呪いの終着駅。:桜梅桃李に生きる


電話の先の母の声。

その声は泣いている。

なぜ、私は、こんな人生をあゆまねば、ならなかったのだろう?

こんな人生・・・。

全ての不幸を背負ために。

呪いの行き着先、その場所。

それが、わたし。

ここで、終わる。

呪いの終着点。



桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*