「人」は「人間」を生きるのだ:桜梅桃李


人は何の為に生きるのか?

人間を生きるのだ。

今というこの瞬間。

このことを間違えてはいけない。

「人」が「道理」に基づいて「人間」を生かせば、問題は起こらない。

社会や組織においては、歯車としての物の役目を果たすための性能を究め、そこに人間味を付け加える。 

職場においては、常に問題意識を持つこと。

桜梅桃李に生きる人の個性を人間として発揮する。

その「道理」。

そこに人の問題があるからだ。

その人の問題に真正面から取り組む。

それは、闘いだ。

人間を革命する人の戦い。

それは、一人ひとりの今を生きる姿にあらわれる。

妙法。

桜梅桃李に「今を生きる」。


人と会うのが苦手な人の大半は、相手と打ち解けるのに時間がかかるものだが、それは出会いの一瞬に相手に対する親愛の情を示さないからだ。

斎藤茂太(さいとう・しげた):1916~2006精神科医・著述家





桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*