ネガティブな人間はポジティブな人間を否定する


下の「」内の言葉を、吉本のお笑い芸人、「天津(てんしん)木村」氏の、「あるあるエロ詩吟風」に読んでいただければ、重たい中身も、軽くなるかも・・・。

(※知らない方は、下記、天津木村 レッドカーペットでフレーズ♪を参照のこと)

「テレビや、メディアで成功者のポジティブな話を聞いても~~~♪」

「そんな話の全てを心の中では、信じられず、嫌悪感を感じる~~~♪」

「否定的な人間は、前向きに生きている人間まで、否定する~~っ!」

「・・・♪」

「あると思います!」



「いえ、あります。」

それは、私が、そんな人間だから。

何事にも、否定的で、ネガティブな発想の人間。

何事も悲観的に、人生を後ろ向きに考える人間。

今を、生きることから、学ぼうとしない人間。

そんな人間は、ポジティブに明るく生きている人間が、まともに見れないほど、自分が恥ずかしくなるのだ。

そして、その己の弱さと、ネガティブな生き方を悟られないように、そして、己自身を正当化しようとして、無意味に己を、繕うために、
そして、何とか、己の心の平成と安定を保つために、

更に、後ろ向きで、ネガティブな生き方へ、自分で追い込んでいく為の馬鹿な、心の中の言い訳を考える。

なんという、愚かなことだろう。

己の中の「疑心」と、「本当」と「嘘」を見分けることの出来ない己の愚かさを隠す為に、相手の姿を、「嘘」と「偽善」に仕立て上げるのだ。

愚か者は、更に、愚かな生き方を、自らから望んで、その生き方を選択して生きてゆくのだ。

これが、わたし。

でも、こんな人間って、本当にかわいそうな人(私)だなあと、つくづく思います。

「人の不幸は蜜の味」、なんていう言葉に、うなずきたくは無いけれど、実際、本音は、やっぱり、そうなんです。

人の不幸を喜び、人の成功を否定する。

こんな考えの人間が、本当に幸せなら、悲しい事件も起こることもないのかもしれません。

でも、最近、感じることは、ネット上に存在する、無数にあるウェブサイトのなかには、とても人生を生きることに役に立つ、そんな優れた、サイトがあるものです。

インターネットの創設目的の一つには、「善」の発想に基づく、世界の役立つ情報を共有する、相互扶助に目的の一つがあるそうです。

でも、今、「優れた前向きな言葉がちりばめてある価値ある」ものから、「目から鱗」のように心に入ってくる私を感じられて、

学ぼうとする「心」に向かう、私の無意識に働く心の傾向に意識が及んだ瞬間、少し驚きを感じました。

私もちょっとは、「ポジティブ」な生き方の方向にベクトルが無意識に向いていることを微妙に感じ、嬉しくなりました。



悩み・迷い・苦しみ | Trackback:(0) | Comments:(1) |-
コメント
自分がやりたい!思ったことをやっている人をただただ非難する人っていますよね!
「つべこべ言うやつなんて2枚舌」
TUBEの花火の歌詞の一部です。
僕は、この言葉を信じて生きています。
2009-02-28 土  09:43:51 |  URL | 路上フルーティストのけんちゃん #jy8C/Jao [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*