生きた言葉で正しいものを訴える


正しいものを、正しいものとして、みることの難しさ。

正しいものを、正しいものとして、訴えることの難しさ。

正しいものを、正しいものとして、理解する、理解を得ることの難しさ。

正しいことなのに、誤解を受ける。

そして、なぜ、わざわざ、世の中に、訴えなければなばならないのか?

これらのことから、世の中の人間の心の中の、ひずみや、矛盾を映し出す、一端を垣間見る思いがする。

「自分自身の感動や喜びを「生きた言葉」で語れば、それは相手の胸にも届いていく。」 
今日の名字の言:下記参照

正しいものが、伝わらない一つの因、また、誤解の因は、こんなところにその「因」が、あるのかも知れません。

『柔よく剛を制す(じゅうよくごうをせいす)』を、己の人生の座右の銘にする人もいるでしょう。

その人が、正しいと感じるもの。

しかし、己を高める為に存在する信仰心は、更に高いものを目指す。

正しいものから、より正しいものを求める。

より正しいものを求める心があれば・・・。

「柔」と「剛」を備え、「火」の強さの如く、「水」の流れの如く、この両方を備える。

理解と感謝と尊敬。

己の信仰は、全てを合わせ持つことを得る為の修行。

一人の人間の中に、全てを持ち合わせることの意味を悟る為の命。

高い境涯を得る為の実践。

信仰によって、現実の意味を知り、己の存在を知る。

全てのことから「気がつく」学びは、相対するものに対する、尊重、尊敬の気持ちから生まれるものこそ、正しいものの選択により近づける、心の鏡、生命の中の真実を見抜く目を養っていくことが出来るのかもしれません。

人間が生きることは、「気がつくことの深さ」を、目には見えない心の鏡に映し出し、生命の真実を見抜く能力を高めてゆくこと。

人間が人間らしさを求めることは、人間が人間である理由の一つでしょう。

「正しいものを求める生命。」

正しいものとは、人間が人間らしく生きる理由。

それには、まず、己が何者であるか?

己を知ることから始まるのでしょう。

自己確立。

「正しいものを求める生命。」

どんな人間の中にもそれは、絶対に、存在している。

だから、信仰がある。

だから、世の中に多くの人に受け入れられる宗教がある。

己の信仰心に目覚め、正しいものを伝えたいなら、正しいと信じるものを広めたいなら、己を変える。

正しいものが伝わらないなら、更に、己を磨く。

己を更に高めて、己の姿と言葉で伝える。

借りた「物」や「人」を利用して、簡単に広められる程、その「人」や「物」が、迷惑なものは無い。

また、信仰は、たやすいものではない!

正しいものが伝わらない、誤解を招く原因には、伝える者に、伝えなければならない事の本質が、己自身の生命の中に、まず、伝わっていないからかも知れません。

正しいものが、正しく伝わらないのは、受け取る相手に原因を求めるよりも、伝えようとするものの中に原因があることも、自身の中の鏡に映し出す必要があるでしょう。

それを映し出す鏡が無いのなら、己の信仰心の正しさを、疑ってみる必要もあるのでしょう。

正義を破壊するのは、己の傲慢の中から出て来る「虫」かもしれません。

「口先ばかりで、余計なことを言わんでいいから、ガタガタ言わずに、お前が、やったことだけを伝えろ!」と、昔、よく喧嘩をして、言われたものです。

そうかもしれません。

:今日の「名字の言」は、ほんまにええこと書いたはるでぇー。あんた、よく読んどきや。正しいことは、どこまでも「真実を言い切ることが大事」「いざという時に一歩踏み込んで語る勇気」。(私:)そうですね。そのいざという時に、その生命を発揮できる境涯を磨くのが、毎日の「信・行・学」のどれ一つも欠けてはならない実践なんですね。  「・・・、ガタガタ言うな!」

今日の「名字の言」の言葉(09/04/01)

「真実を言い切ることが大事だと、あらためて感じました」
「それは違うわ。事実はこうです」
「この前は悪いこと言ってごめんね。これからもよろしくね」
(※一つの誤解が、理解に変わる一瞬の生命の必要性を感じる会話)



・大切なのは、いざという時に一歩踏み込んで語る勇気である

・自分自身の感動や喜びを「生きた言葉」で語れば、それは相手の胸にも届いていく。






矛盾・嘘 | Trackback:(0) | Comments:(3) |-
コメント
こんばんわ。
コメント、ありがとうございました。^^
リンクさせていただきました。
これからも、宜しくお願いいたします。
感謝。
2009-04-05 日  00:40:15 |  URL | 菊川広幸 #mQop/nM. [編集]
宗教のカテゴリにもいらっしゃったのですね!^^
ビックリです。^^
2009-04-05 日  09:02:51 |  URL | 菊川広幸 #mQop/nM. [編集]
返信いただきまして、ありがとうございます。
また、これからもいろいろ、気づかせてくださいませ(^^♪ネオ・ゼロ

2009-04-05 日  15:18:14 |  URL | ネオ・ゼロ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*