己の人生を変える出会い~名字の言

今日の名字の言-6月29日

 本年は日墨交流400周年。この佳節に、メキシコのハリスコ州グアダラハラ市から、池田SGI会長に日本人初の「市の鍵」が贈られた(本紙11日付)。授与式の席上、一人の紳士の祝辞が感動を呼んだ。

「あの日、お会いして以来、私の師匠は池田博士です!」――アレハンドロ・マトス氏。同州の400周年記念行事の実行委員長だ。1981年3月、マトス氏は、同州の芸術局長だった父と共に、SGI会長をグアダラハラの自宅に歓迎した。

当時、16歳。ピアニストを目指していた氏は、演奏を披露した。会長は「素晴らしい」「大音楽家になるんだよ」「何があっても負けないで」と励ましを。氏は心から感動し、誓った。「皆に勇気を贈る音楽家になろう」。その後、会長の著作を学び始めた。

現在、氏は同国で最も著名なピアニストの一人に。音楽の国オーストリアから国家勲章も受章した。「池田博士との出会いが、私の人生を一変させました!」と語る。

一度の出会い、一回の語らいが、人を変えることがある。時間の長短ではない。大事なのは、その“一回”に臨む姿勢だ。真剣勝負で植えた友情の種は、必ずや見事な信頼の花を咲かせるものだ。「誠実第一」で、きょうも新たな友情を結びたい。(之)

(聖教新聞 - 名字の言より)

【名字の言】人生を確かに生きるひとしずく

今日の「名字の言」 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*