人の心は「真実・道理」を知ることは出来ない:生命の変革


人間として生きる道理を知る(悟る)ことができる。

物事は単純に考えればよい。

単純に考えれば、事が済むことを、あーでもない、こーでもないと、複雑(弱い)な心で考えないことだ。

人間として、物事の道理に従った単純明快な生き方。

苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに思い合せて



人間が人間として、より人間らしく、生きることが出来る道理。

苦をば、苦と悟る。

苦を滅する。

空。

解脱。

生かされている命(生命)。

妙法。

人間が仏に成れる道理。

己を生きることが出来る。

「人」の心に、真実を映し出すことは出来ません。

「人」の心に、道理を導くことは出来ません。

「人間の命(生命)」に、「真理」を導くことが出来る。

「真理」とは、何か?

「真実」の「道理」である。

人の心では、道理から真実を解き明かす真理に到達することは出来ません。

上っ面の人の心で、己の人間を正しい道理に生きる姿として、決して、真実を現すことなど出来ない。

だから必要。

その真理に到達することの不可能を、可能するものとは?

薄っぺらで頼りない「人の心」から、人間の命(生命)に届く「信仰」。

一人に一つの「信心」。

人間の命(生命)を変革する。

人間をより人間として生きることが出来る、仏になる、神になる。

人間革命。

その錬金術。

その真髄。

妙法。

桜梅桃李を生きる。



生き方 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント