イチロー選手に降りた「神」とは?


・人生には“試練”という厳冬の季節が巡ってくる時がある。その時、“絶対に負けない”との強い心で、目前の課題に立ち向かうことができるかどうか。それをなし得た人に、春は爛漫と咲き誇る。



「打っちゃいました、神が降りましたねえ。」(イチロー談)

前回のブログ:ヒーロー!「イチロー選手」の「苦悩の最高の結果」の中のイチローのコメントで、

WBC連覇の決勝戦の最後に決めた、イチロー選手の、2点タイムリーヒットを打ったイチロー選手が、そのシーンを振りかえり、

「打っちゃいました、神が降りましたねえ。」

という発言内容に触れました。

前回の記事:・イチロー選手の「苦悩からの最高の結果」-WBC連覇 侍・ジャパン



そのあとに、『まさに、己の中に存在するその領域』、という表現を使いました。

イチロー選手が、神に関わる宗教を、信仰しているかどうかは、私には、関心の及ぶところではありませんが、

私の中で、その言葉は、私の中の信仰をもとに、変換されます。

その「神」とは、自分の外に存在するものでは、無い。

自らの中にある、自らの能力のなせる業なのだと。

『天才』と呼ばれる、努力の人。

イチローだからこそ発揮できる、その時、その瞬間の底力。

しかし、イチロー選手は、「己自身の力」であることを、当然、確信しながら、謙遜の意味を込めて、「『神』が降りましたねえ」と、
表現したのかもしれません。

そんな風に解釈しました。

でも、私の中では、私の外にある「神」という存在は、自動的に否定されるものであり、否定されたものは、更に自動的に、己の自身の中にある、「神」と呼ばれるものに等しい領域というものに変換されます。

それは、「己自身の力」以外の何者でもない。

用意された絶好のチャンス。

イチロー選手自身が、求めていたチャンス。

やはり、「運命的」なものを持っているのでしょう。

それは、自ら引き寄せた、必然的なのかもしれません。

その意味では、「ヒーロー」が、生まれるのは、やはり必然の結果なのでしょう。

また、別の発言の中で、「美味しいところだけいただきました。」(イチロー談)という言葉も、先の「神が、降りましたねえ」という発言同様、

己の力のみを誇示しない、謙虚さとともに、チーム中の一人の存在というものを、強く意識した、気遣いのある言葉だとも感じます。

チームの他の選手に対する、少しの申し訳ない思いと、感謝の表現を、「美味しいところだけいただきました。」に込めたのでしょう。

仮に「神」というものの存在が、見えない形で存在するというのなら、イチロー選手の「神が降りましたねえ」という言葉を聞いて、
神様も、今頃、有り難く感謝されいることでしょう。

こんな有名人が、単なる、言葉のあやでも宣伝してくれるのですから、「神」さんて、本当楽な仕事ですね。

だって、『人間の本来持っている特別な力の領域は、あなたの力ではない、わたし(神)の力だ』
というのでしょ?

桜梅桃李。

今を生きる。


:ちょっと問題発言じゃねえ?神様がいたら怒るよ!



セレンディピティ | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*