泰葉、泣いて笑って爆発炎上で人間らしさを取り戻してね:動画


この人は、父林家三平のDNAを一番強く受け継いでいる人ではないのだろうか?

   ・林家三平 - Wikipedia

積もりに積もった、ために溜めてきたもの。

一つのことがきっかけに、堰をきったかのように、とめどなく流れ出す感情。

この人が、人間らしさ、自分らしさを取り戻すための行動だったのかなあ。

人間らしい反応の、一度にほとばしりでた結果。

こんな素直な人が、今まで、その素直さを、素晴らしい父、三平さんの慣性をずうっと外に出せず、貯めてきたのだろうと感じました。

偉大な尊敬する父、大好きな父、そしてその父を支えた立派な母をかがみとして来た娘として。

自分を殺して生きてきた答え。なのかなあ。


人って、ひとりの私の人格だけで生きるってことは、難しいことなのだなあという思いに駆られました。

でも、まだ、まだ。

この人のエネルギーの放出は、これだけでは収まらないような気がします。

ちょっと、聞いてて、涙が出ましたけど。

でも、やっぱり、お嬢さんなのか、どこかに大人になりきれていない部分の我の強さと弱さを感じました。

「ホントに、仕方がない娘だねえ。」っていう感じ。ですか?

泰葉、泣いて笑って“終結宣言”

元夫で落語家の春風亭小朝に対する非難で騒動を巻き起こしている歌手・泰葉が会見し、“終結”を宣言した。泰葉は小朝に対し、自身のブログで「金髪豚野郎」と激しく“口撃”していたほか、250通を越える“脅迫メール”を送っていた。発端は泰葉がプロデュースしていた来年3月の明治座公演「林家三平物語」。演出・出演する予定だった小朝がキャンセルしたため、辞めた理由を問いただすうちにエスカレートしたと説明。母・香葉子さんまでが騒動を謝罪する事態になっていたが、27日に直接小朝と電話で話ができたという泰葉はすっきりした表情。約1時間に及ぶ会見では泣いたり笑ったり毒を吐いたりしながら経緯を説明したが、最後は「小朝さんを三遊亭円朝にしてください。それが私の願いです」と主張、とことん泰葉ペースだった。
出席者:泰葉
日時・場所:2008年10月29日;アパホテル日本橋駅前(東京・日本橋)
GyaOニュース - 泰葉、泣いて笑って“終結宣言”





■世相・雑感・コラム | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント