「あなたの宗教に卒業はないのですか?」:桜梅桃李を生きる

他力本願のお願い信仰か?

自立できない信仰とは?

棚ぼた式のおすがり信仰の信心では、いつまでたっても宗教から卒業できない。

宗教は人を奴隷にする。

あなたの宗教には卒業はないのですか?

卒業。

なんにでも卒業というものがある。

生きるコツ。

資格試験で合格。

森を見て、木を見ず。

木を見て、森を見ず。

組織の常識は、世間の非常識。

奇跡なんて絶対のおこらなという人には、絶対にやってこない。

じゃあ、なんで奇跡という言葉とその文字があるのだ。

奇跡とは起こるから奇跡なんだな。

そんな思いは重たいんだよ。

義務を果たさず、権利ばかりを主張してはいけない。

物事の道理をはきちがえている人だ。

当たり前に人間を正しく生きる事は難しい。

難しくしているのが人の心だ。

人間が生きる正しい道筋においては、誰しもが絶対服従なのだ。

人間世界は不自由なのだ。

それが当たり前というものなのだ。

人間が生きる不自由な世界を自由な世界と勘違いして、人として生きようとするから苦しまなければならない。

馬鹿な宗教に洗脳されて、足枷をされ、利用され、いつまでも奴隷のように心を支配され続ける結果になるのだ。

人は、それぞれなんだ。

妙法。

桜梅桃李を生きる。



桜梅桃李 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*