願兼於業・衆生所遊楽・常楽我浄:生命(いのち)の喜び

niagara-218591_640.jpg

生命(いのち)の喜び。

人間は、なぜ「苦労」を求めるのか。

願兼於業

そこに喜び、命(生命)の歓喜があるから。

乗り越えた苦労に、人間がより人間らしく生きた、人としての命(生命)の喜びを体得(知る)することが出来る。

人間の喜び。

歓喜。

「歓喜の中の大歓喜なり」



苦は楽の種。

人の苦労を知ることは出来ない。

しかし、命(生命)の苦労は、人間の姿に現れる。

苦労は、苦労ではない。

苦労を厭うのは、人の心。

苦労を使命と、苦労を人間革命の種と変えて行けるのは、命(生命)。

人間をより人間らしく生きる為の絶対的幸福な境涯。

それは、人を生きる事ではない。

人間として、命(生命)を全うすることである。

今を嘆いてみたところで、何一つ現実が変わることはないのだ。

後悔しない。

生きているんだ。

どうしたって生きるしかないのだ。

人間が生きること、それは、人として生まれた故の与えられた使命だ。

そして、私という存在が厳然として存在している。

過去、現在、そして未来。

後悔は、絶対にしない。

ありのままを受け入れる。

受け入れなければ、前には進めないのだ。

全部、そうなっているんだ。

信じることの正しさ。

そして、信じたことの正しさ。

それを証明するものは、今を生きるわたしという一人の人間。

だから、それでも生きる。

だから生きなければならない。

願兼於業。

衆生所遊楽

常楽我浄。

人生。

桜梅桃李。



願兼於業 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント