輪廻と転生を激しく繰り返す人間ってなに?


「人間とは何?」

結局、どれだけ生きてもこの答えは、その人の人生の間で見つかる答えではないのだろうか?

「人間」とは、何なのだろう?

生まれて、生きて、年老いて・・・。

その間、何度、この疑問を繰り返すのだろう。

「人間とは何?」

この疑問を繰り返し、
地球
生まれて、生きて、死んで・・・。

  生まれて、生きて、死んで・・・。

   生まれて、生きて、死んで・・・。

     生まれて、生きて、死んで・・・。

輪廻を繰り返し、そして転生を繰り返し、

その繰り返しの「DNA」の中にさえ、その答えが、記述されていないなんて・・・。

何のために、生まれて、死んで・・・。

繰り返すのだろう。

単なる私たちは、地球の肥やしなのか?

宇宙の細胞の中の一つなのか?

『なぜ、人間は血のつまったただの袋ではないのだろうか?』
:フランツ・カフカ

「人間」
「人間」

人間を「人間」と、誰が決めたのだろう。

人間というものの疑問。

人間というものの矛盾。

人間の中にある「善」と「悪」の対立。

人間の中の葛藤。

そして、根本的な逃れられない苦しみ。

どこまでも付きまとう人間の持つ「性」と「業」の深さ。

人間という存在自体が、「罪」の象徴なのか?

生きることは、その「罪」に対する「罰」か?


「人間とは何?」

「生きることは何か?」

「何か?」

「何か?」

「?????」

・・・・・これが、人間か?

人間こそ!

人間こそ!

「創造の神」なのかも?

果てしなく疑問を続けることで、「生まれて、生きて、死んでいく。」

そして、

次の世代に、「疑問」が残される。

果てしの無い、終わりの無い「疑問」。
宇宙
「人間とは何?」

これじゃあー、『ネバーエンディングストーリー』ですね。

終わりが無いから、答えが無いから、未来がある。

未来は答えのない世界。

無限に続く・・・。

たとえ地球は有限でも、宇宙は無限。

宇宙が有限だとなれば、宇宙のその先は無限。

また、果てしない疑問が・・・。

「人間とはなんだろう」



人間 | Trackback:(0) | Comments:(2) |-
コメント
だから人間は面白いんだと思いますよ。
いろんな意味でね!
2008-11-19 水  10:26:40 |  URL | ゆきかお #- [編集]
おじゃましますv-10

ranoは小さい時にそういうことを考えて変な気持になりましたワラ
解決できない永遠の謎ですからね…
2008-11-19 水  15:42:59 |  URL | rano #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*