「正直」と「正義」を図る物差し


「正直」と「正義」をはかるものさし

今の世の中だからこそ、必要なもの。

そんな優れた道具は、この世で発明されないものか?

己の「ひん曲がった心」の角度をはかる、モノサシ。

文明が発達すれば何でも作れそうなものであろうが、やはり、今、作ることが不可能なものがあるのには、意味があるのでしょうか?

しかし、今の世の中、嘘と本当を織り交ぜて、巧妙に、人をたぶらかす悪魔がわんさかそこらじゅうに存在しているというのに。

「どこかの誰かさん」は、どこまでも人間が、簡単に、人間になれるツールだけは、与えないのかもしれません。

この世に「神」と呼ぶべきものが存在するとするならば、それは、人間の脳の中の使われていない領域に棲む、

「正直」と「正義」をはかるものさしを作ることを可能にする、潜在的な能力の領域なのでしょうか?


自評:アホ臭くて話になりませんが、人間の脳の悪知恵の働く領域は、正義より広いかもしれません。



正義 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*