心が通じるロボット?人工知能型ロボットアシモ - ガンダムもびっくり

世界に一冊のメモ帳

「夢のロボット開発!」
「ガンダムも、鉄人28号もびっくり」


ロボットもここまで来たかという感じです。

右手よ動け!と念じる(?)と

右手をあげて、

「間違いないと思います。」とロボット君が答えて、
再度、右手を上げてガッツポーズ!

人間が頭で考えたことを、ロボットが実行してくれる。
心が通じるロボット?

ホンダの人工知能型ロボット「アシモ」のことです。

時々刻々と進化を遂げる人工知能の技術の進歩は、
いかに、ロボットを人間に近づけることが出来るのか、
一昔前なら、SFの世界の空想と想像のお話。

「ショートショートの神様」、作家の「星 新一」氏も、
人工知能型ロボットを見れば、さぞかしびっくりされたことでしょう。

■Honda・ASIMOオフィシャルサイト


人間の、脳波と血流を読み取り、「アシモ」が動くらしいのですが、
門外漢の私には、「へ~。」「へ~。」「へ~。」と、「100へえ」です。

人工知能型のロボットとして、
家庭用に普及した犬型のロボットソニーの「アイボ」もありました。

この、ホンダの人工知能型ロボット「アシモ」。

活躍の場所として、将来期待されているのは、
日常生活において、照明のスイッチを入れたり、
車のトランクを開けたり、頭の脳でリモコン操作できるようにしたり、
また、家事の手伝いや福祉に活用を期待できるということです。

未来の形が、将来、まるで、映画の「A.I.」の世界のように、
現実の形となって、やってくるのかなあ?

「ターミネーター」とか・・・。 

「ターミネーター4(6月公開)」は、こちら→オフィシャルサイト

■YouTube - new version amazing robot asimo



:この世の中に、心を置き去りにしたあまり利口でないロボット型の人間なら、既に、出来上がってますけど・・・。(ぁハ、冗談)「人間は、人間ですっ!」「ロボットになっちゃダメ!」ロボットはロボットの領域で。

・ひとしずく幸せみつけた

今日の「名字の言」の言葉(09/03/27)

・「陰の場所に、陰の人に、こまやかに心を砕け!」――池田名誉会長の指摘する現場主義のホシである。創価の「人間主義」の真髄が、ここにある。



『名字の言』について~人生を確かに生きるひとしずく
   【TOP】世界に一冊のメモ帳・ひとしずく


桜梅桃李に生きる | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*