自分とは「生命」である:自らの「生命」に従って生きる

sunlight-768141_640.jpg

自らの「生命」に従って生きよ

我思う、故に我あり (デカルト)



相手の中の自分。

自分の中の相手。

神は死んだ (ニーチェ)



神は死んだのだ・・・。

我思う。

故に我あり。


「自分」とは何か?

自らの「生命」に従って生きよ。

自分とは生命である。

自らの生命に生き、自らの生命によって、私という「人間」を生かす。

自分が生命になれば、私の肉体や精神を持つ人間という存在は、その関係性において動じることがない。

絶対的な自己を確立する。

自分とは生命である。

生命そのものなのである。

生命とは永遠であり、その自分の肉体や精神もつ人間は、自己が所有するものなのである。

言い換えれば、この世で姿形として生きる為の乗り物なのである。

自分とはもともと生命そのものなんだけれど、人間としていきていることによって、自らの生命を試されている。

その自らの生命に戻れるための場所。

原点。

人間という姿で、自分という生命を映し出すことができる。

見える世界で見えぬものを見ることができる場所。

見えない世界を見ることのできる場所。

見えない世界から見える世界を見ることのできる生命。

私。

「自分」とは何か?

私という「人」の中の心を「無」にすると、見えてくる。

「自分」とは何か?

その答えが見えてくる。

「自分」とは、「人間」を生かす「命(生命)」である。

心を「無」にする。

その哲理。

自らの生命に生き、自らの生命よって私という「人間」を生かす。

自らの「生命」に従って生きよ。

その境涯の体得。

悟り。

不可能が可能になった。

自らの「生命」で生きる。

仏。

桜梅桃李。

今を生きる。



自分とは? | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント