いま、再びの陣列で誓いを果たせ 必ず山は越えられる

「いま、再びの陣列に!」

「誓い忘れじ、春の曲」

悩んでいただけでは、だめ。

いま、こうして噴出してくる悩みは、過去に解決できなかった悩み。

己が、戦うべくして、逃れてきた悩み。

誰に、ぶつけるものでは、ない。

いま、再びの陣列に!

「君と我とは、久遠より!」

負けるな!誓いを果たせ!

現実に立ち行かなくなってきたときに必ず、それと共に、
わたしに襲い掛かってくるのが、過去の悩み。

そして、現実に対する己の無力感。

とことん、試されているのだ。

お前が、お前で誓っている、今、この瞬間を生きることの
その命の強さを試されている。

試験なのだ!

しかし、その試験は、毎回、毎回、追試、追試の連続だ。

己の現実に翻弄され続ける毎日じゃないか!

そんなお前が、よくも親を非難できるものだ!

わたしの心に、そんな罵声を浴びせられているようだ。

己の心に巣くう魔、隙。
なんと己の汚れた生命であることか!
なんと、深い宿業なのか!

しかし、こうして、何度も、何度も、現実に立ち向かい
己の醜い姿を再確認することで、妙法に新たなる誓いを
立てられるのは、確かな功徳であることに間違いない。


山は、越えられる!
必ず、越えてみせる!



悩み・迷い・苦しみ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*