必ず道は開ける:大事なことは、自身の境涯の革命だ


「大事なことは、自分の境涯の革命だ」

「(境涯が変われば)逆境も、苦難も、人生のドラマを楽しむように、悠々と乗り越えていくことができる」


 「13の半分は?」。教師が生徒に尋ねた。「6と2分の1」「6・5」との答え。「そうだ。ほかには?」。誰も答えられない。教師は、「もう答えはない」と思うかもしれないが、「もっと考えよう」と促す。

すると、数字の文字を分けて「1」と「3」。一人が答えると、突破口が開いた。英語の綴り、ローマ数字、2進法で考えたり、黒板に書いた「13」を上下半分にしたり。きりがない。そして、「答えはない」と思っていたのが、思い違いだったことに気付いた(J・フォスター『アイデアのヒント』)。

常識的に考えれば「もう答えはない」と思うだろう。だが、「必ず別の答えがある」と、視点を変えたら、新発見が次々と出てきたわけである。地表から見れば高く見える壁も、空からは、低く見える。一本の線にしか見えないこともあろう。同じように、物事は、とらえ方、見方によって、千差万別だ。プラスにも、マイナスにもなるものだ。

池田名誉会長は「大事なことは、自分の境涯の革命だ」「(境涯が変われば)逆境も、苦難も、人生のドラマを楽しむように、悠々と乗り越えていくことができる」と。必ず道は開ける、開いてみせる――そう心を定め、きょうも朗らかに勝ち進みたい。(申)
(聖教新聞 - 名字の言より)






名字の言 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

妙とは蘇生の義なり:桜梅桃李に生きる


何度倒れようとも、立ち上がる。断じて立ち上がって見せる。

この究極の力こそ、不屈の信仰なのだ。

経済苦や仕事の悩み、家族の課題、人間関係、病気の再発、更には、自然災害など、人生には、これでもかと塗炭の苦しみのうち続く難局がある。

しかし、その時が、まことの信心が試される時だ。

「いよいよ強盛の信力をいたし給へ」

題目と唱え抜き、負けじ魂で立ち向かっていくのだ。

「蘇生の義」の妙法である。「絶対勝利の信心」である。打開の道をみいだせないわけがない。

大白蓮華 2016/12 巻頭言「我らは不屈の朗らか長者なり」より



信じることの大切さ。

信じることの強さ。

今を生きることの意味。

自分に勝つための信仰。

己を信じることの出来る正しい法。

「妙とは蘇生の義なり 蘇生と申すはよみがえる義なり」

桜梅桃李に生きる。



妙とは蘇生の義なり | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*