師への報恩感謝の生命~【今日の名字の言】

今日の「名字の言」の言葉

滋賀県の彦根周辺では、「中居」「堀居」「奥居」といった姓が目立つ。それは、藩主だった「井伊」家に敬意を表し、同じ文字を避けたからと伝わる

同県北東部の領主となった豊臣秀吉は、今浜(長浜市)に城を築き、「長浜」と改名した。長く繁栄することを願ったとする説と、主君・織田信長の名をもらったとの説がある。現在、長浜城周辺は「豊公園」と呼ばれる。豊臣が由来。秀吉は今でも長浜市民から慕われている。冒頭の例とは逆だが、どちらも報恩の思いが伝わる挿話だ

落語家の2代目・林家三平さんは、「心から尊敬する父の名前が失われていくのは、息子として、弟子としてふがいない。だから、名前を継ぎ、私が再び『林家三平』を広めていきたいと思ったのです」と語る(本紙16日付)。領主、主君、父、師匠……。自分の氏名や地名に特別な思いが込められている
“先師、恩師の名を世界に宣揚する!”――これが若き日から変わらぬ池田名誉会長の決意だった。「牧口広場通り」(イタリア)、「戸田城聖先生橋」(ブラジル)など、今や世界各地に歴代会長の名を冠した「通り」や「橋」がある。

誉れの弟子の道を貫き、見事な勝利の証しを刻む――ここに、師匠の名を宣揚する道もある。(糀)

【人間の機関紙・聖教新聞】「名字の言」より

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

今日の「名字の言」 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*