「妙」とは蘇生の義なり:桜梅桃李に生きる


妙とは蘇生の義なり蘇生と申すはよみがえる義なり

人生の羅針盤。

生命。

一生成仏。

行学は、信心よりをこるべく候

行学絶えなば仏法あるべからず

病の起こりを知らざる人の病を治せば弥よ病は倍増すべしこちら(高原の憂鬱)

無限の希望。

妙法。

桜梅桃李に生きる。



桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

呪いの終着駅。:桜梅桃李に生きる


電話の先の母の声。

その声は泣いている。

なぜ、私は、こんな人生をあゆまねば、ならなかったのだろう?

こんな人生・・・。

全ての不幸を背負ために。

呪いの行き着先、その場所。

それが、わたし。

ここで、終わる。

呪いの終着点。



桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

桜梅桃李に生きる:原点


現実を生きることに対する苦しみ、悩み、迷い。

その果てにやってくるもの。

絶望。

そして、希望。

人間とは何だろう。

生きることは、何だろう。

自分とは、何だろう。

肉体と精神。

その存在を支えるもjの。

生命。

桜梅桃李に生きる。

その原点。

南無、妙法。




桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*