人間の価値を創造する心の師:「生命」でありのままに生きる

albert-einstein-219675_640.jpg

人間は人間である。

「人間」は「人間」以外の何者(物)でもない。

人間は人間。

人間が人間として生きる。

人間が人間であることの意味。

その価値。

人間が人間として生きる意味。

その価値。

人間が、より人間らしく生きる為の思想。

価値を創造する。

今を生きる為の哲学。

限りなく高く見える山も、必ず乗り越えられる。

「心」とはそいうものだ。

全ては心。

心は自由自在。

心は「無」となることもできる

心を無にして「生命」で人間を生かす。

宿命を使命に変えることのできる法。

私はその心の「師」となる。

心は私ではない。

心の「師」こそが本来の私という「生命」なのだ。

自分に与えられた道。

自分の人生。

自分らしく生きる為の人生だ。

自らの人生を悠々と生きる。

世の中の自然を支配し、理解するための法則を物理と科学に求めたアインシュタイン。

そのアインシュタインは晩年、物理学や科学だけでは宇宙や人生の究極のものを得る事が出来ないと悟り、その根本の解決法として東洋の宗教に期待をかけていたといいます。

人間とは?

桜梅桃李。

今を生きる。



人間 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント