名字の言-勇敢な「師子吼」

過去は変えられる

過去を振り返れる人生。
過去を自慢できる人生。

今、その振り返ることの出来ない人生を
振り返ることが出来るようにするには、今を変えるしかない。

もう、悩まなくてもいいんだよ!

信じること。ただ、信じて動くことだよ!

もう、悩むことから開放されよう!

悩みじゃない!

解決する為の課題。 己を高める為のハードル。

その目の前の、ハードルを越える為の信仰。

そのハードルを越えなければ、次には進めない。

過去を振り返ることは出来ない。

過去は変えられる。己の中で、その過去のその「意味」を変えられる。

今日の名字の言-5月13日(水)
総京都青年部が、「5・3」を目指し、友人に本紙や、その切り抜きなどを手渡し、読んだ感想を寄せてもらう「聖教メッセージ運動」に取り組んできた

▼3カ月で、6万通を超すメッセージが寄せられた。「青年を励ます言葉が紙面にあふれており、希望がわいてくる」「悪人を攻める強い言葉にも、一人の人間のことを大切に思う心が感じられる」など、大きな反響を広げた

▼多かったメッセージに、「学会のイメージが変わった」という内容がある。その理由は、池田名誉会長が世界から賞讃されている事実を知ったからだ。“創価の真実を知ってもらいたい”――。その熱き思いと勇気が、誤解や無認識を共感に変えたのだ

▼御聖訓に「権門をかっぱと破りかしこへ・おしかけ・ここへ・おしよせ」(御書502ページ)と。日蓮大聖人の対話は、終始一貫、「攻め」の姿勢である。勇敢な「師子吼」が、周囲の心を揺り動かす対話の最大の障害は、自らの「臆病」である

▼高邁な理想も、決して自動的に広まるものではない。正しいことは正しい。こう厳然と言い切る行動が、善の連帯を拡大する。その確信を胸に、堂々と正義の対話に打って出たい。信念の“メッセージ”が地域・社会を大きく変えていく。(芯)
(聖教新聞の名字の言より)


※下線は、当方が印象深く感じた部分です。


■名字の言について~人生を前向きに生きる哲学の実践



今日の「名字の言」 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*