人は、仏にも神にもなれる:桜梅桃李を生きる

母の姿。

それは、無だ。

何ものにも動じない。

己の生きる姿全部をありのままに受け止める。

私が生きてきた道。

振り返ってみる。

これが道なのだろうか?

道を歩いてきた。

兎に角、私の生きてきた道がある。

そして、これからを生きていく道。

人間を生きる道に必要なもの。

「真心」や「愛」「情」という言葉は、死語になってしまうのだろうか?

心は、私という人間を動かすためのだけの道具ではない。

真心、愛、情。

人を生きようとすればするほど、深くなる。

人生を純粋に生きようとすれば、そこには愛が必要になる。

人をどこまでも信じる心。

人間の未熟さ、不完全さ。

現実をより正しく人間として生きているかどうかを自己に問い続ける人としての人生を生きる。

人間として正しく生きるための人としての生き方に道理を求める。

人は、仏にも神にもなれる。

妙法

桜梅桃李を生きる。



桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*