「運命」は自らの手によって開く


生命の大宇宙をありのままに生きる

準備万端、やることはすべてやった。

あとは、生きるという自然の法則任せだ。

私の生命のありのまま。

生きるという法則の流れのままに生きるのだ。

生命の大宇宙。


法に書かれていることを、己の人生で確かめる。

哲学の法は、そのためにある。

宣伝の為には、存在しない。

なぜか?

宣伝の価値が無いからだ。

法は、人に説く為にあるものではない。

説く事が出来るものは、法を作ったものだけ。

己の中で解くもの。

解くことの出来ない人生のためのヒントを与えてくれる。


正しいかどうかを人間に問うな。

正しいかどうかを自分に問え。

信じる事によって成立する宗教。

しかし、その正しさの根拠とる根本。

本当に正しいのか?

自分を信じきることが出来ればそれでいい。

自分にとって価値のある人間になれ!

そのための人として修行を積め!

人間として役に立つ人になれ!

人間を生きる人としての正しい生き方。


自らの宿命に流されず、宿命を使命に変えて、自らの運命の扉を開き、道を創る。

自らの「運命」は自らの手によって開くことができる。

己の中の生命を映し出す鏡。

仏。

祈りとは、自身を敬う最高の儀式である。

妙法。

桜梅桃李。

今を生きる。



生き方

Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*