憎しみと怒りにまみれているその心の分厚い雲の先に答え

憎しみと怒りにまみれているその心の中の
分厚くおおわれた雲の層。

その湧き起る怒りを、その憎しみを、
押さえつける必要など一つも無い。

ただ、ただ、己の境涯を高める、妙法への一念に、
その、怒りと憎しみのエネルギーの向けるべき方向、
その、答えを自らの生命に求めることなのかもしれません。

怒りと憎しみに渦巻いた生活から逃げてきたものの心の中の、
その感情は、ただ、己の弱い心で蓋をしただけのもの。

どこまでも、追いかけてくる現在の己を苦しめる悩み。

その、怒りと憎しみからの脱却とは。

これまで、己から逃げて、逃げて、無意識の層にまで追いやられた
過去の怒りと憎しみの「大本」が、再び、こうして、過去のその時、

その瞬間に感じたエネルギーを噴出しだし、再現されるのは、
ただの、トラウマでもなんでもない。

今、その瞬間、その怒りと憎しみにまみれている己を、
客観的に見つめなおせる瞬間なのだ。

己の中に湧き起る怒りと憎しみと対峙する時、闘う時なのだ!

それは、言い換えれば、己の境涯を絶対的に高める瞬間でもあり、
人間革命の途中における、一歩を進めることになるのかもしれません。

憎しみと怒りにまみれているその心の中の
分厚くおおわれた雲の層。

その先に、到達する、確かな力、
私の生命の中から立ち向かう力を湧き起こさせてくれるのが、
妙法の哲学なのだと強く感じます。

世界に一冊のメモ帳・ひとしずく

悩み・迷い・苦しみ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*