「よからんは不思議、わるからんは一定とをもへ」:大聖人御書


彼のあつわらの愚癡の者ども・いゐはげまして・をどす事なかれ、彼等にはただ一えんにおもい切れ・よからんは不思議わるからんは一定とをもへ、ひだるしとをもわば餓鬼道ををしへよ、さむしといわば八かん地獄ををしへよ、をそろししと・いわばたかにあへるきじねこにあえるねずみを他人とをもう事なかれ、此れはこまごまとかき候事はかくとしどし・月月・日日に申して候へどもなごへの尼せう房・のと房・三位房なんどのやうに候、をくびやう物をぼへず・よくふかく・うたがい多き者どもは・ぬれるうるしに水をかけそらをきりたるやうに候ぞ。(聖人御難事:P1190)



良(よ)からんは不思議、悪(わる)からんは一定(いちじょう)と思え

現実を生きることが、辛いだとか、苦しいだとか思った時、思い出す。


人生、悪くて当たり前。

また、悪いことが、悪いことは限らない。

感謝の気持ちを忘れない。

現実を受け止める謙虚さを失わない。





謙虚さ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*