己の性癖について心を開いて知ること

世界に一冊のメモ帳

己の性癖というものに、
一体どのような心理的な要因が
心の深層心理の中にあるのだろう?

そのことから現在を知る、
そして未来を変える答えが導き出せるなら
私の私しか知らないその性癖を
暗い場所にとどめておく必要など無いのではないでしょうか?

お笑い芸人の鑑である「さんま」さんが、
よく言ってらっしゃった言葉の中に、
チンチンを触る癖のあるひとは、
「マザコン」なんですと断定しておられました。

チンチンを触ることと「マザコン」の関係。

なんとなく理解できそうですが。

もう少し、詳しく知る必要もありそうに感じます。

これは、チンチンという表現から、あくまでも男性の場合でしょう。

まあ、「マザコン」という言葉自体の対象が、
「男」を指す代名詞みたいに使われていますから。

男の「ファザコン」という言い方は馴染みませんね。

「尊敬できる父を慕い思う」という意味で、
敢えて「ファザコン」という言葉を男が親に対して
感じることが出来るならば、
それは、親子関係の理想かも知れません。

「潔癖」から「潔癖症」>かべ「壁」がやまい「症」に

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

矛盾 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*