ネット被害が過去最多-「ネットは人を傷つけるためのものではない」

世界に一冊のメモ帳

ネット被害が過去最多

テレビの「AC公共広告機構」のCMで、最近、よく流れるのが、
「 ネットは、人を傷つけるためのものではない」
と言うキャッチコピー。

追いかけてくる手」と言うタイトルのようです。(2008年度地域キャンペーン)


インターネット上における、誹謗・中傷、プライバシーの侵害などが後を絶ちません。匿名であることを盾に大勢の人が総出で一人を追い詰める姿を通して、ネット上のモラルの低下を訴え、改善をメッセージします。( AC公共広告機構より

見えないこと、簡単に正体を知られないを利用した、
犯罪意識の欠けた、卑怯な行為。

火の無いところに、煙をたて、火を起こす。
まるで、ネットの「放火犯罪」とよべるべき行為も後を絶たず。

ホント、「 ネットは、人を傷つけるためのものではない」です。

結局その行為は、己の心の破壊!
己自身の心を傷つけていることに他ならないのに・・・。

■<人権侵犯事件>ネット被害は過去最多 08年法務省まとめ
法務省人権擁護局は27日、全国の法務局などが08年に扱った人権侵犯事件をまとめた。インターネット上でのプライバシー侵害などが515件(前年比23.2%増)で過去最多。接続業者(プロバイダー)への削除要請も75件あった。

 ネットの掲示板に名前や電話番号などの個人情報や、刑事事件を起こした少年の顔写真が勝手に掲載されるケースが多発し、法務局は申告を受けて削除要請している。ただ、短時間で情報が他のサイトに転載されることが多いという。

 また、中学や高校などの「学校裏サイト」や携帯電話の自己紹介サイト(プロフ)などで、生徒の個人名を挙げて中傷する例も目立ち、同局は「いじめにつながるケースも多い」として学校などと連携を図っている。毎日jp(毎日新聞)



●ネット関連参考記事
■ネットの創価公明系のあたりに通い詰めてるけど
ネットの創価公明系のあたりに通い詰めてるけど、あの当たりは論争が暴走し過ぎてつかれちまったよ。
傷をなめあってるだけならいいけど、某有名反学会系ブログの炎上騒ぎもあったし、どこもかしこもコテハン叩きばっかりで、なんだかな????????。みんな鬱憤溜まってるだろうよ。信念もなく解決する気もないエセ被害者の不幸自慢退会にはじまり、その連中が敵の敵は味方とばかりにグループ化してシンパのコテハン襲うんだな。嘘やらガセやら、ミスリード、創価がにくけりゃなんでもありかよ??????って叫びたくなるような2ch最悪板みたいな叩きアンチテーゼサイト。嫌韓と嫌学会と嫌関西が、2chの3kということなのか?日本の思想の自由なんて、有る意味競争社会と変わらんね。そしてそう言う自分は毎日毎日、己心の悲哀との戦いに明け暮れる。
それまで普通の当たり障りのない普通の日記付けてた人が「創価は正義」って叫び出させば、たちまち炎上。そんな掲示板やブログはいくつも見たよ。一般論に名を借りた多数決マンセーの全体主義者。アンチテーゼが多数派なのもわかっとるが、その前にお互い一人の人間なんじゃなかろうか?少数民族は滅ぼさねば気がすまね????のか?でも、こっちもそんなに柔じゃないぞ。
ユダヤ人を守銭奴呼ばわりする連中と、黒人をニガー呼ばわりする連中と、一学会員をカルトとレッテル張って叩く連中と、一体何が違うというのか?どれもこれも差別偏見からの人間蔑視でしかない。こういう他者を自分と等身大で見ることができぬ人を相手にすると疲れる。なんだかな===。
ここ平和なはてなの中心でそんなこと書くとここでも叩かれるのか?連想するままに思いつくままに書き殴っってみた。一学会員はてなユーザーのつぶやきです。
はてラボより転載しました

・ひとしずく幸せみつけた

今日の「名字の言」の言葉(09/03/24)

・「陰で頑張る友に贈りたい」と池田会長(当時)は音楽隊に桜を。

・試練の冬があったからこそ、一枚の花びらという温かな励ましを縁に、立ち上がることができた。我らもまた休眠打破の「時」を逃さず、勝利の人生を開花させたい。


『名字の言』について~人生を確かに生きるひとしずく
   【TOP】世界に一冊のメモ帳・ひとしずく


桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(2) |-
コメント
今回は気になった話題だったので、コメントを書きました。

この問題は人間と言う生き物の「生命」と言う根本的なところから、引きなおさないと
おそらく規制を掛けても一時的なもので、鬱積が溜まった末、同じ事を繰り返すと思います。

そんな訳で因果の側面からみて関連する記事を3件ほどトラックバックで送ってみます。
ヒントになれば幸いですが 糞記事だったらコメント事削除しても構いません。
2009-03-28 土  13:21:02 |  URL | eco◆Smw69BiSBO #POL0af2. [編集]
> 今回は気になった話題だったので、コメントを書きました。
>
> この問題は人間と言う生き物の「生命」と言う根本的なところから、引きなおさないと
> おそらく規制を掛けても一時的なもので、鬱積が溜まった末、同じ事を繰り返すと思います。
>
> そんな訳で因果の側面からみて関連する記事を3件ほどトラックバックで送ってみます。
> ヒントになれば幸いですが 糞記事だったらコメント事削除しても構いません。


『「生命」と言う根本的なところから』と言われるほど、人間の深いところに立ち入らなければならない、解決するにはとても難しい問題でしょう。無駄なようでも、一つの世界にルールを成立させていく為には、客観的な事実を、冷静に提示して、訴えていくことも、理解と気づきを得る為には必要でしょう。
2009-03-28 土  21:53:19 |  URL | ネオ・ゼロ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*