巣食う傲慢。

バカだから仕方がないね。

人に頼る生き方は嫌だ。

だからと言って、人間、一人で生きられるわけがない。


『人のために灯をともせば、わが前明らかなるが如し』


そんなことない。

でも、その通りだ。

そうでなくてなくてはならい。

そうして生きられることが最高なのだ。

人間として確かな哲学に基づいて生きる最高の生き方。

最高の生き方こそが、当たり前の生き方。

でも、わたしには、出来ないよ。

まだ、まだ・・・。

昨日よりも今日、今日よりも明日。

あきらめないよ。

そんな風に当たり前に生きている人がいる。

毎日が当たり前の人達がいる。

感謝。

「情けは人の為ならず」

ほんの少しの御裾分け。

功徳(くどく)っていうの?

福運(ふくうん)っていうの?

足さない。

引いたりもしない。

なにも期待しない。

今を生きるということ。

世の中、社会に対する貢献。

恩返し。

感謝と報恩。

真心。

人の面倒を見た分のほんのわずかなおすそ分け。

死。

わたしが生きた全てがそこにある。

桜梅桃李。

わたしが私を生きられる。

より、私らしく。

生きているだけで丸儲け。

謙虚に生きる。

桜梅桃李。

今を生きる。



人のために火をともせば・・・ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント