桜梅桃李に今を生きる


わたしが生きている。

わたしが生きていることを感じることが出来るのは、今があるから。

「今」を生きているから。

目的を明確にする。

動く。

決意して動く。

「今」というこの瞬間を無駄にしない。

与えられた時間。

全ての「今」。

今生きていることを楽しむ為に。

「今」を生きるのが人間。

一人の人間にとって、「過去」も「未来」も「今(現在)」というこの瞬間のみを生きる為にある。

それが全て。

今、生きている。

今を生きるのは何のため?

今を生きるのは、明日を生きる為。

だから今を生きる。

現在、過去、未来。

「過去の因を知らんと欲せば 其の現在の果を見よ 未来の果を知らんと欲せば 其の現在の因を見よ」

今、成すべきこと。

今、しなければならないこと。

今、始めなければならないこと。

言葉が、人間を動かすのだろうか?

動いたことが、言葉になるのだろうか?

わたしが私らしくいきるためのメモ帳。

久しぶりに書きたくなった。

書かなければならない時が来た。

自分がまた、大きく変わることが出来る時だから。

自分の生き方の弱さを強さに変える時だから。

現実に負けてなんかいられない。

大切なのは、今を生きるということ。

一人にひとつの信心。

「助けてください」「お願いします」

信心は、他力本願ではない。

組織に頼らない信仰。

「お題目をおくりましょう。」

わたしは、霊媒師でもなんでもない。

他人を変えることは容易いことではない。

人は変えることはできないけど、自分を変えることはできる。

人を変えたいなら、自分が変わらなければならない。

自分が変わった分だけ、相手を見る目が変わる。

自分の中で信心を確立する。

人間としての自己を確立するための哲学を自らの生命に集大成させる道。

生きる事。

一日一日、後悔の無いように生きていきたい。

妙法。

桜梅桃李。

今を生きる。



今を生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

自由とは他者から嫌われることである


自由って一体なんだろう?

自由を求めると、結果的には不自由になる。

自由になるためには、他者から嫌われることだ。

世の中、社会で生きる人間には、自由などありえないのだ。


それを間違って生きたらだめだよ。

人間の不自由生きることによって、自由な人生を生きることが出来るのだ。

人間は、あなたの望む「自由」と引き換えに、「不自由」な人生を選択する結果になるのだよ。

他者から嫌われる自由。

自らの人生を「桜梅桃李」に生きることになるのだ。






桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

人間の全ての悩みは対人関係である:嫌われる勇気


人間の悩みのほとんどは人間関係といっても過言ではない。

人間社会で良好な人間関係を築くことは、とても難しい。

難しいというか、生きてきた人生のほとんどが、その人間関係から逃げてきたともいえる。

地域や職場や家族、自分がいる場所には、何らかの形で人が存在する。

現実に今を生きていく為には、決して人間関係から逃れることはできない。

人間が生きていく上でのほとんどの悩みを解決するためには、人間を理解すること以外にない。

今、目の前の事に一転集中する事のみだ。

人間関係を改善していく以外にないのだ

悩みのすべては解決できる。

解決できない悩みなど決してないのだ。

嫌われる生き方を選択すればよい。

簡単なことだが・・・。





嫌われる勇気 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

ベコニア


ベコニアが無い。

何軒かのホームセンターにある園芸ショップを回ってみたもののどこにもなかった。

ベコニアは、会館へ持っていくために地域の人が、一人、何個かを買って届けることになっている。

組織の中には、会館を飾るために、ベコニアをまとめて買ってくる担当の担当者がいる。

その担当のひとりが、高齢を過ぎたわたしの母である。

杖を突いて歩く母が、複数の人の分までベコニアの購入を任され、会館をお花で飾るためのたくさんのベコニアを足の不自由な母が買いに行く。

従ってこの時期、たくさんのベコニアが、近隣地域のフラワーショップでは売れることになる。

わたしは、学会のこういうシステムが気に入らない。

第一、母が買いにいくにも、杖を突いて障害を抱えている。

しかも、車に乗れるわけでも、自転車に乗れるわけでもない。

しかし、母は、自分で買わなければならない3個も、4個ものべニアのほかに、他の学会員の分までを含め10個以上ものベコニアを買いに走らなければならないのである。

おいっ!こら!

地域の責任者! 幹部!

年老いた母に、なぜに、こんなことをさせるのだろうと、地域の組織を運営する幹部に対して腹立たしい思いを感じる。

こんな年老いた母に、草創期の頃から一生懸命に活動をしてきた功労者に対して、もっと組織は敬意を払い、大事にしろって、言いたい。

組織の人間。

そこは廃れた信仰心の無いものばかりが集まった集団なの?

現実は悲しい。

結局、そのベゴニアは、私が何とかしなければならない。

おかしい。

どこまでも人間一人ひとりを大切に、人のために尽くすのというのではないのか?

こんなにまで一生懸命に頑張っている母をお前ら見殺しにする気か!

組織はなんのためにあるのだ?

組織の中でやってることは、仕事を都合の良い言い訳にする、単なる連絡係。

ボロボロじゃあないか。

組織の中にいるのかね?

人材と呼べる人間が?

やい!おまえら!

でっかいだけの巨大組織の上に胡坐をかいて、人の心も理解することのできない高慢ちきな金集め集団になってしまうのかい!

嫌だね~、組織人間は・・・。


※ベコニアと「ベゴニア」では、「ベゴニア」が正しいようです。



スイカぺぺを枯らしてしまった。

暑かったので、水遣りを注意していたけど、逆に水を与えすぎてしまった。

折角、姉がくれたスイカペペ。



申し訳ない気持ち。



宗教 | Trackback:(0) | Comments:(2) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*