消したい過去に拘り、今と未来を生きる力に変える


過去に拘る必要は無い。

大切なのは、今をどう生きるか。

よくそんなことを言われます。

でも、一生懸命に生きてこなかった者にとって、それは、己に都合の良い、言い分けではないかと感じるのです。

現在の、私にとっての苦悩。

それは、過去に拘り続ける、囚われ続ける今の私。

でも、それは、現在の苦悩が、過去の私を呼び覚まし、過去に戻ることを要求している必要なことのように思えます。

過去を洗いざらい掘り返して、己の現在の結果と、照らし合わせて、見つめてきた先に、辿りついたものは、「全ての現在の結果は、己自身が、積み重ねてきた罪に他ならない」ということ。

結局、現在の苦悩の結果は、これまでの人生を、好き勝手に生きてきたつけを、払ってるということなのだと感じます。

要するに、「身から出た錆 」なのだ。

己が、一生懸命生きてこなかった人生を反省せず、誰かが、己にしてくれなかったことを恨む人生。

なんと、弱い生き方なのだろう。

なんと、器の小さな人間だろう。

現在の苦悩は、未来を生きようとする苦悩。

また、現在の苦悩は、過去を乗り越えようとする苦悩。

未来を生きようとする苦悩と消し去ることの出来ない「過去」と対峙する苦悩。

過去のその意味を現在に活かし、未来に繋ぐ。

私にとって、これまで消し去りたいと、願い続けてきた過去。

その過去の全ては、現在の苦悩を乗り越え、己の生命を高める為の未来を生きる宝に変える。

未来を幸せに生きるとは、過去と現在の全てを、この、「今 一瞬」に凝縮して生きることなのかもしれません。

過去の事実は、変えられないけれど、その過去を見つめなおすことによってその過去の意味は変ることが出来る。

人生を後ろ向きに生きてきた者の過去も、未来を見つめて、今を一生懸命に生きることによって、その過去を宝に変えた分だけ、過去の重い鎖が、一つ、一つはずされ、己の生命の境涯を高める因に、繋げることが出来るのかもしれません。

己の現在の結果の姿。

その原因を知りたければ、過去を辿れば良い。

現在の結果は、「過去の因」。

未来の結果は、今、この一瞬、この時。

私にとって、「未来を生きようとする力」の源には、後ろ向きに生きてきたことの過去の中にこそ、重要な答えが詰まっているのだ。

「過去に拘る必要は無い。大切なのは、今をどう生きるか。」

だと言うけれど、

でも、今の私にとって、その、無駄に生きてきた過去の人生が、一番重要なのだと感じるのです。

己の「宿命」を転換し、未来を幸福に生きる為に。

「過去に拘る必要は無い。大切なのは、今をどう生きるか。」


それは、己の逃れたい過去を、消し去りたい過去を、きちんと清算し、今を、そして、未来を生きる力に変革できた者が、言える言葉なのかもしれません。



過去 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント