母という親へ子として「さじを投げた」瞬間


無意識に蓋をしてしまった過去・・・。

「何を言っているの?」 そんな目で見られたあの時に、

「もう、母に何を言っても無駄だ。」と諦めてしまった。

あの時に私は、私にも諦めてしまったのかも。

親からさじを投げられて、そして子が、親にさじを投げた瞬間だった。

私は、あれ以来、母に対して何も求めなくなった。

それまで、どうしてあんなに母に対して、ぶつかってきたのだろう?

母に対して、信仰や学会活動に対して口出しばかりしていた。

母は、私の言うことなど、一つも真剣に取り合ってくれなかったように思うし、私の苦しみや悩みなど考えてもいなかったのかもしれない。

ただ、姉と妹に対してのみ、自身の信仰と学会活動の結果の全てを求めていたような気がする。

淋しかった。甘えたかった。

結局、構って欲しかった。

どうにかして、私の気持ちに気付いて欲しかったのかもしれない。

妙法。

桜梅桃李。

今を生きる。



母へ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*