世界に一冊のメモ帳 - 「妙」なる哲学の力を発揮する時

世界に一冊のメモ帳

「自分は、誰にも信用などされていない」と思って、
己自身を、ダメにするようなそんな弱い人間では、

やっぱり信用されなくて当たり前。

「自分は誰からも信用などされていない」と感じる
己の「妙」な不信。

その己の弱さゆえの、不信を解除する為に、
信用されるように生きることを自ら選択することこそ、
本来の、己の生命の中にある、「妙」なる哲学が、輝きだす生き方とその時。


・ひとしずく幸せみつけた



悩み・迷い・苦しみ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント