名字の言-ブラジルSGIの青年文化総会

なぜ、私が苦しまなければならないのか?

なぜ、わたしは、こんなにくるしんでいるのか?

私は、何によってこんな苦しみの原因を与えられているのだろうか?

私は、何に向かって生きていくのか?

今日の名字の言-5月19日(火)

 今月3日、ブラジルSGIの青年文化総会が盛大に開催された。本紙で紹介された2万人の同志の集いに驚きと感動を覚えた方も多かったであろう。韓国SGIの友も青年勝利大会を開催し、意気軒高だ

本年「青年・勝利の年」に入ってからだけでも、ペルー、カナダ、ウルグアイ、ポルトガル、タイ、香港、台湾、シンガポールなどでSGIの青年が勇んで集い合った。まさに青年のリードにより、広宣流布が世界で大きく進んでいる感がある

昨年9月、SGI青年研修会のため来日したブラジル青年部の代表が、埼玉の青年部総会に出席した。広布後継の情熱みなぎる数万人の総会を目の当たりにして、“わが国でも開催し、一段と強い青年部を構築しよう!”と決意。今月の文化総会は、ここから始まった

戸田第2代会長は「青年の心を揺さぶるものは、青年の叫びである」「青年を呼ぶのは青年である」と。青年同士が互いに触発し合って向上を図る姿は、実に頼もしい

池田名誉会長と青年の、出会いと薫陶の場である全国青年部幹部会が、今月で15回を数える。今回は、ニュー・リーダーとヤング男子部の大会の意義も込めて。当日を目指し、成長を競い合う青年部の友――ここに完勝の推進力がある。(道)
(聖教新聞 - 名字の言より)




■名字の言について~人生を前向きに生きる哲学の実践



今日の「名字の言」 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*