日中友好

今日の名字の言-5月31日(日)

「日中友好を語る人は多いが、実際に行動し、担い手を育てた人は池田先生しかいません」。中国・河南師範大学の劉徳潤教授の言だ。97年に大阪の大学に留学。研究の合間を縫って、学会の座談会にも参加した。「皆さんが、中国出身の私を温かく歓迎してくださったのに驚きました」。

こうした草の根の交流はもとより、以前から中国国内で幅広く知られている業績により、本年4月、名誉会長に同大学の名誉教授称号が贈られた。その授与式のため来日した大学一行。中心者の張亜偉校務委員会主任は、降り立った関西空港で驚いた。学会婦人部の友らが、笑顔いっぱいに旗を振り、中国語で歓迎していたからだ

翌日、関西創価学園(大阪・交野市)を訪問して、また驚いた。中学生から「中国語を学んでいます」「世界平和の役に立つにはどんな勉強をするべきですか」と次々に声が。未来の日中友好を担うであろう生徒たちの姿に感激した

帰国前、張主任は語った。「短期間の訪日でしたが、感動は特大でした。池田先生の理念と思想が一人一人の学会員、また一人一人の学園生に確実に脈打っていました」名誉会長の初の中国訪問から35年がたつ。「日中友好の金の橋」を受け継ぐ友が確かに育っている。(朱)





■今日の「名字の言」 | Trackback:(0) | Comments:(0) |-
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 桜梅桃李・世界に一冊のメモ帳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:桜梅桃李:今を確かに生きるヒント