正しいと信じているから生きられる:桜梅桃李

人が生きることにおいて、何が正しくて何が間違っているかなんてこと、

本当は、誰もわからない。

正しいと信じているから生きられる。

人間が生きるという正しさの価値基準。

思想。

信念。

常識を打ち破るには、爆発させるしかない。

妄想の宮殿。

迷宮。

言葉が足りない。

人の精神が人間を越える。

可能の先に限界がある。

限界を超えたところに不可能がある。

その不可能を越えられるものは、正しいと信じているから生きられる人なのだ。

妙法。

桜梅桃李に生きる。



桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*