見えない相手の姿と心を映し出す年賀葉書


年賀状。

最近は、言葉と心を伝えるメディアの主流というか、流れが、随分変化してきたように思います。

これは、良い意味で、文化であり、進化なのかもしれません。

でも、これまでのメディアには、大切なことがたくさんあります。

その大切なものが失われず、保たれながら新しいものに受け継がれいってほしいものです。

「年賀葉書」

お世話になった人は、たくさんいるはずなのに、なかなか書けない年賀状。

旧年中に受けた恩を忘れずに、新年の挨拶にかえて、新しい年もまた、感謝という恩で締めくくれるように。

そんな気持ちを込めて、年賀状のやり取りが、続けられてきたのでしょうね。

今では、電子メールが、年賀状の役割をかなり担っているような気がします。

メールには、メールの良さと便利さがあります。

「葉書」にも、葉書にしか変えられない、良さがあります。

その葉書の中でも、パソコンなどを使わず、手書きで書いた文字は、受け取った人が、見えない相手の「姿」と「心」を映し出す
こころがほっこりとする、大切なツールになるのです。



■世相・雑感・コラム | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント