【ひとしずく】知恵が 知性に 栄知へ


信仰とは?

信仰とは、自らが、自らを信じる事によって体得するもの。

自ら信じることによって、人間の全てから学ぶ能力を高めることができる。

知識が人間を生きる人としての知恵に。

そして、人として人間が生きる社会に役立つ英知へ研ぎ澄まされていく。

自ら出た言葉は、言ったら言った分だけ返ってくる。

自分に撥ね返ってくる。

言わなきゃ損だ!

言わなければならない。

自身の中の宿業を消す為に。

きちんと受け止める妙法を求める命があるのだから。

何気なく出てしまった本音。

後から考えると、その時に取り繕えば、何とかなったかもしれない。

でも、もう過ぎてしまった後に取り返しのつかない状況で、

何で、あんなことを言ってしまったのだろうかとその出た言葉の重みに、

押しつぶされそうになる。

謝る必要など無いけれど、自身の中でとどめて置きたかった言葉・・・。

それでいいのかも。

傷つけようとして出た言葉ではない。

私が傷ついて、心の中に沈めていた言葉だから。

いまさら、直接向い会って過去を穿り返したところで、

どうなるのだろうか?
やっぱり、向き合のはもう止めよ。

自身の中で向き合えばいいのかも。


もう、相手に変わる事を望むよりも、

自身が変わる事を求めればよい。

一生私のことに気付いてくれないだろう。

一生私のことなど理解してくれないだろう。


人生の成功を、たった一冊の、ハウツー本を読むだけで、人生の成功が、叶うと思うのなら、己の生命は、その一冊より軽いといえるのかもしれません。

人生のその成功を、この一冊と信じることが出来るのなら、大成功の一歩を歩みだせるのかもしれません。

一つ、一つ、気負わず、誰を意識することなど無く、淡々と、進めることの出来る信仰。

人の言葉を翻訳するよりも、自分の言葉を翻訳の世界で、生かすことが集大成なのかもしれません。

自分が、あまり無理をして、背伸びをすると、あとで、自分がとても恥ずかしくなる時がある。

ネットは、人を傷つける為にあるのではないと信じたい。

人生の起死回生の逆転満塁ホームラン。

起死回生の逆転満塁ホームランをそんなピンチの時に予想する人がいるだろうか?

そんなことが起こりうる確率とは?

桜梅桃李。

今を生きる。



信心 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント