【YELL】:「あなたを信じられる」わたし自身を生きるための信仰


絶対に諦めない。

信じるということを止めない。

私が私である為に。

あなたを信じる。

あなたを信じきることが、私に与えられた信仰の証となる。

わたしを信じきることが出来る。

きっと出来る。

不可能なことなんかじゃあない。

でも、わたしには、とっても難しい。

YELL。

きっと、きっと、信じてる。

わたしの弱さ。

今を生きるための信仰。

わたしの中にある。

YELL。

信じてる。










桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【桜梅桃李】:どこまでも自分らしく、私らしく現実社会を生きる

仏法は「桜梅桃李」。


「自分らしく」進もう!


人と比べるのではない。


真っすぐな信心に最高の力と個性が輝く!




これは、8月25日の聖教新聞の「わが友に贈る」に掲載されていました。



母が、聖教新聞の切り抜きを毎日していまして、わたしにその切抜きをくれたのです。



桜梅桃李。



この言葉は、私がとても大切にしている言葉・・・。



だった。


そう、大切にしている言葉なのに、忘れかけていたのです。



一番、大切にしている言葉なのに。





一人ひとりの個性。



人間が生きるということ。



桜梅桃李を生きるということが、現実の社会の中で、どれだけ難しいことか。




いつの間にか、わたしは、あきらめかけようとしていたのです。



そんな時に、母から手渡された聖教新聞の切り抜き『わが友に贈る』。



それぞれが生きている現実の社会で「自分らしく生きる」というこは、とても難しい。



人間社会の中で感じる様々なストレスや軋轢、壁や困難。



人間らしさとは何か?



人間らしく生きる事さえ不可能とも思える社会の一面。




「自分らしく生きる」というこなんて、一人だけで生きていくことが可能ならば、まだしも。



人間は一人では決して生きてはいけない。



その中で、自分らしく生きるということを意味する桜梅桃李。



桜梅桃李を生きる。




それは、まさに、自ら望んで得ることのできたこの妙法という信仰を生きるということ以外にはありえない。










桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

【妙法】:世間ずれして心が干からびて「辛さの倍返し」

「世間ずれ」することは、人間がこの世を生きるためには、とても大切な事。


今を生きることはとてもつらい。


辛いことから人間は誰しも逃れたいと思う。


でも、現実には、辛いことから逃れることはできない。


逃げれば、逃げるだけ、より一層、辛いことが追いかけてくる。


辛さから逃げれば、その辛さは・・・・。


「倍返しだ!」


だからといって、「やられたらやり返す!」なんていうわけではない。


最近、「世間ずれ」してしまって、心が干からびってしまってるようだ。


心にも水遣りが大切。


心に大切な水遣りって何だろう?


「じぇじぇじぇ!」


「お前、しらねぇのけぇ?」


忘れてる。


忘れてる。



置き去りにしちゃあだめだよ。



わたしが今を生きるための哲学。



妙法。



世間ずれ」という言葉の意味について


「日本国語大辞典 第2版」(平成12~14年・小学館)

せけん-ずれ【世間擦】 実社会で苦労して,世間の裏表に精通し,悪賢くなること。

「明鏡 第2版」(平成22年・大修館書店)

せけんずれ【世間擦れ】〔名・自サ変〕 実社会でもまれ,ずるがしこさを身につけていること。「まだ―していない青年」「―のした男」 [注意]世間からずれていることの意で使うのは誤り。

 辞書が示すように,「世間ずれ」は,世間を渡ってもまれてきた結果,ずる賢くなっているという意味です。「ずれ」は漢字を当てれば「擦れ」であり,「明鏡」が指摘しているように,「世間からずれている」という意味ではありません。「日本国語大辞典」で「ずれ」を引いてみましょう。

「日本国語大辞典 第2版」(平成12~14年・小学館)

ずれ【摩・擦・摺・磨】《語素》(動詞「すれる(摩)」の連用形から) [3]名詞について,そのものと長いこと接して慣れが生じる意,また,そのために純真さやまじめさが失われる意を表す。「世間ずれ」「人ずれ」「悪わるずれ」など。

 社会で経験する様々な摩擦や人との接触に慣れ,その結果,元々の純真さを失ってずる賢くなる,というのが「世間ずれ」です。文化庁









妙法 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人間の中にある埋める事のできない深くて暗い溝


男と女の間には深くて長い溝がある

という台詞で始まる「黒の舟歌」という曲。

サザンの桑田圭祐さんがカバーしてます。

人間の中の深くて暗い溝。

そんなものなんてできればない方がいい。

あまりに深くて埋めることが出来ないよ。

一体、この溝、どうすれば埋めることが出来るんだい?

突然、自分ではどうすることもできないほど落ち込むことがある。

誰も分かってくれない、誰にもわかってもらえない。

もう、どうすることもできないほどの暗い溝。

深く、深く、そして、暗く。

人間の中の暗闇。

耐えられないほどの苦しみ。

そこから逃げる事なんて生きている間はできやしない。


世相・雑感・コラム | Trackback:(0) | Comments:(2) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*