人の心は自由だからこそ一つになれる:桜梅桃李

人間は、不自由な中を生きなければならない。

人間に与えられた生きることの試練。

現実は厳しい。

現実を好き勝手、自由に生きることは許されない。

不自由な中で現実を生きることに許された、自由に生きることの出来る人間の心。

何でもできる。

何ぼでも好き勝手に生きることの出来る心。

心こそ大切なれ。

心は自由だからこそ、最高の不自由さえ獲得することが出来る。

人と人が一つになれる心。

心こそ大切なれ。


「蔵の財よりも身の財すぐれたり身の財より心の財第一なり」


現在、過去、未来。

今を生きる。

三世にわたる生命の因果の理法。


妙。


桜梅桃李。




桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*